石油給湯器の異音が気になる方へ

2021年10月8日

石油給湯器の異音が気になる方へ
石油給湯器を使っていると異音が発生して気になっている方もいるのではないでしょうか。


ここでは、石油給湯器の異音が気になる方へ、石油給湯器の騒音・異音の要因と対応方法、エコキュートの騒音・異音の要因と対応方法についてご紹介します。
石油給湯器の異音が気になる方へ
■石油給湯器の騒音・異音の要因と対応方法


石油給湯器は、案外と騒音・異音によるトラブルの発生が多くあるといわれています。
近くの方とのトラブルに石油給湯器の騒音・異音がなることもあり、要因がわからなければ対応することができないでしょう。
ここでは、石油給湯器の騒音・異音の要因と対応方法についてご紹介します。


●石油給湯器の騒音・異音の要因


ここでは、石油給湯器の騒音・異音の要因についてご紹介します。
石油給湯器の騒音・異音の大きな要因としては、ほとんどがトラブルの発生や老朽化があります。
そのため、石油給湯器の騒音・異音のときは、石油給湯器の修理や交換が必要であることを考えておくことが大切です。
このようなことを考慮して、石油給湯器の騒音・異音の要因を見つけましょう。
石油給湯器の騒音・異音の要因としては、燃焼器のトラブルの発生が最も多くあります。
燃焼器のトラブルの発生が直接の要因になることもあり、いろいろな部品に燃焼器の老朽化などが影響することが要因になることもあります。
石油給湯器の燃焼器が古くなって、正しく燃焼しにくくなっても騒音・異音がすることが多くなるため、点検や修理をすぐに業者に頼むことが大切です。
石油給湯器には送風機が搭載されており、この送風機に汚れが溜まったり、古くなったりすれば、騒音・異音が発生することがあります。
送風機の汚れを掃除することによって、騒音・異音が無くなることもあるでしょう。
しかし、ほとんど送風機そのものも古くなっています。
そのため、石油給湯器の本体のトラブルの発生を防止するためにも、長く石油給湯器を使っているときは、送風機を交換することも検討しましょう。
寒いところで石油給湯器は使われるときが多くあります。
石油給湯器には電磁ポンプという灯油を送るためのものだけでなく、暖房用の循環ポンプなどが搭載されていることもあります。
このような部品のトラブルが発生したりすれば、石油給湯器の本体にポンプの振動が伝わって騒音・異音になるときがあります。


また、石油給湯器のポンプが異常になっているときは、騒音・異音が発生します。
石油給湯器の中でこのポンプの騒音・異音が反響することなどによって、騒音・異音が大きくなることもあります。
実際には、ポンプは正常かもしれませんが、石油給湯器の異常が早く見つかったと考えて点検や修理を業者に頼みましょう。
また、石油給湯器のタイプが、騒音・異音の要因のこともあるため注意しましょう。
例えば、貯湯タイプの石油給湯器のときは、貯湯タンクに貯まっている水を沸かしてお湯にします。
貯湯タンクに貯まっている水を燃焼器で温めるときに、釜鳴がすることがあります。
釜鳴はお湯を沸かすときの音で、いろいろなタイプの音があります。
昔のライフスタイルに慣れている人にとっては、釜鳴はそれほど気にならないかもしれません。
しかし、現在は釜鳴に慣れている人が少ないため、石油給湯器のトラブルの発生と考える人も多くいます。
要因が釜鳴であれば問題ありませんが、他の石油給湯器のトラブルの発生のこともあるため、点検を業者に頼む方がいいでしょう。
また、石油給湯器の釜鳴は、同じ音がいつもするとは限りません。
そのため、石油給湯器の音がたまに大きいというときは釜鳴が要因でしょう。
これ以外にも、石油給湯器のトラブルの発生がなくても騒音・異音があるため注意しましょう。
例えば、石油給湯器の音が急に大きくなったときは、石油給湯器の本体が何らかの要因で不安定になっていることなどもあります。
十分に固定していた石油給湯器の本体が不安定になると、石油給湯器が運転するときの振動で騒音・異音が発生することもあります。
そのため、十分に石油給湯器の本体が固定されていることをチェックすることも大切です。
また、周りの塀などに石油給湯器の運転音が反響して、大きくなっていることもあります。
例えば、石油給湯器の騒音・異音が発生する前に塀を新しく設置したりしていないかなどをチェックすることも必要です。


風が強いときに石油給湯器の排気筒に風が当たって騒音・異音が発生しているときなどもあるため、騒音・異音が発生するときは風などをチェックしてみましょう。
しかし、石油給湯器そのものは大きな音がするものでもあり、燃焼するときの音が気になることもよくあります。
燃焼するときも騒音・異音がまれに発生することがあり、騒音・異音の発生が石油給湯器のトラブルの発生にならないことも把握しておきましょう。
そのため、石油給湯器のトラブルの要因がわかるまでは、騒音・異音の発生が石油給湯器のトラブルのために交換する必要があるなどと、あまり心配することもないでしょう。


●石油給湯器の騒音・異音の対応方法


ここでは、石油給湯器の騒音・異音の対応方法についてご紹介します。
石油給湯器が正常な運転音のときは、石油給湯器の騒音・異音があっても対応できないことも多くあります。
正常な石油給湯器の運転音を騒音・異音と感じるときは、交換するか、耐えるかしかありません。
また、石油給湯器の運転音が周りに反響しているときは、場所を変えることもできます。
あるいは、業者に防音壁を取り付けてもらう方法があります。
石油給湯器の設置場所を変えることもいいでしょうが、工事費が高くなることもあります。
石油給湯器の設置場所を変えるのであれば、新しい運転音が小さい石油給湯器に交換する方がおすすめでしょう。
また、石油給湯器のトラブルの発生が要因のときも、新しい石油給湯器に交換する方がいいこともあります。
当然ですが、寒いところでは石油給湯器の方が使い勝手がいいことが多いため、新しい石油給湯器に交換するしか方法がないかもしれません。
しかし、寒いところでなければ、電気温水器などの方が静かであるためいいでしょう。
石油給湯器は、8年間~10年間の寿命とされています。
そのため、5年間以上くらい石油給湯器を使ってトラブルが発生すると、場合によっては修理するよりも新しい石油給湯器に交換する方がいいでしょう。
最も安い給湯と追いだきの機能が付いている石油給湯器であれば、本体価格と工事費をトータルして15万円くらいのものもあります。
石油給湯器の騒音・異音によってトラブルの発生の可能性があるときは、新しい石油給湯器に交換することも検討してみましょう。


●石油給湯器の騒音・異音を予防する方法


石油給湯器の騒音・異音の大きな一つの要因としては、老朽化があります。
そのため、石油給湯器の騒音・異音のときは寿命の兆候があることもあります。
一方、大切に石油給湯器を使っていると、寿命が延びるようになります。
そのため、石油給湯器の騒音・異音を予防する方法としては、長く石油給湯器が使えるようにすることが最も大切です。
石油給湯器を使うときは、次のことに注意してください。
灯油が切れたままで石油給湯器を運転すると、トラブルが発生する要因になります。
当然ですが、灯油を切らさないことが長く石油給湯器を使うためには大切です。
灯油が少なくなる時間は外気温などの要因によっても違うため、灯油はシーズンを考慮しながらチェックする時期を決めてください。


また、石油給湯器のトラブルの発生を防止するためには、メンテナンスや点検が最もおすすめの方法です。
メンテナンスや点検を怠ると、石油給湯器を早く交換するようになります。
石油給湯器のトラブルの発生は、定期的なメンテナンスや点検によって防止できることも多くあるため、メンテナンスや点検は必ず行いましょう。
また、石油給湯器の給排気筒などの掃除は非常に大切です。
例えば、枯れ葉などが給排気筒に詰まったために石油給湯器のトラブルが発生したようなことなどがあります。
このようなトラブルは、石油給湯器を定期的に掃除していると防止することができます。
石油給湯器の周りに余計な物を置けば、石油給湯器の運転音が周りに反響して大きくなることがあります。
そのため、石油給湯器の周りにはできるだけ余計な物を置かないようにしましょう。


●石油給湯器の騒音・異音の要因と対応方法のまとめ


ここでは、石油給湯器の騒音・異音の要因と対応方法についてご紹介しました。
石油給湯器の運転音は大きいといわれていますが、トラブルが発生したりすると余計に運転音は大きくなります。
そのため、石油給湯器はメンテナンスや点検、掃除を行って大切に長く使うことが、騒音・異音を予防する方法になります。
石油給湯器の異音が気になる方へ
■エコキュートの騒音・異音の要因と対応方法


石油給湯器の異音が気になるのであれば、エコキュートの方がおすすめです。
エコキュートはメリットが多くありますが、騒音・異音に設置してから悩まされるようなトラブルが稀に発生するときもあります。
自宅でエコキュートの騒音・異音に悩ませるのは耐え難く、これが要因になって近隣トラブルになることは防ぎたいでしょう。
ここでは、エコキュートの騒音・異音の要因と対応方法についてご紹介します。


●エコキュートの騒音・異音とは?


エコキュートの運転音の平均は、40デシベル~50デシベルくらいといわれています。
「生活騒音パンフレット」(環境省)によれば、エコキュートの運転音に近いのは、本屋の店内、図書館の館内などになっています。
本屋の店内、図書館の館内はいずれも静かな感じがあり、エアコンの運転音が60デシベルくらいであることを考慮すれば、エコキュートの運転音は騒音・異音といえるほどではないでしょう。
エコキュートの運転音としては、ウーンやブーン、カラカラやカタカタ、グワンなどがあります。
コンプレッサーや送風機の回る低い運転音が響くだけで、騒音・異音というほどのものではありません。
しかし、騒音・異音として感じやすい理由としては、エコキュートの設置場所が寝室に近かったり、静かな住宅街であったりすることが挙げられます。
また、昼間と違って夜間のエコキュートの運転音は響きやすいため、人によっては気にすることもあります。
しかし、エコキュートのトラブルによって、騒音・異音が発生していることもあります。
例えば、エコキュートの騒音・異音のケースとしては、コンプレッサーでトラブルが発生して、運転するときに高いキーキーやピーピーというような音がすることがあります。
普段と違うような騒音・異音であれば、エコキュートのトラブルの発生の可能性があります。


●エコキュートの騒音・異音の要因


ヒートポンプユニットが、エコキュートの騒音・異音のほとんどの要因です。
ヒートポンプユニットは、約12Hz~13Hzくらいの周波数の低周波音が運転するときに発生します。
この低周波音のイメージとしては、冷蔵庫のブーンというものがあります。
ヒートポンプユニットの運転音は、冷蔵庫の運転音と同じくらいになっています。
そのため、ヒートポンプユニットの運転音はそれほど大きなものではないと考えるかもしれません。
昼間にヒートポンプユニットが運転するのであれば、生活音に混じってあまり気にならないでしょうが、ヒートポンプユニットは夜間に運転します。
例えば、深夜に寝るときに、冷蔵庫の運転音が気になってなかなか眠れないというようなこともあるでしょう。
音に敏感な人にとっては、ヒートポンプユニットの運転音が眠れないくらいの悩みになることがあります。
エコキュートの騒音・異音としては、夏のシーズンにはほとんど騒音・異音がなかったが、冬のシーズンになってから変な騒音・異音がするようになることがあります。
冬のシーズンは夏のシーズンに比較して多くお湯を使うため、沸き上げする回数が多くなることが騒音・異音の発生する一つの理由ですが、普段のエコキュートの運転音と違うようなときは注意する必要があります。
特に、厳しい寒さがあるところなどでは、雪や水がヒートポンプユニットの中に侵入して凍って、騒音・異音が送風機の回るときに発生することがあります。
そのままにしておけばトラブルが致命的なものになることもあるため、普通のエコキュートの運転音のブーンというようなものではなくてガガガガッというようなものがしたときは、エコキュートを使うのをすぐに止めて50℃~60℃くらいのお湯をちょっとずつヒートポンプユニットにかけてみましょう。
広い範囲に凍っているときは、それぞれのエコキュートのメーカーでも解凍方法を教えてくれるため問い合わせしてみましょう。


●エコキュートの騒音・異音の要因によるトラブル


稀ですが、エコキュートの騒音・異音の要因によって体調が悪くなる方も実際にはいます。
「低周波音による体調不良を訴えた人の主な症状」(消費者庁)のデータとしては、次のようなものがあります。
腰痛、頭痛、耳鳴り、肩こりなどの身体的な症状
睡眠不足、不眠
食欲不振
息切れ、動悸
不快感、倦怠感
ふらつき、めまい
また、木造の家屋とエコキュートが共振することで、地震が発生したときのように少し揺れるときや、稀に全体の家屋が揺れるような感じになるときもあるようです。
エコキュートの運転音は約12Hz~13Hzの周波数で、4Hz~8Hzの木造の家屋の固有振動数に近くなっています。


このような症状は、エコキュートを設置している家屋に住んでいる人にほとんど現れます。
しかし、エコキュートを設置している家屋の近くに住んでいる人に現れることもあります。
このようなときは、近隣トラブルになることもあり得ます。
近隣の人にまでエコキュートの運転音による健康被害が影響したときは、訴訟にまで発展することもあり得ます。
実際に、過去にはエコキュートの低周波音によって眠れないことを訴えた人が、エコキュートなどの省エネ型温水器の所有者を訴えたケースもありました。
このケースでは、最終的に省エネ型温水器を所有者が撤去することで和解しました。
なお、トラブルがさらに発展すると、エコキュートを撤去するだけでなく賠償金を支払う必要があることもあります。
コキュートの騒音による訴訟は最近ありませんが、注意しておく必要があるでしょう。
このようなことを防ぐためにも、エコキュートを設置するときはしっかりと近くに住んでいる人についても気配りすることが大切でしょう。
「省エネ型温水器から発生する騒音対応に関するガイドブック(ガイドライン)」(環境省)が2020年に発行されており、「エコキュートの据え付けガイドブック」を自治体によっては準備しているところもあります。
自宅のエコキュートの設置方法が近くに住んでいる人に迷惑がかかるのではないかと思ったときは、このようなガイドブックを一度チェックしてみましょう。


●エコキュートの騒音・異音の予防対策
エコキュートを設置したり、交換したりする前には、しっかりと設置場所を選ぶことが、最も騒音・異音に対する有効な予防対策といえるでしょう。
夜間にエコキュートは沸き上げするため、騒音・異音に悩まないようにできるだけ寝室から遠い設置場所を選びましょう。
例えば、寝室から10m~15mくらいのところにエコキュートを設置することによって、騒音・異音のリスクを少なくすることができます。
エコキュートの設置場所が塀や壁に囲まれていないようなところであれば、共振や反響音も少なくすることができます。
しかし、隣の家の寝室に近いところにエコキュートを設置すると、先にご紹介したような近隣トラブルが発生する可能性が大きくなります。
また、エコキュートの運転音は隣の家の窓や通気口からでも伝わるときがあるため注意する必要があります。
そのため、エコキュートを設置する前には隣の家を訪問して寝室の位置などを聞いた上で、エコキュートの設置場所について相談するのもいいでしょう。
あるいは、エコキュートを自宅の駐車場の近くや道路側に設置するのも方法の一つです。
自宅の正面からエコキュートが見えない方がいいと考えがちですが、エコキュートの運転音が家の裏側に設置するよりも反響しないことがあります。
エコキュートの騒音トラブルの予防対策として、考えてみましょう。


●エコキュートを設置するときに注意すること


エコキュート自体は、騒音・異音が発生しないように改良されています。
エコキュートの設置方法についてのガイドラインを周知徹底して、業界全体で騒音を測る方法を変えるようにするなど、メーカーは積極的にエコキュートの騒音対策を行なっています。
しかし、エコキュートの騒音・異音が大きくなることがあるため注意する必要があります。
ここでは、エコキュートを設置するときに注意することについてご紹介します。


・ヒートポンプユニットを設置する向きと位置のチェックする
ヒートポンプユニットを設置するときは、向きと位置がいいかをチェックする必要があります・
ヒートポンプを正しい位置に設置していても、寝室や換気口などにヒートポンプユニットが向いていれば、大きく運転音を感じられることがあります。
また、ヒートポンプユニットが水平であることも必要です。
水平に維持されていなければ、ヒートポンプユニット中のコンプレッサーなども傾きます。
別の部品にコンプレッサーが当たって騒音・異音が発生することがあるため、ベースが不安定であれば補強や固定を行いましょう。
ヒートポンプユニットが水平でない要因はいろいろありますが、固定用の防振ゴムや固定器具などが外れたり、ズレたりしていることもあります。
振動の増幅や据付面からの音の発生の要因になるため、適切に防振ゴムや固定金具が設置されているかチェックしましょう。


・周りの塀や壁をチェックする
エコキュートの運転音が大きく感じられるときは、周りをチェックしましょう。
エコキュートの運転音が反響する壁とは、距離をある程度確保することが必要です。
壁から離してエコキュートを設置したはずでも、無意識にきれいにレイアウトをしたいということで、壁に少し近く設置していることもあります。
また、近くにエアコンの室外機があると、ヒートポンプの運転音と共振することによって共振音が発生することもあります。
エコキュートの運転音が近隣まで反響しているようなときは、ヒートポンプ本体よりも塀が低くないかもチェックしましょう。
数年間エコキュートを使っていると、変わってくることもあるでしょう。
例えば、ヒートポンプユニットの中に汚れやゴミが溜まって騒音・異音が発生するときがあります。
また、隣の家が近いときは、隣の家が塀などをヒートポンプユニットの正面側に設置したために、共振や反響音が発生することもあります。
寝室の位置が隣の家のリフォームで変わったりしてエコキュートに近くなったときなどは、エコキュートの運転音を隣の家の住民が大きく感じることもあるでしょう。
このようなことをチェックしてもエコキュートの運転音が同じであれば、いろいろな要因が考えられるため設置業者に相談しましょう。


・防振グッズ、防音グッズを利用する
近年は、いろいろな防振グッズ、防音グッズがあります。
ヒートポンプユニットの運転音が騒音・異音に感じるときは、防振グッズ、防音グッズを利用することを検討しましょう。
代表的な防振グッズ、防音グッズとしては、防音シートというヒートポンプユニットに張って運転音の拡散を防止するもの、緩衝材パッドというヒートポンプユニットに敷いて振動を抑制するもの、防音壁という全体のエコキュートを囲むものなどがあり、いろいろな種類があります。
このようなものは、簡単にネットショップやホームセンターなどで買うことができます。
しかし、安いということで簡易的なものを使うと、効果が期待できないだけでなく、騒音・異音がものによってはより大きくなることがあります。
どのようなものを選ぶといいかわからないときは、十分に専門の業者と相談して、家の環境に応じたものを選びましょう。


・夜間の沸き上げを止めることも考える
エコキュートの騒音・異音を防止するために夜間の沸き上げを止める方法もあるでしょうが、エコキュートの一つの売りは電気代が安くなることであるためそれほどおすすめではありません。
エコキュートは、深夜電力の安い電気料金の時間帯に沸き上げすることによって電気代を低減しています。
エコキュートの機能としては、ユーザーのライフスタイルに応じて沸き上げする時間を学習するものがあります。
しかし、深夜時間帯の沸き上げを止めると、湯切れが使用状況によっては発生して、昼間の割高な電気料金で沸き増しすることがあります。
ここでは、それぞれのメーカーのエコキュートの深夜時間の沸き上げの節約機能についてご紹介します。
パナソニックのエコキュートは「おまかせ節約」
三菱のエコキュートは「おまかせ」(初期設定モード)
日立のエコキュートは「おまかせ節約」
ダイキンのエコキュートは「おまかせモード」
東芝のエコキュートは「おまかせ」
コロナのエコキュートは「おまかせ省エネ」
なお、エコキュートの騒音・異音のトラブルが既に発生しているのであれば、夜間の沸き上げを止めることも、方法の一つになるでしょう。
夜間のエコキュートの運転音は、静かな住宅街のときには気になりやすいでしょう。
エコキュートのメリットの安い電気料金の夜間に沸き上げができるということが無くなるため、夜間の沸き上げを止めることはそれほどおすすめではありません。
しかし、訴訟にまでなると、時間や費用がより多くかかるようになります。
そのためトラブルが大きくなる前に、エコキュートを運転する時間帯を変えることも考えてみましょう。


●エコキュートの騒音・異音の要因と対応方法のまとめ


ここでは、エコキュートの騒音・異音の要因と対応方法についてご紹介しました。
エコキュートの騒音・異音で体調が悪くなるのは、実際には非常にわずかの人です。
それでも、近くの方や自分の家族がエコキュートライフをストレス無く送るためには、可能な限りの事前対策を行うのがおすすめです。
石油給湯器の異音が気になる方へ
■まとめ


ここでは、石油給湯器の異音が気になる方へ、石油給湯器の騒音・異音の要因と対応方法、エコキュートの騒音・異音の要因と対応方法についてご紹介しました。


石油給湯器は、トラブルが発生したりするとさらに運転音が大きくなります。


そのため、石油給湯器の騒音・異音の対応方法としては、メンテナンスや点検、掃除を行って大切に長く使うことがおすすめです。


石油給湯器の異音が気になる方へは、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com

おすすめ記事


PAGE
-TOP