床暖房と一体型の多機能タイプのエコキュートをお探しの方へ

2021年1月15日

床暖房と一体型の多機能タイプのエコキュートをお探しの方へ


オール電化住宅にして、足元からじんわりと温まる床暖房を使いたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
実は、床暖房にもエコキュートは使うことができます。
エコキュートは給湯に使うものであると思っているかもしれませんが、床暖房でも使うことができます。
ここでは、床暖房と一体型のエコキュートをお探しの方へ、床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートについてご紹介します。


■床暖房にエコキュートは使えるか?


エコキュートは、光熱費を抑えながらお風呂や台所、洗面所などでお湯が使えますが、床暖房でも使えます。
床暖房にエコキュートを使うときは、エコキュートで暖めたお湯を温水式床暖房パネルに流すことによって床面を暖めます。
これからエコキュートを設置する家庭やエコキュートをすでに設置している家庭であれば、床暖房にエコキュートを使うことによって工事の手間が少なくなるためおすすめです。


■床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートのメリット


ここでは、床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートのメリットについてご紹介します。


●床暖房のための熱源機が必要ない


床暖房を使うためには熱源機が必要になります。
しかし、床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートを設置すると、床暖房のための熱源機を新しく買うための費用、設置するためのスペースが必要ないためメリットになります。


●電気代が節約できる


大気の熱を利用するエコキュートは、効率が高いために非常に着目されています。
例えば、10畳の電気式ヒーターと比べると、床暖房にエコキュートを使うとランニングコストを1/4程度にまで抑えることができます。
床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートは、イニシャルコストが比較的高額になりますが、ランニングコストが安くなることを考慮すれば非常にお得です。


●二酸化炭素を排出しない


床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートは、温水式床暖房の中でも相当環境に配慮したものになっています。
もちろんエコキュートは二酸化炭素を排出する電気を使いますが、別の熱源機と比べると二酸化炭素の排出量は相当少なくなります。
特に、灯油やガスを使う温水式床暖房と比べると、二酸化炭素の排出量が少なくなります。
また、床暖房機能付きの多機能直タイプエコキュートは、灯油やガスを使ったときの嫌な臭いや音などもなく、非常にクリーンなエネルギーであることがメリットです。


●柔らかい暖かさが体感できる


床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートは、柔らかい暖かさが体感できることもメリットです。
じんわりとお湯で熱を床全体に広げていくため、電気式床暖房のように暖かさのムラや過度な暑さができにくいというメリットがあります。
また、エコキュートはお湯を沸かして貯めておくため、急に冷たくなったり熱くなったりすることがありません。
そのため、一定の温度のお湯がいつも床全体をじっくりと暖めることもメリットです。


●その他のメリット


床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートのメリットは、先にご紹介したもの以外に次のようなものもあります。
・石油ストーブやガスストーブが必要ないため、子供の火傷や火事のリスクが少なくなる
・エアコンや石油ストーブ、ガスストーブを使わないため、部屋の中の空気が乾燥しなく、肌の乾燥やのどの痛みが少なくなる
・エアコンのように頭のみが暖かくなるのではなく、頭寒足熱で足元から暖かくなるため快適である
・風がエアコンのように出ないため、風邪の菌やホコリが巻き上がらない
・床暖房の部屋に自然と家族が集まって、一家だんらんが多くなることもある


■床暖房機能付きの多機能タイプエコキュート


ここでは、床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートについてご紹介します。


●パナソニックの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュート


床暖房と一体型の多機能タイプのエコキュートをお探しの方へ


パナソニックの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートは、温水式のクリーンな床暖房が楽しめます。
なお、床暖房を楽しむためには、温水式床暖房パネルが別に必要になります。


・床暖房の魅力
床暖房は次のような魅力があります。
部屋の中で火を使わないため、空気がきれいです。
温風を対流させる方式のエアコン暖房と違って、空気が乾燥しすぎないでじんわり暖かくなり、ホコリも立ちません。
部屋の中に熱源や暖房器具がないため、燃焼音や送風音がありません。


・最大20畳の部屋まで床暖房ができる
床暖房の敷設畳数は、パナソニックの温水式床暖房パネルを使うと最大20畳まで可能です。
条件としては、敷設率60%(温水式床暖房パネル敷設畳数12畳)、室温18℃以上を確保できることです。
別の暖房機を一緒に使っているときは、床暖房の敷設畳数は30畳(温水式床暖房パネル敷設畳数12畳)まで可能です。


・パナソニックの仕上げ材一体型と仕上げ材分離型の温水式床暖房パネルが選べる
パナソニックの仕上げ材一体型温水式床暖房パネルの「You温すい」は、床材と温水パイプを一体化したもので、快適暖房・快適施工になります。
パナソニックの仕上げ材分離型温水式床暖房パネルの「フリーほっと温すいW」は、インテリアに応じて仕上げ材が選べます。
なお、パナソニックの温水式床暖房については、下記のサイトを参考にしてください。


https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/yukadan/lineup_onsui/index.html


・パナソニックの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートのシリーズ
パナソニックの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートとしては、一般地向けのDFシリーズの床暖房・i・ミスト接続機能付きフルオート、床暖房機能付フルオート、耐塩害仕様床暖房機能付フルオートがあります。
一般地向けのDFシリーズの床暖房・i・ミスト接続機能付きフルオートとしては、タンク容量が370Lの3人~5人家族用の屋外設置用のHE-D37FYS、屋内設置用のHE-D37FYMSがあります。
機能としては、床暖房、iミスト、ふろ自動、追いだき、ダブル湯温コントロールなどが搭載されています。
なお、iミストについては、下記のサイトを参考にしてください。


https://sumai.panasonic.jp/hp/2point/2_2.html


一般地向けのDFシリーズの床暖房機能付フルオートとしては、タンク容量が370Lの3人~5人家族用の屋外設置用のHE-D37FQS、屋内設置用のHE-D37FQMS、タンク容量が460Lの4人~7人家族用の屋外設置用のHE-D46FQS、屋内設置用のHE-D467FQMSがラインナップされています。
機能としては、床暖房、ふろ自動、追いだき、ダブル湯温コントロールなどが搭載されています。
一般地向けのDFシリーズの耐塩害仕様床暖房機能付フルオートとしては、タンク容量が370Lの3人~5人家族用の屋外設置用のHE-D37FQES(受注生産)、屋内設置用のHE-D37FQFS(受注生産)、タンク容量が460Lの4人~7人家族用の屋外設置用のHE-D46FQES(受注生産)、屋内設置用のHE-D467FQFS(受注生産)がラインナップされています。
機能としては、床暖房、ふろ自動、追いだき、ダブル湯温コントロールなどが搭載されています。


・パナソニックの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートでの注意点
床暖房の運転時間の目安は、1日あたり8時間くらい(最大16時間以内)にしてください。
部屋や建物の断熱構造によっては、十分に床暖房のみでは温まらないことがあります。
このときは、一緒に補助暖房を使ってください。
室温18℃以上が確保できる別の暖房機を一緒に使っているときは、30畳の部屋(温水式床暖房パネル敷設畳数12畳)まで可能です。
床暖房を使っているときは、お湯の使用量が多くなるため、昼間の沸き上げ時間が長くなります。
灯油やガスなどの別の熱源の温水式床暖房から床暖房・i・ミスト接続機能付エコキュート、床暖房機能付エコキュートに交換するときは、お湯切れや温まり感の違いなどの恐れがあるため避けてください。
床暖房機能を使うときは、温水式床暖房パネルはパナソニックが取り扱っている商品がオススメです。
設置できる地域としては、次世代省エネルギー基準4地域以南、外気温-10℃までの地域です。
設置できる住宅の断熱性能は、次世代省エネルギー基準適合住宅相当です。
二重床工法、直貼工法には設置できません。
北海道、青森、秋田、岩手をメインにした次世代省エネルギー基準の1地域・2地域・3地域の寒冷地、-10℃を最低気温が下まわる地域では、正常に機器が動作しなくなることがあるため、設置しないでください。
温泉地帯や直接潮風が当たる海浜地区などの特殊なところでは、正常に機器が動作しなくなることがあるため設置しないでください。


●コロナの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュート
床暖房と一体型の多機能タイプのエコキュートをお探しの方へ
コロナの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートは、24時間暖房が可能です。


・コロナのオリジナルの直暖制御
コロナのオリジナルの直暖制御で、学習機能付きの暖房モードによって快適で省エネな床暖房ができます。
高効率の直接制御、省施工の熱動弁・4回路ヘッダーを内蔵しています。


・適用床暖房畳数は最大26畳
床暖房パネル敷設畳数は18畳です。
畳数としては、次世代エネルギー基準相当の住宅断熱性能を有するときです。
住宅断熱性能・床暖房の運転時間などによって、床暖房の適用畳数は違います。
24時間運転もできますが、床暖房適用畳数が少なくなります。
詳細については、下記のコロナの「ヒートポンプ式冷温水システム 温水暖房システム」のカタログを参照してください。


https://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&volumeID=CATALABO&catalogId=63064490000&pageGroupId=&designID=link&catalogCategoryId=&designConfirmFlg=


・コロナの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートのシリーズ
コロナの床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートとしては、一般地向けフルオートの多機能タイプ、寒冷地向けフルオートの多機能タイプがあります。
一般地向けフルオートの多機能タイプとしては、タンク容量が460Lの4人~7人家族用のCHP-46ATX3Kがあります。
機能としては、床暖房機能、ecoガイド、省エネ保温、スマートナビリモコンなどが搭載されています。
主として宮城・山形・福島・栃木・新潟・長野県の一部などに設置できます。
なお、-10℃を最低気温が下回る地域では設置しないでください。
寒冷地向けフルオートの多機能タイプとしては、一般地向けフルオートの多機能タイプとしては、タンク容量が460Lの4人~7人家族用のCHP-46ATX3があります。
機能としては、床暖房機能、ecoガイド、省エネ保温、スマートナビリモコンなどが搭載されています。
主として北海道などに設置できます。
-25℃を最低気温が下回る地域には設置しないでください。
また、-20℃を最低気温が下回る地域は、屋内に貯湯ユニットを設置してください。


■まとめ


ここでは、床暖房と一体型のエコキュートをお探しの方へ、床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートについてご紹介しました。
床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートのメリットとしては、次のようなものなどがあります。


・床暖房のための熱源機が必要ない
・電気代が節約できる
・二酸化炭素を排出しない
・柔らかい暖かさが体感できる


床暖房機能付きの多機能タイプエコキュートとしては、次のようなものがあります。
・パナソニックの多機能タイプエコキュート
・コロナの多機能タイプエコキュート
オール電化住宅にして床暖房を使いたいときは、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP