石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ

2021年10月10日

石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ
給湯器を買うために、石油給湯機にするかエコフィールにするか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。


ここでは、石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ、エコフィールとは?エコフィールと石油給湯器の違い、高効率給湯器のエコフィールとエコキュートの比較についてご紹介します。
石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ
■エコフィールとは?


石油給湯器は、寒いところで使っている家庭が多くあります。
ガス給湯器や電気給湯器と比べると、石油給湯器はお湯がパワフルに供給できたり、寿命が長かったりするというメリットがあります。
このような石油給湯器の中でも、エコフィールは人気が近年高くなっています。
ここでは、エコフィールとは?についてご紹介します。


●エコフィールのメリット


給湯器というと、エコキュートやエコジョーズをイメージする方も多くいるのではないでしょうか。
エコキュートは電気給湯器、エコジョーズはガス給湯器ですが、エコフィールは石油給湯器です。
エコフィールは、灯油でお湯を沸かす石油給湯器です。
石油給湯器の中でも、エコフィールは省エネ性能をアップした新しいタイプの商品です。
特に、石油給湯器は寒冷地で多く使われていますが、このような地域では多くの費用がお湯を沸かすためにかかります。
エコフィールは省エネ性能をアップしているため、高い魅力度の商品でしょう。
高効率石油給湯器とも、エコフィールはいわれています。
エコフィールは、従来の石油給湯器で廃棄していた排気ガスの熱を再度回収して利用することによって、熱効率をアップしています。
従来の石油給湯器は83%の熱効率ですが、エコフィールは95%の熱効率までアップしています。
少ないエネルギーでもお湯が効率良く沸かせるようになっています。
従来の石油給湯器は約200℃の排気ガスの温度ですが、エコフィールは約60℃の排気ガスの温度にまで下げています。
約200℃の排気ガスの熱をしっかりと利用することによって、エコな給湯器を実現しました。
ここでは、エコフィールのメリットについてご紹介します。


・灯油の使用量が少なくなる
高効率の石油給湯器のエコフィールに変更するメリットとしては、灯油の使用量が少なくなることです。
1年間石油給湯器を使ったときに灯油をどの程度使うかは、エコフィールのタイプや使い方によっても違ってきます。
エコフィールのメーカーによれば、10%~13%くらい灯油の年間の使用量が低減できるとされています。
当然ですが、灯油の使用量が少なくなると、灯油代も安くなります。
灯油代が6,000円~7,000円も年間に低減できることも多くあるため、エコフィールは経済的でしょう。
また、灯油の使用量が少なくなると、灯油を補給する頻度も少なくなります。
そのため、少し灯油を補給する負担も軽くなるでしょう。


・二酸化炭素の排出量が少なくなる
灯油の使用量が少なくなると、二酸化炭素の排出量もその分少なくなります。
空気中の二酸化炭素が多くなることによって、環境の変化は大きくなります。
そのため、普段の生活において、意識して二酸化炭素の排出を低減することが大切であるとされています。
従来の石油給湯器からエコフィールに交換するのみで、二酸化炭素の排出量が低減できます。
エコフィールの二酸化炭素の年間の低減量は197kgであるため、地球環境を保護することができます。
世界的にも、大気中の二酸化炭素が多くなるのは大きな問題になっています。
毎日の暮らしの中で二酸化炭素の大気中への排出量が自然に減少すれば、大きなメリットでしょう。


・エコな暮らしでも快適さが実現する
環境にいい暮らしというと、意識して使うエネルギーを低減するようなものを多くの方がイメージするでしょう。
しかし、エコフィールであれば、エコな暮らしが過度に我慢しなくても実現できます。
使うお湯の量や保温するときのエネルギーの使用量がスイッチだけでコントロールできる機能が、エコフィールの中には搭載されています。
快適さを我慢しないで、エコな暮らしがほんのちょっと工夫することによって実現できるようになっています。
エコフィールに交換することによって、自然に家族全員の意識も変わるでしょう。


●エコフィールを選ぶ方法


エコフィールは、いろいろなメーカーが販売しています。
また、同じメーカーでも、いろいろなタイプのエコフィールがあります。
エコフィールを設置して経済的なエコな暮らしを実現したいときは、自分の暮らしに適したエコフィールを選ぶのがおすすめです。
まず、エコフィールのメーカーごとの違いとしては、基本的な仕組みは同じです。
いずれのメーカーのエコフィールでも、高効率石油給湯器になっています。
そのため、節約した暮らしが自然な形で実現できるでしょう。
しかし、細かな機能や使っている部品の材質が違っていることもメーカーによってはあります。
そのため、メーカーごとの違いについてもエコフィールを設置するときはチェックしましょう。
専門のエコフィールの業者に相談すると、エコフィールのメリットのみでなく、メーカーごとのエコフィールの違いについても教えてくれるでしょう。
当然ですが、本体価格も違っているため、専門のエコフィールの業者のアドバイスも参考にして慎重に検討しましょう。
また、メーカーが同じエコフィールでも、次のようなタイプがあります。


・床置型水道直圧タイプ


・壁掛型水道直圧タイプ


・高圧力型貯湯タイプ


・標準圧力型貯湯タイプ


いずれのタイプを選ぶかによって、お湯を実際に使ったときの感じも、年間の光熱費も違ってきます。
いずれのタイプが最もメリットが大きそうか、専門のエコフィールの業者の意見を聞きながら、選ぶのがおすすめです。
また、エコフィールは、ほとんどの方がトラブルが気掛かりになり始めた時期あるいはトラブルが発生した時期に交換を検討するでしょう。
しかし、エコフィールで沸かすお湯は、毎日の暮らしに必要なものです。
そのため、トラブルが発生する前にエコフィールを交換するのもおすすめです。


●エコフィールをおすすめしたい人


エコフィールをおすすめしたいのは、次のような人です。


・家族数が増えてお湯の使用量が多くなっている


・灯油代が毎月高いためになんとか光熱費を低減したい


・お湯を利用した暖房機器を主に使っている


・エコな暮らしをしたいが我慢したくない


エコフィールは、お湯を沸かすチャンスが多くなるほど、お得さが体感しやすい給湯器です。
以前に石油給湯器を使っていたときよりも大幅にお湯の使用量が多くなったときは、現在のお湯の使用スタイルに適したエコフィールに交換する方が、お得で快適な暮らしが実現できるでしょう。
また、エコフィールはお湯を暖房機器に使うときでもおすすめです。
エコフィールであれば、エコで節約した暮らしが意識しなくても毎日送ることができます。


●石油給湯器を交換するときは専門の信頼できる業者に相談する


石油給湯器も消耗品であるため、交換する時期がいずれ必ずやってきます。
適切な時期を逃さないで、効率の高いエコフィールに交換することによって、経済的でエコな暮らしが実現できます。
しかし、石油給湯器の交換の時期は、普通の人が自分で判断するのは困難です。
よくわからないために適当に石油給湯器を決めないで、安心して相談できる専門の業者を探すことによって、問題なく交換することができます。
専門の業者のアドバイスがあると、自分の家に設置する石油給湯器も迷わないでしょう。
また、エコフィールの特徴、メリットについても、十分にチェックできるでしょう。
エコフィールに関心があれば、まずは専門の業者に相談してみましょう。
石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ
■エコフィールと石油給湯器の違い


石油給湯器は、灯油を燃料にしている給湯器です。
近年、高い熱効率の給湯器が次々と発売されています。
石油給湯器の中でも、新しいタイプの熱効率をアップしたエコフィールが発売されています。
ここでは、エコフィールと石油給湯器の違いについてご紹介します。


●エコフィールの特徴
エコフィールは、次世代タイプの石油給湯器として登場したものです。
ここでは、エコフィールの特徴についてご紹介します。


・排気ガスの熱を再度利用する石油給湯器
エコフィールは着目度がアップしていますが、排気ガスの熱を再度利用する石油給湯器です。
石油給湯器は、灯油を使ってお湯を沸かします。
関心がエコ活動に集まっている中において、排気ガスの熱を再度利用するエコフィールが登場しました。
排気ガスの熱を再度回収して利用することが、エコフィールの特徴です。
お湯を従来の石油給湯器が沸かすときには、排気ガスの熱を廃棄しています。
エコフィールは、お湯を沸かすときの排気ガスの熱を再度利用することによって、省エネが実現できます。
従来の石油給湯器よりも、エコフィールは進歩しているといえるでしょう。
省エネタイプの石油給湯器が欲しい方には、エコフィールがおすすめです。


・大幅に熱効率がアップ
エコフィールの特徴は、熱効率がアップすることです。
従来の石油給湯器は、温度の高い排気ガスを廃棄していました。
しかし、エコフィールは廃棄していた排気ガスの熱を再度利用するため、約95%にまで熱効率がアップしました。
従来の石油給湯器の熱効率は約83%であるため、エコフィールは熱効率が約12%もアップしています。
また、大幅に排気ガスの温度も下がっています。
従来の石油給湯器は排気ガスの温度が約200℃ですが、エコフィールは排気ガスの熱を再度利用するために温度が約60℃になっています。


・エコフィールは2回熱を利用する
エコフィールでは、1次熱交換器で水を灯油の約1,500℃の燃焼熱で温めます。
そして、約200℃の排気ガスの熱を2次熱交換器で再度利用します。
再度熱を利用することによって、水道水を前もって温めるようになります。
このように、エコフィールは熱を2回利用することによってお湯を沸かします。
最終的に、排気ガスの温度が約60℃になるため、お湯を少ないエネルギーで沸かすことができます。
次世代石油給湯器とエコフィールはいえるでしょう。


●エコフィールと石油給湯器の違い


ここでは、エコフィールと石油給湯器の違いについてご紹介します。


・灯油の使用量
エコフィールも一種の石油給湯器ですが、全く従来のタイプとは違っています。
エコフィールは2回も熱を利用するため、お湯を少ないエネルギーで沸かすことができます。
そのため、全く灯油の使用量が違います。
普通の石油給湯器は、約627Lの灯油を年間に使います。
そのため、結構627Lは膨大な量でその分灯油代が高くなります。
しかし、エコフィールは約548Lの灯油を年間に使うのみです。
従来の石油給湯器と比較すると、約79Lの灯油が低減できます。
灯油を低減するために、それぞれの家庭によってはいろいろな努力を行っているでしょう。
エコフィールに交換すると、灯油の使用量を少なくすることができます。


・二酸化炭素の排出量
石油給湯器とエコフィールの主な違いは、熱効率と節約です。
しかし、これ以外にも石油給湯器とエコフィールは二酸化炭素の排出量も違っています。
エコフィールは、排気ガスの熱を再度利用するため二酸化炭素の排出量が少なくなります。
従来の石油給湯器は、二酸化炭素の排出量が年間に約1,560kgです。
一方、エコフィールは、二酸化炭素の排出量が年間に約1,363kgです。
そのため、二酸化炭素の排出量が年間に197kg低減できます。
197kgの二酸化炭素の排出量は、どの程度かわからない方も多くいるでしょう。
例えば、スギの木に換算すると、197kgの二酸化炭素の排出量は約14本分の低減になります。
そのため、地球に対して優しい石油給湯器を希望する方にはおすすめでしょう。


●石油給湯器を選ぶときに注意すること


ここでは、石油給湯器を選ぶときに注意することについてご紹介します。


・家族数や本体価格を比較する
石油給湯器を選ぶときは、家族数が大切です。
石油給湯器には、給湯出力がそれぞれあります。
給湯出力としては、家族数に適したものを選ぶ必要があります。
例えば、家族数が4人のときは、40,000kcal/hの給湯出力がおすすめです。
なお、石油給湯器のサイズは給湯出力によって違うため注意しましょう。
従来の石油給湯器よりも、エコフィールは省スペースであるためおすすめです。
しかし、エコフィールの設置スペースは、失敗しないためにも十分に確保しましょう。
また、きちんと本体価格も検討する必要があります。
エコフィールは、従来の石油給湯器よりも性能が高いために本体価格も高めになっています。
エコフィールは、本体価格が高くなりますが、節約効果を考慮すればお得になります。
いろいろな石油給湯器、エコフィールを比べて、家庭に適したものを選びましょう。


・信頼できる業者に頼む
石油給湯器は、多くの業者が販売しています。
いろいろな業者を比べるとわかるように、安い価格で販売している業者も中にはあります。
そのため、価格が高いということでも諦めないようにしましょう。
価格をできるだけ安くするためにも、いろいろな業者を比べて、信頼できる業者に頼みましょう。
保証が信頼できる業者は付いています。
保証が付いている業者に頼むと、石油給湯器を設置した後のトラブルが発生してもすぐに動いてくれるでしょう。
また、非常にスピードが速いため、トラブルが急に発生しても安心です。
いろいろな業者を比べて、優れた業者に頼みましょう。


●エコフィールと石油給湯器の違いのまとめ


ここでは、エコフィールと石油給湯器の違いについてご紹介しました。
自分に適した石油給湯器を選ぶためにも、いろいろな石油給湯器を把握することが大切です。
エコフィールは非常に熱効率が高く、次世代給湯器として節約効果も期待できるでしょう。
エコに着目している人や灯油の使用料を少なくしたい人におすすめです。
エコフィールは、低価格で販売している業者もあるためチェックしてください。
エコフィールと石油給湯器の違いとしては、次のようなものがあります。
排気ガスの熱を再度利用する石油給湯器
大幅に熱効率がアップ
エコフィールは熱を2回利用
灯油の使用量が79L低減
二酸化炭素の排出量が低減
エコフィールと石油給湯器のそれぞれの特徴を掴んで、家族数などに適したものを選びましょう。
保証が付いている設置業者に頼むと、設置した後のメンテナンスも安心です。
設置業者を選ぶときは注意しましょう。
石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ
■高効率給湯器のエコフィールとエコキュートの比較


現在普及している高効率給湯器は、省エネ性能で環境に対して優しく、光熱費がさらに低減できるため人気が高くなっています。
高効率給湯器としては、エコフィール、エコキュート、エコジョーズ、ハイブリッド給湯器があります。
しかし、高効率給湯器の種類だけでもこのような4つのタイプがあるため、自宅にどの高効率給湯器が適しているかわからない方もいるでしょう。
それぞれの高効率給湯器は、熱源などの特徴や仕組みが違うため、設置する前に十分に比べることが大切です。
ここでは、高効率給湯器のエコフィールとエコキュートの比較についてご紹介します。


●高効率給湯器とは?


高効率給湯器というのは、普通の給湯器と比べてお湯を効率良く少ないエネルギーで沸かせる給湯器です。
給湯に使うコストを少なくすることができるため、高い節約効果が家庭で期待できます。
また、二酸化炭素の排出量の低減もできるため、環境を守ることからも普及することが期待されているものです。
特に、省エネの高い効果が認められている高効率給湯器については、グリーン住宅ポイントの対象の商品になっています。
なお、詳しいことについては、「グリーン住宅ポイント制度の内容について」(国土交通省)(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000181.html#:~:text=%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3,%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82)をチェックしてください。


・高効率給湯器のメリット
ここでは、高効率給湯器のメリットについてご紹介します。


(光熱費が安くなる)
高効率給湯器は、普通の給湯器と比べて光熱費が安くなります。
普通の給湯器と比べて、高効率給湯器は同じ量のお湯を沸かすときに使う光熱費が少なくなります。
特に、1日に多くのお湯の量を使う家庭ほど、大幅な光熱費の低減が期待できるでしょう。


(環境保全に役に立つ)
お湯を沸かすために燃料を消費すると、二酸化炭素が発生します。
燃料を消費する量が少ない高効率給湯器を使うことによって、同じ量のお湯を沸かしても二酸化炭素の排出量を低減することができます。
二酸化炭素の排出量を低減することによって、環境保全にも役に立ちます。


・高効率給湯器のデメリット
ここでは、高効率給湯器のデメリットについてご紹介します。


(本体価格や工事費が高い)
高効率給湯器は、最新技術や精密部品を多く使うことによって本体が複雑になっているために本体価格が高くなっています。
また、給湯器が大型になって部品が多くなっており、交換するときに多くのスタッフが必要になるため、イニシャルコストが高くなります。


(お湯の使用量が少ないときは光熱費の低減効果が少ない)
沸かすお湯の量に、普通の給湯器と高効率給湯器の光熱費は比例します。
光熱費はお湯の使用量が多いほどかかるため、年間のランニングコストが低減でき、早期にイニシャルコストの回収が期待できるでしょう。
しかし、1日に使う水の量が少ない単身世帯などのときは、長期間イニシャルコストの回収にかかることがあります。
高効率給湯器を設置する前には、メリットとデメリットを比べて十分に検討しましょう。


●エコフィールとエコキュートの比較


ここでは、エコフィールとエコキュートの比較についてご紹介します。


・エコフィール
ここでは、エコフィールの特徴、仕組みについてご紹介します。


・エコフィールの特徴
エコフィールは、灯油を燃焼してお湯を沸かします。
水道直圧タイプの瞬間タイプと貯湯タンクの貯湯タイプのいずれかを選択することができます。
井戸水を使うときは貯湯タイプが適しており、石油給湯器から遠いところでも高い圧力を維持したいときは瞬間タイプが適しています。
また、貯湯タイプはイニシャルコストが安めで、トラブルが発生したとき以外は特に点検も必要ありません。
エコフィールの特徴は、従来の石油給湯器に比べて運転音が小さく、独特の灯油の臭いも少なくなっていることです。


・エコフィールの仕組み
エコフィールは、熱交換器が2つ搭載されており、お湯を沸かすときの排気ガス熱で水を前もって温めることで、灯油の使用量が少なくなります。


・エコキュート
ここでは、エコキュートの特徴、仕組みについてご紹介します。


・エコキュートの特徴
エコキュートは、電気とヒートポンプの技術を使ってお湯を沸かして、貯湯タンクに沸かしたお湯を貯めておきます。
夜間に昼間に使うお湯を沸かすことによって、電気代を安くすることができます。
相性が太陽光発電と良く、ガス代や灯油代をオール電化と併用すると払う必要がなくなります。
また、非常にエネルギーの利用率が高く、高効率給湯器の中で光熱費が最も少なくなります。
しかし、貯湯タンクユニットを設置するところが必要であり、大き目の運転音が気になる人がいるため注意する必要があります。
エコキュートの特徴としては、二酸化炭素を排出しないこともあります。


・エコキュートの仕組み
屋外に設置したヒートポンプユニットの送風機で大気中の熱を取り込んで、自然冷媒に空気熱交換器で吸収させて圧縮して高温にしてお湯を沸かします。
お湯の温度が低いときは、電気でお湯を沸かします。


●高効率給湯器の基準


高効率給湯器は、国土交通省のグリーン住宅ポイント制度のエコ住宅設備の対象になっています。
高効率給湯器を自宅に設置することによって、1戸あたり24,000ポイントが与えられます。
しかし、エコ住宅設備の対象になるためには、一定の基準があるため注意しましょう。
エコ住宅設備の基準としては、次のようなものがあります。
エコキュートの電気ヒートポンプ給湯機は、JISC9220に基づく年間給湯保温効率、あるいは年間給湯効率が3.0以上であることが必要です。
なお、寒冷地仕様のときは2.7以上であることが必要です。
エコフィールの潜熱回収型石油給湯機は、94%以上の連続給湯効率であることが必要です。
詳しいことについては国土交通省の「グリーン住宅ポイント制度の内容について」(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001395639.pdf)をチェックしてください。
なお、高効率給湯器を設置するとポイントが与えられていた次世代住宅ポイントは、申請受付が令和2年3月31日に終わっています。
交換の申し込みの受付も令和2年11月30日に終わって、グリーン住宅ポイントに現在は変更になっているため注意しましょう。


●高効率給湯器のエコフィールとエコキュートの比較のまとめ


ここでは、高効率給湯器のエコフィールとエコキュートの比較についてご紹介しました。
高効率給湯器は、燃料の消費量が普通の給湯器よりも少なくなるため、光熱費が安くなって環境保全にも役に立つ給湯器です。
いずれの高効率給湯器もイニシャルコストがかかりますが、ライフスタイルによってはイニシャルコストが早期に回収できる可能性が大きくなります。
また、高効率給湯器は、一つのエコ住宅設備としてグリーン住宅ポイントの対象になります。
グリーン住宅ポイントは、申請期限が令和3年10月31日までであるため、高効率給湯器の設置を考えている方は早めに申請しましょう。
石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ
■まとめ


ここでは、石油給湯器とエコフィールでお悩みの方へ、エコフィールとは?エコフィールと石油給湯器の違い、高効率給湯器のエコフィールとエコキュートの比較についてご紹介します。


エコフィールのメリットとしては、次のようなものがあります。


・灯油の使用量が少なくなる


・二酸化炭素の排出量が少なくなる


・エコな暮らしでも快適さが実現する


石油給湯器とエコフィールでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com

おすすめ記事


PAGE
-TOP