生活家電の中の優先順位を徹底解明

2021年6月7日

生活家電の中の優先順位を徹底解明生活家電の中の優先順位を徹底解明
新築時などは、生活家電を購入したいがどのようなものがいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
実は、生活家電を購入するときには優先順位があります。
ここでは、生活家電の中の優先順位を徹底解明するために、生活家電を購入する前に検討すべきポイント、生活家電を購入するときに検討すべきポイント、新築時におすすめの生活家電、新築時はオール電化がおすすめについてご紹介します。
生活家電の中の優先順位を徹底解明
■生活家電を購入する前に検討すべきポイント


新築の住宅に実際に必要な生活家電を購入するためには、前もって購入すべきポイントを把握しておきましょう。
ここでは、生活家電を購入する前に検討すべきポイントについてご紹介します。


●予算を前もって決める


生活家電だけでなく、住宅設備家電などを購入するときは、予算を前もって決めましょう。
生活家電を購入するときでも予算に限りがあると、高いものを無理に購入したり、見境もなく購入しすぎたりすることもしなくなります。
生活家電を購入する予算は、住宅の予算、預貯金、住宅ローンの借入額などを考慮した上で決めるでしょうが、引越しするための費用や住宅ローンを利用するための諸費用なども考慮する必要があります。


●住宅ローンで生活家電を購入する費用は負担できない


また、基本的に、生活家電を購入する費用は住宅ローンでは負担できません。
そのため、生活家電を購入する費用は自己資金で賄う必要があります。
住宅ローンで負担できるのは住宅設備だけで、住宅設備になる組み込みタイプの家具などであれば、住宅ローンで費用を負担できることもあります。
住宅ローンで生活家電の費用が負担できるのは、住宅の施工業者から生活家電を購入するケースなどがありますが、家電量販店で購入するときに比較して高くなることもあります。
また、住宅ローンは借入額が多くなるほど、毎月支払う利息も多くなってきます。
そのため、住宅ローンで生活家電の費用を負担するときは、トータル的な費用や借入額を十分に考慮しましょう。


●こだわりたい生活家電は優先順位を決める


生活家電を購入するときはいろいろこだわりたいでしょうが、将来の住宅ローンの返済も考慮して優先順位を決めて費用を抑えましょう。
例えば、テレビや冷蔵庫、ダイニングテーブル、ソファーなどは、大きく部屋のイメージに影響を与える大切なものです。
この中でも、理想的な部屋のイメージにするためにどうしても必要と考えるものについては優先順位を高くして、購入するのは後からでも問題ないと考えるものについては優先順位を低くすることによって、実際に必要なもののみを購入することができます。
そのため、どうしてもこだわりたい生活家電の優先順位を高くして、別の生活家電を余った予算で購入することも考えましょう。


●現在ある生活家電を使用するか


新築の住宅であれば、全て新しい生活家電にしたくなるでしょうが、無理に購入することもありません。
例えば、引越しする前の住宅にいろいろな生活家電があり、まだ使用できるものや気に入っているものもあるでしょう。
問題なく使用できて、新築の住宅の部屋のイメージにも相応しい生活家電はそのまま使用して、最小限に購入する生活家電をすると、その分予算を別のものに使用することができます。


●部屋のイメージ前もって決める


生活家電を置く部屋のイメージを前もって決めることが大切です。
理想的な部屋をイメージしておくことによって、どのような形やカラーの生活家電が必要かもわかります。
住宅に住む全ての家族で共通の部屋のイメージを前もって決めておくと、イメージのズレが購入するときにないため、生活家電が安心して購入できます。


●それぞれの部屋の大きさなどを前もって掴んでおく


購入した生活家電を問題なく使用するためには、それぞれの部屋の大きさを前もって掴んでおく必要があります。
特に、大型の生活家電の冷蔵庫などや大型の家具のソファーやタンスなどを購入するときは、前もって置くところの広さなどを掴んだ上で広さが問題ないかどうかをチェックしておきましょう。
必要以上に大きい生活家電を無理して購入すると、居住スペースが狭くなります。
また、部屋のイメージに大き過ぎるために合わなくなって、見栄えがインテリアとして悪くなることもあります。
そのため、生活家電を購入するときは十分注意しましょう。
生活家電のテレビや冷蔵庫などを置くところは、自然と電源コンセントの位置によって決まります。
電話線の差し込み口や電源コンセントなどの位置は十分にチェックして、生活家電を購入しましょう。
生活家電の中の優先順位を徹底解明
■生活家電を購入するときに検討すべきポイント


ここでは、生活家電を購入するときに検討すべきポイントについてご紹介します。


●必要最低限の生活家電を購入する


生活家電を住宅の新築時に購入するときは、必要最低限のもののみにしましょう。
便利になるように新しい生活家電を多く購入したいでしょうが、生活するためには必要最低限のもののみでも十分です。
大型の生活家電の冷蔵庫、テレビなどや大型の家具の食器棚、テーブルなどについては、生活するために必要なもののみから購入して、これ以外は生活する中において実際に必要かを判断して購入しましょう。


●外観のみでなく実用性を判断する


内装をおしゃれなものにしたいということで生活家電の外観にもこだわりたいでしょうが、実際に使用してみれば、掃除がしにくい、使用しにくいなどもあり得ます。
せっかく生活家電を購入しても、使用しないと全く意味がありません。
そのため、外観のみでなく、実用性も判断した上で生活家電を購入しましょう。


●生活様式の変化を考慮して生活家電を購入する


世帯が若い夫婦のみのときは、子供が将来的に生まれて家族が多くなることもあります。
そのため、生活様式の変化を考慮して生活家電を購入すると、先々買い替えするものが少なくなります。
例えば、生活家電の洗濯機や冷蔵庫の容量やダイニングテーブルの大きさなどがあります。


●生活家電の機能は必要最低限のものにする


生活家電は価格が高くなるほど機能の高いものが多くなり、使い勝手がいずれもいいように感じるでしょうが、実際に購入して使用してみると機能が多くあり過ぎて使いこなせないなどもあります。
そのため、生活家電を購入するときは必要最低限の機能を検討しておいて、必要以上に機能の高いものを購入しないようにしましょう。


●必要最低限の生活家電から購入する


新築の住宅に住むときには、こだわりの生活家電を購入したいという方も多くいるでしょう。
しかし、限りが予算にはあるため、将来の生活のことも考慮して、まず必要最低限の生活家電を購入して、ゆっくりと時間をかけてこだわりの生活家電を購入しましょう。
生活家電の中の優先順位を徹底解明生活家電の中の優先順位を徹底解明
■新築時におすすめの生活家電


新しい住宅に住み替えるときは、生活家電を新しく購入したいという方も多くいるでしょう。
しかし、どの生活家電をそのまま使用して、どの生活家電を新しく購入するといいかという判断は結構困難です。
ここでは、新築時におすすめの生活家電についてご紹介します。


●洗濯機


新しい住宅に住み替えるときは、生活様式の変化を考慮して、洗濯機は新しく購入する方がいいでしょう。
例えば、若い夫婦のみで生活するのであれば、独身のときに使用していた洗濯機でも問題ないでしょうが、先々子供さんが生まれて洗濯するものが多くなると問題になります。
例えば、幼稚園に入るような年になれば、洗濯物がさらに多くなるでしょう。
あるいは、新しい住宅でしばらく生活してから容量の大きい洗濯機を購入しようとすれば、脱衣所の周囲の洗濯機の設置スペースがなかったり、欲しい洗濯機が排水口の位置の関係で置けなかったりするなどが発生します。
そのため、新築時には洗濯機を購入するのがおすすめでしょう。
子供さんが幼稚園生以上になっているときは、洗濯機としては縦型の方がドラム式よりもいいでしょう。
縦型の洗濯機は水を多く使用して擦り合わせて衣類を洗濯するため、泥汚れがドラム式に比較して落ちやくなっています。
スポーツ系の部活動を子供さんが始めたり、遊び盛りの子供さんであったりすれば、泥汚れがどうしても付いてしまいます。
おすすめの洗濯機としては、AIが搭載されており、自動的に柔軟剤や洗剤を投入する機能を備えているものがあります。
洗濯の手間が少なくなるため、特に共稼ぎの家庭にはおすすめです。
どのような洗濯機を購入すればいいかわからないときは、ぜひ検討してください。


●エアコン


新築の住宅に住むときは、部屋が従来よりも広くなることも多くあるでしょう。
このようなときは、従来使用していたエアコンは子供部屋や寝室などに使用して、広いリビングなどの部屋には風が全体的に行き渡るように、間取りに適したものを購入しましょう。
エアコンとしては、よく設定温度で揉めるのであれば、AIによって吹き分けるタイプがおすすめです。
このエアコンであれば、センサーで部屋にいる人の体温を検知して、風を一人ひとりに応じて吹き分けてくれます。
一方、それほどズレが体感温度にないような家庭、あるいは一緒にペットや赤ちゃんと暮らしているときは、風がまんべんなく部屋全体に行き届いて温度ムラがないエアコンがおすすめです。
というのは、ペットや赤ちゃんにはセンサーが反応しにくいためです。


●冷蔵庫


新築時には、冷蔵庫も新しく購入する方がいいでしょう。
10年程度前の冷蔵庫を使用しているときは、新しいものにするのみで、冷蔵庫の本体の価格が10年間の電気代で回収できるといわれています。
おすすめの冷蔵庫としては、業界のオピニオンリーダーで一般社団法人 日本冷凍空調工業会に入っているようなメーカーのものがあります。
どのようなメーカーの冷蔵庫を購入するか迷ったときは、ぜひ検討してください。
また、冷蔵庫を購入するときは、冷凍室が中段にあるタイプがおすすめです。
というのは、冷凍室が下段にある冷蔵庫であれば、最下部に冷気を作るコンプレッサーのモーターを配置しているため、冷凍の収納が狭くなっているためです。
クオリティが最近の冷凍食品は高いため、大量の冷凍食品をお弁当やおかず用として購入している方も多くいるでしょう。
そのため、大きな冷凍室の方が便利です。
これでも容量がまだ不足するときは、冷凍専用庫を購入するのがおすすめです。
最近はいろいろなメーカーの冷凍専用庫がありますが、いろいろな容量のものが揃っている安いメーカーのものがおすすめです。


●テレビ


新築時には、テレビも新しく購入するのがいいでしょう。
テレビも、冷蔵庫と同じように、新しいものを購入することによって電気代が節約できます。
普通の家庭であれば、テレビは30インチ~40インチのものを使用していることが多くあるでしょうが、最近は安い価格で大型の50インチ~65インチのテレビも購入することができます。
というのは、安い中国のメーカーがテレビを販売しているためです。
このメーカーは、近年、液晶テレビの技術を日本のテレビメーカーから購入しているため、日本のテレビメーカーと品質が同じテレビを作ることができます。
しかも、価格は非常に安く、例えば、6万円程度で60インチのテレビが購入できます。
ネットショップや家電量販店などでも販売しているため、興味があればぜひ検討してください。


●ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)


新築時には、ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)を購入するのがおすすめです。
ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)用の洗剤には、食器用の手洗いで使用する洗剤とは違って、汚れが落ちやすい成分のアルカリ剤や漂白剤などが含まれています。
さらに、しっかりと汚れを70℃のお湯で洗い流すため、間違いなく手洗いするときよりもきれいになり、家事の時間も短くなります。
また、ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)は大量に水を使用するというイメージがあるでしょうが、実際には水を4L~5L循環しているため、手洗いするときと比較しても、水は1/10くらいしか使用していません。
例えば、家族が5人で食器を1日に2回洗うときは、節約効果が20,000円程度年間に期待できるといわれています。
ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)を新築の住宅に住んでから購入すると、配管やキッチンの工事が必要になるため、相当費用もかかります。
そのため、新築時には、ぜひビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)の購入を検討してみましょう。


●最もそれぞれの家庭に適した生活家電を購入する


新築時に新しい生活家電を購入するときは、生活様式の変化にも着目する必要があります。
将来の生活を考慮して、最もそれぞれの家庭に適した生活家電を購入しましょう。
新築時以外には購入しにくいような生活家電のビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)のようなものも中にはあります。
新築時は、家族で十分に相談して生活家電を購入しましょう。


■新築時はオール電化がおすすめ


太陽光発電を設置した住宅や、自宅で使用する電力を自宅で作るスマートハウスなどがありますが、オール電化住宅はこの根本になっています。
日本国内のオール電化住宅の普及率は、全国平均で2015年には約12%で、約8世帯に1世帯の割合です。
電力自由化が2016年にスタートしたこともあり、オール電化住宅は今後一層普及すると考えられています。
ここでは、オール電化住宅のメリットなどについてご紹介します。


●オール電化住宅とは?


オール電化住宅というのは、家庭内の給湯、調理、空調などを電力で全て賄う住宅のことです。
従来は、給湯というとガス給湯器、調理というとガスコンロがメインでした。
しかし、このような機器を電気で賄うことによってガス代が無くなり、光熱費の低減や火災の発生の防止などのために、オール電化住宅が普及するようになりました。
ガス給湯器をエコキュートに交換して、ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換することによって、オール電化住宅が非常に普及するようになりました。
さらに太陽光発電が普及することによって、急激にオール電化住宅が普及してきました。
オール電化住宅の普及率は先にご紹介したように約12%ですが、新築住宅での比率は30%をオーバーしており、60%以上の比率になっている地域もあります。


●本当にオール電化住宅はお得か?


総務省のデータによれば、一般家庭でガスと電気を併用しているときは、1ヶ月間の平均の光熱費が18,651円で、この中の11,203円が電気代になっています。
そして、調査データとしては、オール電化住宅の平均の1ヶ月間の電気代が15,905円というものがあります。
そのため、1ヶ月間の平均の光熱費は、オール電化住宅の方が2,746円低減できるようになります。
1年間では、光熱費が32,952円も低減できるようになります。
1ヶ月間の光熱費の低減の2,746円をどのように考えるかは個人によって違ってくるでしょうが、オール電化住宅のメリットは太陽光発電がこれにプラスされることでしょう。
太陽光発電を設置するためにはイニシャルコストが掛かりますが、これを考慮しても十分に設置する効果があるでしょう。


●オール電化住宅のメリット


オール電化住宅にすることによって、光熱費が低減きるだけでなく、これ以外にもメリットがあります。
ここでは、オール電化住宅のメリットについてご紹介します。


・光熱費が低減できる
オール電化住宅にすることによって、光熱費のほとんどを占めるといわれているエアコンなどの電気代と給湯のガス代が低減できます。
しかし、どの程度低減できるかは、設置するオール電化住宅の設備や電気料金プランなどの契約スタイルによっても違うため、最も自分の家庭に適したものを選ぶことが大切です。
例えば、昼間は共稼ぎで留守にしていることが多いときは、昼間の電気料金が高く、深夜電力が安くなる電気料金プランにすると、低減効果がより高くなります。
一方、オール電化住宅にすることによって電気代が高くなるため、消費電力が電気温水器に比較して半分以下になるエコキュートがおすすめです。
イニシャルコストは高くなりますが、ランニングコストで回収できるため現在ではエコキュートに多くの人が交換しています。
最近は、次世代型の省エネ性がさらに高いエコキュートもあります。
そのため、エコキュートに交換するのが結構おすすめです。


・一本に支払いができる
ガスと電気を一本にまとめることによって、支払いや光熱費の管理が容易になります。
さらに、基本料金がそれぞれガスと電気は掛かかるため、ガスの基本料金が電気だけにまとめることによって掛からなくなります。
わずかのことかもしれませんが、多くの地域はガスの基本料金が月あたり1,000円~2,000円であるため、年間では20,000円くらい低減できるようになります。


・火災の発生が予防できる
ガスコンロを調理用に使わないため、火災の発生だけでなく、一酸化炭素中毒やガス漏れのリスクも無くなります。
特に、一人で小さい子供さんが留守番をしたり、自分で高齢者がガスコンロを使用したりするような家庭のときは、非常にメリットになります。


・災害が発生したときに生活用水が一時的に確保できる
災害が発生したときには、生活用水としてエコキュートの貯湯タンク内のお湯や水を使用することができます。
しかし、飲み水としては使用できませんが、災害が発生したときに自由に使用できるお湯や水があると洗顔やトイレなどにも使用できます。
また、災害が発生したときには、電気、水道、ガスのライフラインの中では電気が最も早く復旧するといわれています。
このようなことから、普段の生活をより早く取り戻すためにはオール電化住宅が最もおすすめであることがわかります。


・地球に対して優しい
使用する電気が少なくなると、排出する二酸化炭素の量もその分少なくなります。
また、上手く深夜電力を利用することによって、発電所自体で発電する電力量が少なくできる効果もあるといわれています。
そのため、オール電化住宅は地球に対してもいい効果を与えてくれるようになります。


●オール電化住宅で注意すること


一方、オール電化住宅では、注意することもあります。
ここでは、オール電化住宅で注意することについてご紹介します。


・イニシャルコストが高い
オール電化住宅では、それなりにイニシャルコストが掛かるため注意する必要があります。
単純にエコキュートと IH クッキングヒーターのみに交換してガスを使用しないときは、50万円~100万円くらいのイニシャルコストになります。
しかし、太陽光発電をこれにプラスするときは、大幅にイニシャルコストが高くなります。
オール電化住宅をどの程度まで希望するかによってイニシャルコストが違ってくるため、十分に検討しましょう。


・電気料金が昼間に高くなる
安い深夜電力の電気料金プランのときは、電気料金が昼間に高くなります。
そのため、家族が昼間にいる家庭のときは、電気代がかえって高くなることもあります。
家族の生活プランに見合った電気料金プランを選びましょう。


・ IH クッキングヒーターは好き嫌いがある
IHクッキングヒーターは、ガスを使用しないため火を使いません。
そのため、強い火力が必要な中華料理のような料理には適していないというような人もいます。
また、IHクッキングヒーターの使用方法が高齢の方の中にはわからないような人も多く、火を使わないために鍋が高温になっているのがわからなくて火傷することも多くあるようです。
そのため、誰が主に調理するかや家族構成などについて、十分に検討しましょう。


●オール電化住宅は十分に検討する


オール電化住宅は、メリットが多くあります。
しかし、オール電化住宅は注意することもあります。
光熱費がオール電化住宅は低減できますが、それぞれの家庭の生活スタイルによって違っており、光熱費がかえって高くなることもあります。
トータル的にこのようなことを考慮して、オール電化住宅にするかどうかを十分に検討する必要があります。
生活家電の中の優先順位を徹底解明
■まとめ


ここでは、生活家電の中の優先順位を徹底解明するために、生活家電を購入する前に検討すべきポイント、生活家電を購入するときに検討すべきポイント、新築時におすすめの生活家電、新築時はオール電化がおすすめについてご紹介しました。
生活家電を購入する前に検討すべきポイントとしては、次のようなものがあります。


・予算を前もって決める


・住宅ローンでは生活家電を購入する費用は負担できない


・こだわりたい生活家電は優先順位を決める


・現在ある生活家電を使用するか


・部屋のイメージ前もって決める


・それぞれの部屋の大きさなどを前もって掴んでおく


生活家電を購入するときに検討すべきポイントとしては、次のようなものがあります。


・必要最低限の生活家電を購入する


・外観のみでなく実用性を判断する


・生活様式の変化を考慮して生活家電を購入する


・生活家電の機能は必要最低限のものにする


・必要最低限の生活家電から購入する


新築時におすすめの生活家電としては、次のようなものがあります。


・洗濯機


・エアコン


・冷蔵庫


・テレビ


・ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)


新築時はオール電化にして、光熱費が低減できるエコキュートに交換するのがおすすめです。


生活家電の中の優先順位を徹底解明したい方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com

おすすめ記事


PAGE
-TOP