ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年3月11日

ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
マイホームを建てるのであれば、やはり寿命が長く、資産価値が高いものにしたいでしょう。
寿命が長くて資産価値が高い住宅を建てたいときはヤマト住建がおすすめです。
ヤマト住建は、長寿命で資産価値の高い住宅を目指しています。
ここでは、ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ、ヤマト住建の家づくりポリシー、ヤマト住建の商品ラインアップ、ヤマト住建のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■ヤマト住建の家づくりポリシー


ここでは、ヤマト住建の家づくりポリシーについてご紹介します。


●日本の住宅を「世界基準」に


日本の住宅は、約30年が平均寿命であるといわれています。
一方、住宅の平均寿命はアメリカでは約96年、イギリスでは約141年ということです。
また、ドイツはエコハウス先進国といわれていますが、断熱性が優れている住宅が当たり前になっています。
日本は、車や家電品の分野では世界基準ですが、住宅の分野では世界基準から程遠くなっています。
ヤマト住建は、全国のお客様が住宅を通じて喜んでくれる会社になるため、長寿命、安い、広い、高性能、そして「資産価値の高い」家づくりを追い求めて、世界基準に日本の住宅をすることを目指しています。
ここでは、ヤマト住建の家づくりに対する想いについてご紹介します。


・生涯の使命は頑丈で安心な家づくり
第二室戸台風は、昭和36年に四国を通って阪神間に上陸しました。
この台風の暴風雨は、統計史上最大のものになりましたが、屋根瓦が飛び散って、柱が音を立ててきしみました。
ヤマト住建の会長は、このような体験から、頑丈でどのようなことがあっても安心できる住宅が欲しいと考えるようになって、これが生涯の仕事になりました。


ヤマト住建は昭和62年に創業してから、安心できる住宅は丈夫な住宅であるとして住宅を提供する中において、阪神・淡路大震災が平成7年1月に発生しました。
被災地であった神戸市には、ヤマト住建の本社だけでなく、多くのヤマト住建のお客様の住宅がありましたが、全壊は全くありませんでした。
ヤマト住建は、安心して住める住宅を目指しています。


・健康快適住宅が小さな子供さんの鳴き声から生まれた
健康快適住宅を、平成13年2月に開発しました。
この住宅のきっかけは、小さな子供さんが重いアトピー性皮膚炎に悩んでいる泣き声でした。
ひ弱で無垢な赤ちゃんにも優しい住宅をというお客様の意見をベースに、天然素材にこだわって造った住宅は、大きくヤマト住建が伸びるきっかけになりました。
ヤマト住建にとっては、お客様の生の意見が大切です。


お客様の意見や要望が、お客様が喜んでくれる住宅の開発や問題の改善に繋がります。
この後も、快適・健康に住める住宅を目指して、内・外W断熱、外張り断熱工法の採用など、健康快適住宅を断熱性能にもこだわって開発しています。
断熱性能をアップすることは、快適性が温熱環境の改善によってアップするのみでなく、急激な温度差による心筋梗塞部や脳出血などの要因になるヒートショックを防ぎます。
また、現在の健康状態が断熱化することによって改善することもわかっています。
ヤマト住建は、これからも快適・健康に住める、住んで幸せになれる家づくりを追い求めていきます。


・価格に対しての安心と信頼
家づくりは、一生に1回の高い買い物です。
特に、住宅を初めて建てるほとんどの方は価格面が不安になるでしょう。
ヤマト住建は、創業してから、住宅を建ててくれたお客様に協力してもらうハウジングモニター制度をメインにした営業を展開してきました。


印刷物やコマーシャルなどの宣伝費は最小限にして、資金を住宅自体に集中的に投下し、満足できる価格で提供できるようにしています。
ヤマト住建の家づくりに対する想いの歴史は、商品開発の歴史でもあります。
ヤマト住建の営業・設計などの全ての社員がお客様と顔を突き合わせて、住宅にお客様のニーズを反映し続けた歴史です。
ヤマト住建の願いは、丈夫さ、価格、健康の全ての面で、満足して安心できる家づくりを通して幸せをお客様に体感して欲しいということです。
ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
●高気密・高断熱で健康な住宅


ヤマト住建は、すっぽりと住宅全体を断熱材で包み込む外張り断熱、窓からの熱損失を少なくする樹脂サッシなど、快適・健康に住める住宅を目指して、家づくりを断熱性能にこだわって行っています。
ここでは、住宅を断熱化するメリットについてご紹介します。


・現在の健康状態が断熱化することによって改善する
健康のために、食生活や禁煙などの生活習慣に注意している方もいるでしょう。
しかし、健康のためには、実際には住宅の断熱性能の改善の方が生活習慣の改善よりも大切です。
あまり日本では知られていませんが、欧米では誰もが健康と住宅の断熱性能の関係を知っています。
住宅の断熱性能は、冷え性や風邪以外に、アレルギーのアトピー性皮膚炎などの改善にも効果が期待できることがわかっています。


飲酒、結言、運動、断熱の中では、健康改善には断熱が最も効果が期待できます。
ここでは、近畿大学建築学部の岩前研究室の高断熱住宅の健康改善効果についてご紹介します。
健康改善率は、新しい住宅で症状が出なくなった人を前の住宅で症状が出ていた人で割って100をかけたものです。
症状としては、気管支喘息、喉の痛み、咳、アトピー性皮膚炎、手足の冷え、肌のかゆみ、目のかゆみ、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎があります。
いずれの症状も、新しい住宅の断熱グレードが高くなる、つまりQ値(W/㎡・k)が小さくなるほど健康改善率もアップします。
省エネで考えれば、国が決めている省エネ基準のQ値が2.7W/㎡・kくらいの断熱性能があると十分であるとされていましたが、断熱性能をさらにアップすると、健康改善に効果が期待できることがわかっています。


・家の中の温度差が要因になるヒートショックの防止
暖かい暖房の効いた部屋から寒いトイレや浴室などに動いたときには、血圧が急激な温度差によって変わり、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞等が起きるヒートショックの要因になります。
ヒートショックに関係して亡くなった人は、交通事故で亡くなった人の3倍になるともいわれています。
そのため、住宅を断熱すると、室内の温熱環境が改善して快適性がアップする以外に、急激な温度変化によるヒートショックの防止にも効果が期待できます。


・ヤマト住建の住宅の断熱性能
ここでは、ヤマト住建の住宅の断熱性能についてご紹介します。
ヤマト住建の住宅は、「外張り断熱工法」という屋根から基礎まですっぽり断熱材で隙間なく包み込むものを採用しています。
高気密・高断熱であるため、快適で夏は涼しく、冬は暖かいスペースを実現します。
一般的な充填断熱工法(内断熱)は、断熱材が柱と柱の間に入っています。
しかし、充填断熱工法(内断熱)は温度差が柱の内側と外側でできて、断熱の連続を妨害されます。
また、施工をきっちりと行わなければ、隙間が柱と断熱材の間などにできやすくなります。
一方、外張り断熱工法(外断熱)は、断熱材で住宅を外側から覆うものです。
外張り断熱工法(外断熱)は、断熱材で住宅を隙間なく覆うため、外気の影響を構造体が受けにくくなります。
そのため、断熱性能が高くなり、部屋の中の温度も安定します。
断熱性がいかに高い住宅でも、住宅の隙間が多いとせっかく室内が冷暖房で快適になっても、すぐに熱・温度は失われて、冷暖房の性能が発揮できません。


ヤマト住建の住宅では、確かな技術を持っている職人が施工を丁寧に行って気密性をアップしています。
ヤマト住建の住宅は、Low-Eトリプルガラスを使った高断熱樹脂サッシを採用しています。
快適にシーズンを通して暮らすためには、開口部や窓の性能をアップし、最小限に暑さ寒さの影響を抑えることが大切です。
夏のシーズンは窓から熱が73%も室内に流入し、冬のシーズンは窓から熱が58%も室内から流出します。
この値は屋根や壁からは10%~20%未満であるため、住宅の快適性が窓の性能によって大きく影響されることがわかります。
高断熱の樹脂サッシを採用することによって、窓の機密性能・断熱性能をアップしています。
遮熱効果・断熱効果があるLow-E複層ガラスに、熱伝導率が空気よりも小さいアルゴンガスを封入することによって、大幅に日射熱と紫外線をカットしています。
サッシに使っている樹脂素材の熱伝導率は、アルミニウムの約1,000分の1です。
結露が発生しにくいため、ダニやカビの発生が抑制でき、さらに大幅に防音効果もアップします。
ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■ヤマト住建の商品ラインアップ


ここでは、ヤマト住建の商品ラインアップについてご紹介します。


●「エネージュUW」


「エネージュUW」は、優れた省エネ性能の世界基準をクリアする優れた住宅です。
「エネージュUW」は、楽にZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をクリアした性能の高い住宅です。
非常に断熱性能が高く、W断熱を屋根と壁には採用して、トリプルガラス樹脂サッシを窓には採用しています。
気密性能も1.0以下のC値ということで、快適な状態で部屋の温度をずっと保つことができます。
耐震性能も耐震等級3相当であるため、地震の衝撃に対しても強い住宅です。


●「エネージュSE」


「エネージュSE」は、基本設備が省エネ性能の高い住宅です。
住みやすい環境を、快適な空間を常に保ってサポートします。
「エネージュSE」は、住宅の屋根や基礎、壁など、断熱材を住宅全体に使うことによって、寒冷地でも暖かいスペースを保つことができます。
2020年に決められた新省エネルギー基準を、「エネージュSE」は満たすZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。


●「エネージュPLUS」


「エネージュPLUS」は、エネルギープラス住宅で、未来の10年後に向けてデザインした未来型の住宅で、より未来の生活が豊かになります。
「エネージュPLUS」は、ゼロに光熱費をして、太陽光発電を利用することによって光熱費を補って、発電した電力をさらに売買することによってプラスにするという住宅です。
ヤマト住建では、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)がこれ以外にもありますが、「エネージュPLUS」は省エネ仕様が13%程度高いというメリットがあります。
未来の光熱費0円という住宅は、今もうすでに「エネージュPLUS」でスタートしています。


●「エネージュW」


「エネージュW」は、省エネ仕様の住宅で、断熱性・気密性に特化したものです。
家計にも体にも優しい住宅であるため、住むほどに愛着が沸いてくるでしょう。
「エネージュW」は、住宅の内側・外側からW断熱する以外に、非常に断熱性能が高い樹脂サッシを使うことによって住宅の性能をさらにアップしました。
快適な湿度や温度の住宅は、大きな影響を将来の健康にも与えます。
健やかな日々は、メンタルケア、体の健康など、多くのメリットがあります。
ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
●「エネージュE」


「エネージュE」は、エコハウスの究極のものを目指した住宅です。
寒くも暑くもない省エネ仕様を徹底して、快適なライフスタイルが年中送れるように工夫されているのがメリットです。
「エネージュE」は、まるで住宅の中が魔法瓶のように暖かいことが特徴です。
樹脂サッシを使うなどの断熱性能があります。
また、天然無垢材を床材に使って、さらに住宅を守るパワーをアップしました。
「エネージュE」は、これ以外にも、耐震等級3相当の耐震性にプラスして、制振ダンパーevoltzを設けており、地震に対して強い住宅です。


●「エネージュIP」


「エネージュIP」は、特にコストパフォーマンスを重要視した住宅です。
2階建ての住宅が、ローコストで建てられます。
「エネージュIP」は、非常にコストパフォーマンスが高く、住宅本体、自由設計、外張り断熱工法、制振ダンパー、付帯工事費、諸費用のセットが1,630万円(税別)という破格の価格がメリットです。
しかも、自由設計であるため間取りが自由で、断熱性能も優れた省エネ仕様になっています。
当然ですが、住宅の設備も性能のいい最新のものであるため、着目度が高くなっています。


●「エネージュIP3F」


「エネージュIP3F」は、1,930万円(税別)で3階建ての注文住宅が建てられる、建設費が抑えられる住宅です。
エネージュシリーズの断熱性能のままで、価格が安いというメリットがあります。
「エネージュIP3F」は、住宅本体、自由設計、外張り断熱工法、建築確認申請費、付帯工事費、制振ダンパー、諸費用、準防火費用、構造計算費用がセットで、リーズナブルな1,930万円(税別)という価格で3階建ての住宅を建てることができます。
「エネージュIP3F」は、自由設計であること・耐震性能が高いこと・断熱性能が高いことは、エネージュシリーズと同じであるため、メリットが非常に大きい住宅です。


●「エネージュK」


「エネージュK」は、コストを抑えながら高い断熱性能の住宅です。
しかし、自由設計であるため、こだわりの住宅を建てることができます。
こだわりの住宅を建てたい方に、「エネージュK」はおすすめです。
二世帯住宅を建てたかったり、自宅兼カフェのような住宅を建てたかったり、のびのびとスペースを使いたかったりするなど、間取りは自由設計であるため自由自在です。
さらに、低価格で建てることができるため、相当コストパフォーマンスは高くなります。
「エネージュK」は、耐震性能・断熱性能ともに優れた住宅です。


●「エネージュSGR」


「エネージュSGR」であれば、庭のある戸建てが実現します。
新しい屋上庭園のライフスタイルを利用して、充実感と開放感のある生活が実現します。
「エネージュSGR」のメリットは、屋上庭園を提案する住宅デザインです。
庭を自分の住宅に持つことが夢であると思っている方も多くいるでしょうが、土地が無いために諦めることもあるでしょう。
しかし、「エネージュSGR」の屋上庭園であれば場所を気にしないで、広い庭を入手することができます。
子供さんの遊び場としてもおすすめです。
ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■ヤマト住建のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、ヤマト住建のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


●第1位:ダイキンエコキュートのEQ37VFV


ダイキンエコキュートのEQ37VFVは、フルオートタイプの一般地仕様の角型のパワフル高圧で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第2位:コロナエコキュートのCHP-46AY3


コロナエコキュートのCHP-46AY3は、一般地向けフルオートのハイグレードタイプで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力(最高使用圧力190kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線 LAN 対応インターホンリモコン選択時)、無線 LAN 対応インターホンリモコン、インターホンリモコン、高精細バックライト液晶、浴室優先、休止、呼び出し機能、表示消灯、リチウム電池搭載、タンク湯増し時間選択、施工時診断機能などがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第3位:日立のエコキュートBHP-F37SD


日立のエコキュートBHP-F37SDは、「水道直圧給湯」フルオートのナイアガラ出湯の一般地仕様(-10℃対応)で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、水道直圧給湯パワフルシャワー、高速湯はり(約9分30秒)、追いだき、ダブル湯温設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。
なお、機能の詳細については日立のエコキュートのカタログなどを参照してください。
ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方へ、ヤマト住建の家づくりポリシー、ヤマト住建の商品ラインアップ、ヤマト住建のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。
ヤマト住建の家づくりポリシーとしては、次のようなものがあります。


・日本の住宅を「世界基準」に


・高気密・高断熱で健康な住宅


ヤマト住建のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位はダイキンエコキュートのEQ37VFV


・第2位はコロナエコキュートのCHP-46AY3


・第3位は日立のエコキュートBHP-F37SD


ヤマト住建のエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP