シャワーヘッドの交換をご検討の方へ

2021年6月8日

シャワーヘッドの交換をご検討の方へ
エコキュートを使っている方の中には、シャワーの水圧をもっと強くしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
このような方は、シャワーの水圧を強くするためにシャワーヘッドを交換するのがおすすめです。


ここでは、シャワーヘッドの交換をご検討の方へ、シャワーヘッドの交換方法、おすすめのシャワーヘッドについてご紹介します。
シャワーヘッドの交換をご検討の方へ
■シャワーヘッドの交換方法


ここでは、シャワーヘッドの交換方法についてご紹介します。


●シャワーヘッドは自分で交換できる


シャワーヘッドを交換するときは、水道業者に頼む必要があるか、自分で交換できるかが気になるでしょうが、シャワーヘッドはほとんど自分で交換できます。
自分でシャワーヘッドを交換するときは、水が急に出てくるのではないか、シャワーヘッドが合わないのではないか、などと心配になるかもしれませんが、実際には交換が容易にできます。


●シャワーヘッドを交換する前にチェックする


シャワーヘッドを交換する前には、シャワーヘッドが交換できるかをチェックする必要があります。
というのは、シャワーヘッドとシャワーのホースが取り外しできないものもたまにあるためです。
シャワーのホースとシャワーヘッドが取り外しできなければ、シャワーのホースも一緒に交換する必要があります。
そのため、シャワーヘッドを購入した後でシャワーのホースが取り外しできないようになっていたと後悔しないためにも、交換できるかをまずチェックしてください。
シャワーヘッドとシャワーのホースが取り外しできないときは、一緒にシャワーのホースも交換してください。
次に、シャワーヘッドのメーカーをチェックします。
一般的に、メーカーはシャワーヘッドとシャワーのホースの繋ぎ目付近、混合水栓の根元付近に記載されています。
シャワーヘッドの主なメーカーとしては、TOTO、INAX、LIXIL、MYM、KAKUDAI、SAN-EI、KVKなどがあります。
一般的に、シャワーヘッド、シャワーのホース、混合水栓は同じメーカーで揃えることが多くあります。
そのため、混合水栓のメーカーがわかると交換できるシャワーヘッドもわかります。
例えば、混合水栓のメーカーがTOTOであれば、TOTOのシャワーヘッド、シャワーのホースが使えます。
しかし、トラブルなどを防止するためにも、メーカーがはっきりとわからないときは、業者やメーカーなどにシャワーヘッドや混合水栓の写真を送って問い合わせましょう。


●メリットのあるシャワーヘッドに交換しよう


シャワーヘッドを交換するときは、メリットのあるものを選びましょう。
例えば、アトピーや敏感肌で悩んでいるときは塩素が除去できるシャワーヘッド、水道代を安くしたいときは節水タイプのシャワーヘッド、肌の調子が良くないときは軟水シャワーヘッドなどがおすすめです。
いろいろなタイプのシャワーヘッドが世の中にはあります。
特に機能はないが、単に気持ちがいいのみのシャワーヘッドもあります。
普段なんとなく使っているシャワーでも、気持ちがいいと少し幸せな感じになるでしょう。
ここでは、メリットのあるシャワーヘッドについてご紹介します。


・美容機能・健康機能
汚れが落ちる、肌が潤うというような新しいシャワーヘッドは、軟水変換、マイクロナノバブルなどの充実した機能があるため、シャワーを使っているのみで体に嬉しいメリットがあります。


・節水機能・手元止水機能
節水機能のシャワーヘッドは、使うお湯の量を節約するために、シャワーのお湯が出る穴を少なくしたり、小さくしたりしたものです。
蛇口を閉めなくても、シャワーをボタンだけで止められる手元止水機能があればもっと節水ができます。


・塩素除去機能
シャワーヘッドに、水道水に含まれている塩素が除去できるカートリッジが付いているものです。
ほとんどのものがカートリッジを定期的に交換する必要があるため少し費用は高くなりますが、高い人気があります。
付いている機能によってシャワーヘッドの価格は大きく違うため、希望する機能と予算に応じてシャワーヘッドを選びましょう。


●シャワーヘッドの交換方法


ここでは、シャワーヘッドの交換方法についてご紹介します。


・シャワーヘッドの取外方法
シャワーヘッドの取り外しは困難と思うかもしれませんが、実際にはシャワーヘッドとシャワーのホースの接続部分を回すのみで取り外せます。
左向きに回すと取り外せるようになっているため、シャワーヘッドが非常に古くてがっちりと水垢が付いていなければ、力の強くない女性でも簡単に取り外しができます。
古くてがっちりと水垢が付いているシャワーヘッドのときは、ゴムの手袋を着けて少し力を入れ回してみましょう。
これでも回らないときは、シャワーのホースとシャワーヘッドを一緒に交換しましょう。
賃貸住宅に住んでいるときは、取り外したシャワーヘッドが退去するときに必要になるため、大切に保管しておきましょう。


・シャワーヘッドの取付方法
シャワーヘッドの取り付けは、取り外したときと反対向きに回します。
なお、シャワーヘッドとシャワーのホースのメーカーが違うときは、ネジの種類にちょっと注意しましょう。
日本のメーカーであれば、シャワーヘッドとホースのメーカーが違っていても、ほとんどアダプターを付けると取り付けができるようになっています。
しかし、アダプターでも対応できないときも中にはあります。
特に、ホースが外国製のときに多くあるため注意しましょう。
TOTO、LIXIL(INAX)、KAKUDAI、SAN-EIのシャワーのホースであれば、 そのままメーカーのほとんどのシャワーヘッドが取り付けできます。
一部のメーカーのKVK、MYMなどのものはネジの種類が違うため、付属のアダプターをシャワーヘッドとシャワーのホースの間に付ける必要があります。
シャワーヘッドはこれ以外のメーカーのシャワーのホースでも取り付けできることもありますが、外観的には問題ないと思ってもネジ山が違っていることがあります。
そのため、シャワーを使っているときに壊れて怪我をすることもあるため、念のため水道業者やメーカーに相談するのがおすすめです。
シャワーヘッドを交換するときは、必ずシャワーヘッドの取扱説明書をチェックして下さい。


●シャワーのホースの交換方法


シャワーヘッドを交換すると、シャワーのホースの汚れが目に付くようになった、シャワーのホースとシャワーヘッドのカラーが違うため気になるなどというようなこともあるのではないでしょうか。
そのため、シャワーヘッドを交換したときは、シャワーのホースも一緒に交換しましょう。
シャワーのホースは消耗品で、寿命は実際には5年間くらいです。
シャワーのホースは、古くなってくるとひび割れしたり、固くなったり、水が漏れたりします。


水漏れがシャワーヘッドとシャワーのホースの接続部分などから発生したときは、シャワーヘッドでなく、シャワーのホースの劣化の可能性があります。
このときは、シャワーヘッドを交換しても水漏れは止まらないため、シャワーのホースを交換する必要があります。
シャワーのホースの交換も意外と容易です。
シャワーのホースも合わないメーカーがあるため、どれでもいいということではありません。
メーカーがシャワーのホースにはどこかに表示されているため、必ずチェックして下さい。


ここでは、シャワーのホースの交換方法についてご紹介します。
混合水栓とシャワーのホースの接続部分を取り外します。
ほとんどは手で取り外しできますが、水垢で固まったり古かったりするときは、モンキーレンチあるいはプライヤーを使いましょう。
壁とシャワーのホースの接続部分との隙間が狭いときは、接続部分のナットが手が入りにくいために回しにくいこともあります。
このときは、混合水栓と一緒に取り外して、シャワーのホースを交換するようします。


しかし、少しこの方法は困難であるため、得意でない方は自分で無理に交換しないで、水道業者に頼みましょう。
次に、交換するシャワーのホースを取り付けます。
取り付けすると、必ず水が問題なく出るかをチェックしましょう。
なお、賃貸住宅でシャワーのホースを交換するときに、接続部分が道具を使う必要があるくらい硬いときは、壁などを傷つけることがあります。
そのため、自分で無理に外さないで、大家さんあるいは管理会社に問い合わせてみましょう。
シャワーヘッドの交換をご検討の方へ
■おすすめのシャワーヘッド


水圧の強いシャワーは、心地いいバスタイムには必要なものです。
強い水圧のシャワーは、皮膚や髪の毛の根元にある皮脂の汚れを洗い出したりする効果が期待できます。
そのため、マッサージ、洗浄、水道光熱費の低減などの効果がいろいろ期待でき、商業施設のホテルや温浴施設などでも使われています。
しかし、いろいろなメーカーから多く販売されているため、どれがいいかわからないのではないでしょうか。
ここでは、おすすめのシャワーヘッドについてご紹介します。


●水圧の強いシャワーヘッドで期待される効果


水圧の強いシャワーヘッドは、一般家庭だけでなく、ホテルや温浴施設などいろいろなところで使われています。
ここでは、水圧の強いシャワーヘッドで期待される効果についてご紹介します。


・洗浄効果だけでなく、心地いい刺激もある
小さい穴から水圧を受けてお湯が出るシャワーヘッドは、従来のものより水流が強いため、きれいに毛穴や皮膚の皮脂汚れを洗い流してくれます。
また、肌を強い水流で刺激することによって、心地いい刺激があるでしょう。


・節水効果も期待できる
散水板の個数と穴、配列によって、従来のシャワーヘッド以上の節水と肌あたりが実現できるものも多くあります。
止水スイッチが手元にあるものや、家族で使っているときは購入費が数ヶ月間で回収できるくらい水道代が低減できるものなどがあります。
シャワーが好きな子供さんがいるときは、非常におすすめでしょう。


・電気代・ガス代が節約できる
節水効果が期待できるため、使っている給湯器の電気代・ガス代が節約できます。
しかし、シャワーの水流は細かいために浴室の温度に影響されやすく、冬のシーズンの気温の低いときは肌寒く感じることもあり、使うときにはシャワーヘッドを近づけるなども必要になります。


●水圧の強いシャワーヘッドの選び方


ここでは、水圧の強いシャワーヘッドの選び方についてご紹介します。


・散水板の穴の大きさ、数、配列に注意
シャワーヘッドの散水板は、シャワーの強さに影響を与えます。
多くはステンレス製のものが採用されており、それぞれのメーカーによって穴の大きさ、数、配列に特徴があります。
シャワーの水圧は小さい穴で数が少ないほど強くなるため、強い肌あたりの勢いのあるシャワーになり、シャワーの広がりは配列によって決まります。


・メンテナンスの容易さ
気がつくと数本のシャワーが変な方向に飛んでいるようなこともあるのではないでしょうか。
この要因は、散水板が水道水に含まれている天然カルシウムやソープ・シャンプーなどによって目詰まりしていることです。
もともとの心地いい肌あたりのシャワーにするためにも、簡単に散水板が取り外せて清掃できるものを選びましょう。


・止水ボタンや止水スイッチが付いている
シャワーヘッドとしては、シャワーを止める止水ボタンや止水スイッチが手元に付いている非常に便利なものもあります。
シャワーはつい無駄に流してしまうため、嬉しい節水できる機能です。
また、節水効果と便利さのみでなく、給湯器の電気代やガス代というような光熱費も低減できます。
なお、シャワーヘッドを守るため、水が止水スイッチを押しても少し流れるものもあります。
トラブルではないため、十分にシャワーヘッドの取扱説明書などチェックしておきましょう。


・自宅のシャワーのホースに接続できるかもチェックする
シャワーヘッドの交換は考えているよりも簡単です。
日本国内で市販されている多くのシャワーヘッドは、工具が特に必要なく、簡単に回すことによって交換ができます。
なお、自宅のシャワーのホースに買うシャワーヘッドが接続できるかもチェックしましょう。


シャワーヘッドとシャワーのホースのメーカーが違うときは、そのままでは接続できないことがあるため注意してください。
自宅のシャワーのホースが買うシャワーのヘッドのメーカーと同じであれば、そのまま接続できる可能性が大きくなります。
違うメーカーでもそのまま接続できることもありますが、専用のアダプターが多くは必要です。
シャワーヘッドにアダプターは付いていることが多くありますか、もし付いていなければそれぞれのメーカーの公式のネットショップなどで買う必要があります。
シャワーヘッドによっては、シャワーのホースと一緒に交換する必要があるタイプ、日本国内の規格と違う外国製のタイプ、混合水栓やバランス釜に接続できないタイプなどもあります。
せっかくシャワーヘッドを新しく買ったにも関わらず接続できないというようなことにならないように、必ず買う前にはチェックしておきましょう。


●おすすめの水圧の強いシャワーヘッド


ここでは、おすすめの水圧の強いシャワーヘッドについてご紹介します。
強い水圧、節水効果だけでなく、デザイン性の高いものも多くあるためぜひ参考にしてください。


・アラミックの3Dアースシャワー・ヘッドスパ(3D-B1A)
このシャワーヘッドは、お家ヘッドスパができ、自由自在に動くものです。
シャワーヘッドは、3D仕様で、上下90°、左右360°回ります。
角度は、フックに掛けたままで微調整できます。
手が使えなくて困るペットや子供さんが入浴するときには、便利に利用できるでしょう。
止水スイッチが付いているため、オン・オフがすぐに切り替えできます。
また、高速水流機能を使うと、本格ヘッドスパが簡単に家庭で体験できます。
予算や時間の都合によって、施術を美容室で受けるのが困難なときはおすすめです。
過度な圧力を防止するセーフティバルブが搭載されており、水流の強さも微調整できます。
使い勝手がいいため、プレゼントとしてもおすすめです。
止水スイッチがあります。
取り付けできるシャワーのホースのメーカーとしては、アダプターを使う必要がないのがLIXIL(INAX)、SANEI、KAKUDAI、TOTO、GROHE、その他の外国製、付属アダプターを使う必要があるのがKVK、MYM、ノーリツ、リンナイ、その他のガス機器社製です。


・アラミックの節水のシャワープロ プレミアム(ST-C3BA)
このシャワーヘッドは、豊富なカラー展開があり、強さも微調整できます。
モードとしてはソフト・ハードがあり、ソフトモードは敏感肌の方や子供さんにおすすめです。
ハードモードは、浴びごたえがあるため、体が爽快に流せます。
レバー式の切り替えで、中間くらいの強さに好みに応じて設定することもできます。
シャワーヘッド部分には止水スイッチと止水レバーの2つが付いており、取り扱いやすいためおすすめです。
カラーとしてはホワイト・ブラック・シルバーなどが展開されており、インテリアに応じて選ぶことができます。
4種類のアダプターも付いているため、シャワーのホースのほとんどに取り付けられます。
散水穴径は0.3 mmで、穴数は250個です。
止水スイッチがあります。
取り付けできるシャワーのホースのメーカーとしては、アダプターを使う必要がないのがTOTO、LIXIL(INAX)、SANEI、KAKUDAI、GROHE、その他の外国製、付属のアダプターを使う必要があるのがKVK、MYM、ノーリツ、リンナイ、その他のガス機器社製です。


・rokeyeのシャワーヘッド
このシャワーヘッドは、全ての操作がシャワーヘッド回りででき、節水するためにも便利です。
特徴としては、レイン・マッサージ・スプレーの中からモードが選べることです。
レインは特に体に優しく、ストレスや疲労が軽減する働きも期待できます。
ゆっくりと湯船に浸かる時間がないがちょっとでもリラックスしたいというような方におすすめでしょう。
シャワーヘッド周りにシャワーの一時停止のスイッチやモードの切り替えスイッチがあるため便利です。
お湯を浴びているときでも操作がすばやくできるため、水道代も節約できます。
優れた耐久性と耐食性があるため、長く使えるでしょう。
止水スイッチがあります。


・アラミックのスカルプケアシャワーヘッド(SCWT2-24N)
このシャワーヘッドは、髪の毛や肌に優しいビタミンCボール付きです。
高速・強力の水流で皮脂を洗い流すため、サロン感覚が自宅にいながら味わえます。
特徴としては、専用の塩素を除去するためのビタミンCボールが付いているため、髪の毛や肌に優しいことです。
フィルターの役目をステンレスの2重の散水版が果たすため、目詰まりや不純物の混入が発生しにくいようになっています。
手入れの回数も、汚れそのもの発生を抑えることによって少なくすることができるでしょう。
止水スイッチはありません。


・田川化工の節水パワーヘッド助太刀(3Aタイプ2R-a)
このシャワーヘッドは、強いマッサージのような水圧がメリットです。
特徴としては、マッサージするように頭皮を強い水圧で流せることです。
さっぱり洗い流せるため、シャンプーのすすぎ残しがないでしょう。
高い節水効果があるため、水道代が気がかりな方にもおすすめです。
持ち手のフォルムは、オリジナルの曲線を描いて手にフィットしやすいものです。
予算や好みの仕様によって、別売の止水スイッチ付きジョイントや首振りジョイントをプラスするのもおすすめです。
止水スイッチはありません。
取り付けできるシャワーのホースのメーカーは、INAX、TOTOです。


・アラミックのイオニックCシャワー(ICS-24N)
このシャワーヘッドは、贅沢なビタミンCを放出するものです。
専用カートリッジをセットすることによって、ビタミンCが水流にプラスされ、髪の毛や肌に対する美容の効果が期待できます。
滝壺の40倍のマイナスイオンの発生量で、浴びているのみで癒されるでしょう。
また、高い節水効果があるため経済的です。
勢いがあるにも関わらず、優しい肌あたりであるため、女性や子供さんにもおすすめです。
散水穴数は250個です。
取り付けできるシャワーのホースのメーカーとしては、アダプターを使う必要がないのがLIXIL(INAX)、SANEI、KAKUDAI、
TOTO、GROHE、その他の外国製、付属アダプターを使う必要があるのがKVK、MYM、ノーリツ、リンナイ、その他のガス機器社製です。


・Samodraの高水圧シャワーヘッド
このシャワーヘッドは、長持ちする活性炭フィルターによって腐食が抑えられます。
残留塩素を活性炭フィルターが除去することによって、髪の毛や肌に対するダメージが少なくなるだけでなく、腐食の発生が抑えられます。
一旦フィルターをセットすると数ヶ月間は使えるため、頻繁に交換する必要もありません。
仕上がりのデザインは、シンプル好きにおすすめのポイントです。
空気増圧機能が付いているため、シャワーの水圧も結構強いものです。
浴び心地も、散水穴径が0.3mmであるため快適でしょう。
止水スイッチはありません。


・TOTOの低水圧用シャワーヘッド(THY731)
このシャワーヘッドは、水圧が気軽に強くでき、リーズナブルな価格です。
リーズナブルな価格で買うことができ、水圧が強いシャワーヘッドを気軽に試せることがメリットです。
ネットショップのサイトでは、「3倍くらいに水圧が強くなった」と評価する意見もありました。
シャワーのホースやアダプターとのセットもあるため、環境によって選べます。
止水スイッチはありません。
取り付けできるシャワーのホースのメーカーとしては、アダプターを使う必要がないのがTOTO、KAKUDAI、SAN-EI、別売りアダプターを使う必要があるのがKVK、MYM、ガスター、LIXILです。


・JOMARTOのシャワーヘッド(HE04903-JP)
このシャワーヘッドは、手入れがシャワーヘッドを取り外さないでできます。
5段階の調節で、3つのレイン・マッサージ・ジェットのモードを使うことができます。
シリカゲルを散水穴に採用しており、軽くつまむと水垢も水流と一緒に放出するようになっているため簡単に手入れもできます。
すばやく洗い流したいときでも、幅広のシャワーヘッドでシャワーが体の広い範囲に当たるためおすすめです。
散水穴径は0.3mmです。
止水スイッチがあります。


・SANEIのシャワーヘッド レイニーベーシック(PS310-80XA)
このシャワーヘッドは、デザイン性が優れており、肌あたりがしっかりしています。
デザインは可愛いらしい色味が柔らかい曲線に魅力的なもので、雰囲気がモダンなホテルのように演出できます。
特徴としては、シボ加工が表面に施されており、手に自然に馴染むことです。
また、極細穴を集めて配置することによってしっかりした肌あたりがあり、爽快にシャンプーやボディソープが洗い流せるでしょう。
散水穴径は0.3mmで、穴数は227個 です。
止水スイッチはありません。
シャワーヘッドの交換をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、シャワーヘッドの交換をご検討の方へ、シャワーヘッドの交換方法、おすすめのシャワーヘッドについてご紹介しました。


シャワーヘッドは自分で交換できますが、 シャワーヘッドの交換前にはシャワーヘッドが交換できるかやメーカー名をチェックする必要があります。
また、シャワーヘッド選ぶときは、ここでご紹介したようなものがおすすめです。
シャワーヘッドの交換をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事


PAGE
-TOP