コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ

2022年1月12日

コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
古いコロナのCHP-H3726A2のエコキュートを使っていると、トラブルが発生することもあるのではないでしょうか。


ここでは、コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ、CHP-H3726A2の仕様、CHP-H3726A2の表示されやすいエラーコードの要因と対処法、エコキュートの簡単にできる電気代を安くするコツ、CHP-H3726A2からエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介します。
コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■CHP-H3726A2の仕様


ここでは、CHP-H3726A2の貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットの仕様についてご紹介します。


●貯湯タンクユニット


貯湯タンクユニットの主な仕様としては、次のようなものがあります。


・沸き上げ温度:約65℃~90℃


・種類:屋内・屋外兼用型


・貯湯タンクの容量:300L


・最大使用圧力:190kPa(減圧弁設定圧:170kPa)


・外形寸法(高さ×幅×奥行):1,770mm×600mm×610mm


・質量(製品質量/満水時質量):約68kg/約368kg


・消費電力:風呂保温は80W/105W(50/60Hz)、凍結防止ヒーターは72W(ただし冬期のみ作動)、制御用は14W(リモコン消灯時9W)


・貯湯機能:おまかせ・満タン・深夜のみ


・風呂給湯機能:自動湯はり、自動保温、自動たし湯、追いだき、たし湯、さし水


●ヒートポンプユニット


ヒートポンプユニットの主な仕様としては、次のようなものがあります。


・外形寸法(高さ×幅×奥行):640mm×820mm×300mm


・質量:59kg


・定格加熱能力:4.5kW


沸き上げ終了直前では加熱能力が低下する場合があります。
作動条件:外気温(乾球温度/湿球温度)16℃/12℃、水温17℃、沸上げ温度65℃


・定格消費電力:1.11kW
作動条件:外気温(乾球温度/湿球温度)16℃/12℃、水温17℃、沸上げ温度65℃


・運転音:38dB
定格条件下での測定(JISのルームエアコンディショナに準じ測定)
コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■CHP-H3726A2の表示されやすいエラーコードの要因と対処法


ここでは、CHP-H3726A2の表示されやすいエラーコードの要因と対処法についてご紹介します。


●エラーコード「E11」


エラーコード「E11」の要因は、追焚検知サーミスタ異常で、追いだきを検知するサーミスタのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E12」


エラーコード「E12」の要因は、給湯温度高温異常で、給湯温度が高温になるトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E14」


エラーコード「E14」の要因は、湯はり流量カウンタ系異常(オート)で、ふろ流量カウンタのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E15」


エラーコード「E15」の要因は、風呂循環温サーミスタ異常で、ふろ循環の湯温サーミスタのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E18」


エラーコード「E18」の要因は、ヒートポンプ入水温サーミスタ異常で、ヒートポンプの入水温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E20」


エラーコード「E20」の要因は、水位センサー異常で、水位センサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E21」


エラーコード「E21」の要因は、タンク過熱防止スイッチ作動で、温度調節機能のトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E23」


エラーコード「E23」の要因は、フロースイッチ異常で流量制御のトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E24」


エラーコード「E24」の要因は、給湯ミキシング弁異常で給湯ミキシング弁のトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E25」


エラーコード「E25」の要因は、風呂ミキシング弁異常で風呂ミキシング弁のトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。
コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■エコキュートの簡単にできる電気代を安くするコツ


エコキュートの電気代を安くしたいがちょっと難しそうということで、エコキュートの電気代が安くならなくて困っているような方も多くいるでしょう。
ここでは、エコキュートの簡単にできる電気代を安くするコツについてご紹介します。


●「沸き上げ休止モード」を利用する


お湯を長期間使わないときは、エコキュートの沸き上げを停止する「沸き上げ休止モード」を利用しましょう。
2日間以上旅行などでお湯を使わないときに設定することによって、電気代が安くなります。
「沸き上げ休止モード」を利用する方法としては、次のようになります。
「メニュー/戻る」のボタンを押します。
「沸き上げ休止」を「▼▲」のボタンで選んで、「決定」のボタンを押します。
「▼▲」のボタンで、2日後~30日後の範囲で帰宅してお湯を次に使う日を設定します。
「決定」のボタンを押すと設定は終わりです。
帰宅する日を変えるときは、2回「メニュー/戻る」のボタンを押して、先にご紹介した方法で変えてください。
「沸き上げ休止」を解除するときは、「メニュー/戻る」のボタンを押した後に「決定」のボタンを押します。
なお、この方法はダイキンのエコキュートのケースです。
別のメーカーのエコキュートについては、取扱説明書などをチェックしてください。


●昼間のエコキュートの自動沸き増しをお湯の使用量に応じて停止する


外出などのためにお湯をその日に使わないときは、昼間のエコキュートの自動沸き増しを停止することによって、電気代を安くすることができます。
昼間の自動沸き増しを停止すれば、夜間になるまでエコキュートはお湯を沸かさなくなります。
台所リモコンで昼間の自動沸き増しを停止する方法としては、次のようになります。
「タンク昼間休止」のボタンを、昼間の時間帯に押します。
メッセージとして、「23時までタンクの沸き上げを休止します」というようなものがリモコンに表示されます。
なお、電力会社との契約によって夜間時間帯は違います。
解除するときは、「タンク昼間休止」のボタンを再度押します。
浴室リモコンで昼間の自動沸き増しを停止する方法としては、次のようになります。
「メニュー/戻る」のボタンを、昼間の時間帯に押します。
「タンク昼間休止」を「▼▲」のボタンで選んで、「決定」のボタンを押します。
「決定」のボタンを押せば、メッセージとして「23時までタンクの沸き上げを休止します」というようなものが表示されます。
なお、電力会社との契約によって夜間時間帯は違います。
解除するときは、「メニュー/戻る」のボタンを押して「タンク昼間休止」を選んで、2回「決定」のボタンを押します。
なお、この方法はダイキンのエコキュートのケースです。
別のメーカーのエコキュートについては、取扱説明書などをチェックしてください。


●お風呂の追いだきは高温たし湯を使う


お風呂を追いだきするときは、高温たし湯の方が追いだきよりも電気代が安くなります。
というのは、追いだきと高温たし湯は仕組みが違っているためです。
追いだきは貯湯タンクの熱交換器に浴槽のお湯を戻して貯湯タンクの中の熱いお湯の熱を使って温め直しますが、高温たし湯は貯湯タンクの中の熱いお湯を浴槽にそのまま送ります。
そのため、貯湯タンクの中のお湯の温度が高温たし湯では低くなりませんが、追いだきでは低くなるため電気代が余計にかかります。
また、高温たし湯は少しぬるいお湯を少なくして熱いお湯と混合するため、水道代はお湯を循環する追いだきよりも少し高くなりますが、電気代の方が水道代よりも高いため、最終的に高温たし湯の方が追いだきよりも安くなります。


●前の日のお風呂の残り湯を沸かし直すときは「ふろ自動運転」を使う


前の日のお風呂の残り湯を沸かし直すときは、「ふろ自動運転」の方が追いだきよりも電気代が安くなります。
電気料金が高い昼間の追いだきが前の日のお風呂の残り湯を沸かし直すときには多くなるため、「ふろ自動運転」を使うより電気代が高くなります。
このときは、浴槽のふろ循環アダプターより水面が上になるくらいまでお湯をはっておいてください。


●シャワーを使うときは出したままにしない


基本的に、シャワーを使って体などを洗っているときは、シャワーをこまめに止めることによって電気代が安くなります。
例えば、三菱のエコキュートのSRT-S374Uのときは、毎日30分間給湯するのを節約すると電気代が1月あたり約400円、1年あたり約5,000円安くなります。


●浴槽にお湯を多く溜め過ぎない


エコキュートでお風呂の湯はりをするときは、浴槽にお湯を多く溜め過ぎないようにしましょう。
湯船に入ってお湯が浴槽から溢れるくらいであれば、お湯を多く溜め過ぎています。
適したお湯の量にすることによって、電気代が安くなります。


●家族が多いときはできるだけ時間を空けないで入浴する


家族が多いときは、お風呂を保温する時間ができるだけ時間を空けないで入浴すると短くなるため電気代が安くなります。


●お風呂から出た後は蓋を浴槽にする


保温するために、お風呂から出た後は必ず蓋を浴槽にしましょう。
蓋をしなければお風呂のお湯が冷めるため、余計な電気代を保温するために使うようになります。


●エコキュートの給湯温度を食器洗いや洗顔のときは低くする


あまり熱いお湯が必要ない食器洗いや洗顔などのときは、エコキュートの給湯温度を低くすることによって電気代が安くなります。


●障害物をヒートポンプユニットの周囲に置かない


ヒートポンプユニットは、大気中の熱エネルギーを取り込んでお湯を沸かします。
そのため、物などをヒートポンプユニットの周囲に置くと障害物になるため、ヒートポンプユニットの運転効率が悪くなります。


●エコキュートのリモコンを表示しない


エコキュートのリモコンを表示しているときは、電力をわずかですが使います。
リモコンを表示しないことによって、電気代がその分安くなります。
運転スイッチの「入/切」のボタンを押すことによって、リモコンを表示しないようにできます。


●家計簿に毎日の電気の使用量をつける


毎日の電気の使用量を生活費と同じように家計簿につけることによって、電気代を安くする意識もアップするでしょう。
例えば、「でんき家計簿」(東京電力エナジーパートナー)や「はぴeみる電」(関西電力)など、電気代の家計簿のサポートになる電力会社ごとのサービスもあるため、電気代を安くするために使ってみましょう。


●10年近く使ったエコキュートは交換が最も電気代が安くなる


エコキュートは、1度設置するとなかなか交換することはないでしょう。
しかし、10年以上前のエコキュートをもし使っているのであれば、エコキュートを最新のものに交換することによって大幅に電気代が安くなることがあります。


・保温するときの電気代がパナソニックのエコキュートの「エコナビ」であれば最大約35%も安くなる
例えば、パナソニックの「エコナビ」は、最初に2009年にパナソニックの家電品に搭載されましたが、2008年より前のエコキュートには搭載されていません。
パナソニックのエコキュートの「エコナビ」は、お風呂を保温するときの電気代が最大約35%も安くなります。
そのため、古いエコキュートで「エコナビ」が搭載されていないときは、最新のエコキュートの「エコナビ」が搭載されているものと比較すると、お風呂を保温するときの電気代が最大約35%も高くなります。


・省エネ性能の基準値も最大16%10年以上前のエコキュートよりアップしている
また、省エネ性能の基準である年間給湯効率(APF)の数値も、最新のエコキュートと2008年の頃のエコキュートを比較すると、最大16%アップしています。
そのため、エコキュートの古いものを使い続けるのは、その分損していることがあります。
なお、最新のエコキュートに搭載されている省エネの機能については、それぞれのメーカーのエコキュートのサイトなどで紹介されているためチェックしてください。


・10年間近く使っているエコキュートはトラブルが発生しやすい
エコキュートは、10年間~15年間の寿命といわれています。
そのため、10年間近く使っているエコキュートは、トラブルが発生することが多くなります。
また、トラブルが発生して修理しても、また別の箇所が2年間~3年間くらいですぐにトラブルが発生することが繰り返すことも多くあります。
古いエコキュートをいつトラブルが発生するかわからないと心配しながら使うよりも、最新のエコキュートに交換する方が、最終的に安くなることもあります。


・10年間以上使っているエコキュートはサービス部品が無いために修理できないこともある
使い始めてから10年間近く経っているエコキュートは、修理するときに交換するサービス部品をメーカーが保有していないため、修理ができないことがあります。
このようなときは、新しいエコキュートに交換する必要があります。


・保証期間がオーバーしたエコキュートは10万円以上に修理費用がなることもある
エコキュートの保証期間は、延長保証に入っていても最長で10年間です。
そのため、保証期間が10年間以上使っているエコキュートは終わっているため、全ての修理費用が有料になります。
トラブルが発生した箇所や内容によっても修理費用は違いますが、高いときは10万円をオーバーすることもあります。


●交換するエコキュートはトラブルが発生する前に選ぶのが大切である


エコキュートのトラブルが急に発生してお湯が沸かないなどのときは、お風呂のシャワーも使えなくなります。
そして、エコキュートのトラブルが発生したときは、多くの人はすぐにお風呂に入りたいと思うでしょう。
そのため、修理ができなくてエコキュートを交換する必要があるときでも、交換するエコキュートの性能や機能などを詳細に調査したりする余裕がなく、業者が紹介してくれる割高なエコキュートを価格も交渉しないで買ったり、割高なエコキュートであるが設置が最短でできるものを買ったりするなどして、最終的に割高になることが非常に多くなるでしょう。
このようなことを防止するためには、エコキュートのトラブルが発生する前に交換するエコキュートをしっかりと選んでおいて、使った年数が10年間に近くなったときは、トラブルが発生する前に交換するのがおすすめでしょう。
最新のエコキュートに交換することによって、機能や性能がアップするのみでなく、買うときに価格などを十分に検討することができるため、最終的に割安になることもあります。
コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■CHP-H3726A2からエコキュート交換する人気の型番ランキング


第1位:三菱のエコキュートのSRT-S375UZ
三菱のエコキュートのSRT-S375UZは、一般地向け(高機能)のSシリーズのフルオートW追いだきの薄型(多缶式)で、タンク容量が370L、家族の人数が主に3人〜4人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,150mm、幅が430mm、奥行きが1,120mm、ヒートポンプユニットは高さが715mm、幅が865mm、奥行きが301mm(配管カバー寸法を含む)です。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、995,000円(税別)です。
インターホンタイプリモコンセット(RMCB-D5SE)のメーカー希望小売価格は、40,000円(税別)です。
脚部カバー(GT-L370ZA)のメーカー希望小売価格は、21,000円(税別)です。
搭載されている機能としては、こだわりの先進仕様、フルオートW追いだき、キラリユキープ、バブルおそうじ、ハイパワー給湯、スマートリモコン、電力自由化対応、省エネ制御、あったかリンク、お天気リンクEZ/AIなどがあります。
なお、機能の詳細については、三菱のエコキュートのホームページ(https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ecocute/)などを参照してください。


第2位:コロナのエコキュートのCHP-E372AY4


コロナのエコキュートのCHP-E372AY4は、高圧力パワフル給湯・薄型・省スペース、一般地向け(-10℃対応)フルオートで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが1,890mm、幅が1,090mm、奥行きが450mm、ヒートポンプユニットは高さが650mm、幅が900mm、奥行きが300mmです。
インターホンリモコンセット付きのエコキュートのメーカー希望小売価格は、1,039,500円(税込)です。
無線LAN対応インターホンリモコンセット付きのエコキュートのメーカー希望小売価格は、1,050,500円(税込)です。
搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し停止、使いきりモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナ快適ホームアプリ(無線LANインターホンリモコン選択時)、無線LANインターホンリモコン、インターホンリモコンなどがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのホームページ(https://www.corona.co.jp/eco/)などを参照してください。


第3位:ダイキンのエコキュートのEQ46WFTV
ダイキンのエコキュートのEQ46WFTVは、フルオートタイプの一般仕様の薄型のパワフル高圧の屋外設置専用で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,173mm、幅が1,075mm、奥行きが438mm、ヒートポンプユニットは高さが635mm、幅が899mm、奥行きが300mmです。
エコキュートの本体とスタイリッシュリモコン(BRC083D1)のセットのメーカー希望小売価格は、1,120,000円(税抜)です。
脚部化粧カバー(KKC052B4)のメーカー希望小売価格は、14,520円(税込)です。
搭載されている機能としては、昼間シフト機能、沸き上げ一時休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、温浴タイム、ウルトラファインバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、無線対応LANリモコン、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのホームページ(https://www.daikinaircon.com/sumai/alldenka/ecocute/)などを参照してください。
コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■まとめ


ここでは、コロナのCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ、CHP-H3726A2の仕様、CHP-H3726A2の表示されやすいエラーコードの要因と対処法、エコキュートの簡単にできる電気代を安くするコツ、CHP-H3726A2からエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介しました。


CHP-H3726A2からエコキュート交換する人気の型番ランキングとしては、次のようになります。


第1位:三菱のエコキュートのSRT-S375UZ
第2位:コロナのエコキュートのCHP-E372AY4
第3位:ダイキンのエコキュートのEQ46WFTV


コロナCHP-H3726A2のエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP