ガス給湯器の寿命を知りたい方へ

2021年9月12日

ガス給湯器の寿命を知りたい方へ
ガス給湯器を使っている方は、どの程度寿命があるのか気になっているのではないでしょうか。


ここでは、ガス給湯器の寿命を知りたい方へ、ガス給湯器の寿命、故障の兆候、ガス給湯器の寿命、交換時期を見極める方法、故障を防止する方法、エコキュートの寿命、寿命を延ばす方法についてご紹介します。
ガス給湯器の寿命を知りたい方へ
■ガス給湯器の寿命、故障の兆候


ガス給湯器は調子がいいかわかりにくいため、お湯が急に出なくなると慌てるでしょう。
特に冬のシーズンは、水道の水温が低くお湯を冷たい水から沸かすため、ガス給湯器に大きな負担がかかり、ガス給湯器のトラブルが多く発生します。
また、多く雨が降る梅雨や秋は、ガス給湯器の故障が多く発生します。
使っているガス給湯器で、次のような症状が発生することもあるでしょう。


・異音がガス給湯器から発生する


・煙がガス給湯器から発生する


・給湯温度が安定しない


・お風呂の追いだきができない


・お風呂のお湯がぬるい


このような症状があれば、ガス給湯器の寿命や故障の兆候の可能性があります。
ガス給湯器は結構高価な機器です。
そのため、出費が急に必要になって慌てないように、ガス給湯器の寿命、故障の兆候を把握して、計画的に交換するのがおすすめです。
ガス給湯器の寿命、故障の兆候があれば、早めに交換を検討しましょう。


●ガス給湯器の寿命、故障の兆候


ここでは、ガス給湯器の寿命、故障の兆候についてご紹介します。


・給湯温度が安定しない
給湯栓から出るお湯の温度が、下がったり上がったりして安定しなくなります。


・異音がガス給湯器から発生する
お湯を出すときに、大きなボンッという点火音がします。


・お風呂のお湯がぬるい
オートタイプ、フルオートタイプのガス給湯器において、湯はりはできますが設定した温度よりお風呂のお湯がぬるくなります。


・追いだきができない
オートタイプ、フルオートタイプのガス給湯器において、湯はりはできますが追いだきができなくなります。


・煙がガス給湯器から発生する
不完全燃焼が発生していると、煙がガス給湯器の本体から発生します。
このようなときは、非常に危ないためすぐにガス給湯器を使うのを止めてください。
このような症状がガス給湯器を設置してから数年間しかまだ経っていないにも関わらず発生するときは、使っているガス給湯器を購入した販売店あるいはメーカーの修理窓口に連絡してください。
基本的に目安ですが、ガス給湯器を設置してから7年間以上経っているときは、交換することも考えて検討してください。
また、ガス給湯器を設置してから10年間以上経っているときは、交換するのがおすすめです。
ガス給湯器が故障してお湯が使えなくなる前に、故障の兆候を掴んで交換を早めに検討してください。
また、エラーコードがガス給湯器のリモコンに表示されるときは、故障の内容を表示する大切なものであるため、取扱説明書などでエラーコードの内容をチェックして処置してください。


●ガス給湯器の耐用年数


使用頻度や家族構成によっても違いますが、ガス給湯器の耐用年数は10年間くらいといわれています。
ガス給湯器のそれぞれのメーカーでも、支障なく標準的な使用条件で使うことができる設計標準使用期間を決めており、ガス給湯器では10年間と決まっています。


●ガス給湯器の修理費


ガス給湯器は耐用年数が10年間と決まっており、10年間くらい使うと有料点検を受けるようにメーカーはすすめています。
メーカーのカタログに記載されている有料点検は、7000円~9000円くらいが1回あたりにかかります。
点検したときに修理箇所がわかったときは、部品代にプラスして修理費がかかります。
故障したときは、箇所によっても違いますが、基板などのときは5万円くらい部品代がかかることがあり、さらに修理費もかかります。
また、故障が経年劣化によるときは、故障した箇所を修理しても、別の箇所がこの後また故障したりするため、ガス給湯器を交換する方が安くなることもあります。
10年間の耐用年数をオーバーしているガス給湯器は、思い切って故障したときに交換するのがおすすめです。
なお、ここでご紹介した点検費用、部品代は目安で、実際と違うことがあります。
ガス給湯器の寿命を知りたい方へ
■ガス給湯器の寿命、交換時期を見極める方法、故障を防止する方法


ガス給湯器を交換するときは、ほとんど故障して使えなくなったときでしょう。
時に寒い水温の低いときは、ガス給湯器を使うことが多くなり、フルにガス給湯器が運転するため、寿命になっていたガス給湯器が急に壊れることもあります。
毎日の生活において、ガス給湯器は必ず必要なものです。
ガス給湯器を交換するようなときに、業者の工事が時期によっては集中したり、交換するためのガス給湯器の在庫が無かったりして交換がすぐにできないことがあるため、ガス給湯器の寿命を把握した上でガス給湯器を計画的に交換するのがおすすめです。


●ガス給湯器の寿命


平均的なガス給湯器の寿命は、10年間から15年間くらいとされています。
当然ですが、ガス給湯器の種類、使う頻度、使い方などによっても違いますが、それぞれのメーカーでも使用条件の標準的なもので使ったときは支障が安全上に無く使えるガス給湯器の平均的な寿命の設計標準使用期間は10年間と決めています。
基本的にこの平均的な寿命は目安であるため、ガス給湯器を使っているときに異音が発生したり、お湯の温度が安定しなくなったり、時間がお湯になるまでにかかり過ぎていたりすれば、ガス給湯器の交換の時期でしょう。
また、10年間をオーバーしてもガス給湯器は問題なく使えることもありますが、それぞれのメーカーは新しい機種に一定期間ごとにモデルチェンジするため、古いガス給湯器の修理用のサービス部品が入手できないことがあります。
一般的に、それぞれのメーカーのガス給湯器のサービス部品の保有期間は生産が終わってから10年間くらいであるため、 サービス部品が入手できなくて修理ができないことがあります。
特に、冬のシーズンはガス給湯器の故障が多く発生するため、業者に修理や交換を頼んでも時間がかかることもあるため注意しましょう。


●ガス給湯器を交換するときに見極めるポイント


ガス給湯器を交換する時期は、ガス給湯器の寿命を目安に見極めるのがおすすめです。
一般的にガス給湯器の寿命は10年間くらいといわれており、10年間くらい使っているガス給湯器は湯温が安定しない、時間がお湯の出るまでにかかるなどの不具合が現れます。
また、それぞれのメーカーのガス給湯器の修理用のサービス部品の保有期間も10年間を目安にしているため、設置してから10年間以上が経っているガス給湯器を修理するのは困難なことがあります。
また、設置してから5年間くらいであれば修理しても問題ありませんが、10年間以上経っているガス給湯器は別の部品の故障が発生することもあるため、最終的に交換する方が費用が安くなることもあります。
なお、次のような症状が現れているときは、そろそろ交換するのがおすすめです。


・エラーがリモコンに表示するようになった(エラーの表示内容によって違います)


・点火しにくくなった


・湯温が安定しなくなった


・時間がお湯の出てくるまでにかかる


・大きな音がガス給湯器から発生する


・ガス給湯器の排気口の周囲が腐食してきた


・ガス給湯器の周囲から水漏れが発生している


・臭いがするようになった


●ガス給湯器の故障を防止する方法


ガス給湯器の故障の要因としては、いろいろなものがあります。
ガス給湯器には、ガスの燃焼をコントロールする部品、水の流量をコントロールする部品、多くのセンサー、空気を送る部品、水をお湯にする熱交換器、点火するための部品、凍結を防ぐ部品、適正な湯温にするためにコントロールする部品、基板などの部品が多く内蔵されています。
このような部品が経年劣化につれて正常に動かなってきますが、ガス給湯器の寿命を使い方によっては延ばすこともできます。
ここでは、ガス給湯器の故障を防止する方法についてご紹介します。


・使用時間
ガス給湯器の設計標準使用期間は10年間とされており、時間にすると3,650時間までは使えるようになっています。
使用条件としては、4人世帯の家族構成、春と秋は20℃の気温、65%の湿度、15℃の給水温度、40℃の給湯温度、1日に456Lの使用量、使用時間は1日に1時間、使用日数は1年で365日とします。
お湯を出したままにするとガス給湯器の燃焼時間も長くなるため、お湯は必要なときにだけ使うことによって燃焼時間も短くなり長くガス給湯器を使うことができるでしょう。
また、燃焼時間を短くすることによって省エネにもなります。


・凍結予防
故障としてよくあるのは、ガス給湯器の熱交換器が凍結による破裂で水漏れすることです。
冬のシーズンにおいてガス給湯器を長期間使わないときに電源プラグをコンセントから抜いている人もいますが、このようなときはガス給湯器の凍結防止ヒーターが運転しないため、ガス給湯器の中の水が凍って破裂する要因になります。
そのため、冬のシーズンはガス給湯器の電源プラグをコンセプトから抜かないようにしてください。
なお、長期間使わないときにブレーカーを落とすときは、ガス給湯器の水抜き栓を開けて中の水を抜いてください。
また、冬のシーズンに配管が凍るような地域では、寝る前に給湯栓から水を少し流し続けるようにしてください。
ガス給湯器のリモコンの電源を切って、水の太さが割り箸一本分くらいになるように水を流し続けることによって、凍結予防ができます。
また、追いだき機能付きのガス給湯器を使っているときは、凍結するリスクがあるときには浴増のお湯を抜かないで、ふろ循環アダプターより残り湯が5cm以上高くなるようにしてください。
外気温をガス給湯器が感知して、ポンプが自動的に運転して凍結を予防します。


・ガス給湯器の周りの環境
屋外設置タイプのガス給湯器の排気口の近くに、ものなどを置いているケースがたまにあります。
障害物が排気口の近くにあれば、廃棄したガスがガス給湯器の給気口から入って、不完全燃焼が発生する要因になります。
ガス給湯器の給気と排気はガスを燃焼するために非常に大切な役目があるため、障害物を排気口の近くに置いたり、給気口を塞いだりするのは止めましょう。
また、雑草などがガス給湯器の周りに生えていれば、クモの巣がガス給湯器の中に張られたり、虫などが侵入したりして故障の要因になることがあるため、きれいにガス給湯器の周りはしておきましょう。


・入浴剤の使用
入浴剤として保温効果、リラックス効果、保湿効果、清涼効果、血行促進効果、清浄効果などのあるものを使っている方も多くいるでしょうが、ガス給湯器の寿命を延ばすためには使う入浴剤に注意する必要があります。
入浴剤の透明感としては完全にお湯に溶けて浴槽の底が見えるくらいのものがおすすめですが、イオウの成分が含まれている入浴剤はガス給湯器の熱交換器や配管が腐食することがあるため使わないようにしてください。
また、炭酸入浴剤のときは、発泡が終わってからガス給湯器を使ってください。
なお、塩分の強いバスソルトなどの白濁(乳白色)の入浴剤を使うときは、追いだきをしないで使った後はすぐに排水してください。


・リモコンの清掃
リモコンを清掃するときは、酸性・塩素系・アルカリ性の洗剤、メラミンスポンジ、シンナー・ベンジンなどの有機溶剤を使わないでください。
リモコンの変形・変色・割れ・傷・などが発生する要因になります。
リモコンが汚れたときは、軽く湿った布で拭くくらいにしてください。
なお、防水になっていない台所リモコンは、故障の要因になるため水が掛からないようにしてください。


・ガス給湯器を使うときに注意すること
ガス給湯器のリモコンの運転スイッチを切ったままで、シャワーを浴びたり、給湯栓から水を出したりしないでください。
ガス給湯器の通水箇所が結露して、寿命が短くなります。
なお、サーモスタット式混合水栓で、ガス給湯器のリモコンの運転スイッチを切ったままで水を使うときは、必ず水の位置にハンドルの設定をしてください。
また、タオルなどで浴槽のふろ循環アダプターを塞がないでください。
ふろ循環アダプターを塞ぐと、湯はりや追いだきができなくなります。
ガス給湯器の寿命を知りたい方へ
■エコキュートの寿命、寿命を延ばす方法


ガス給湯器の寿命を知りたいと思っているのであれば、ガス給湯器よりエコキュートの方がおすすめです。
いかに新しいエコキュートを買っても、時間が経つに従って汚れたり傷んだりしてきます。
最終的に、エコキュートが壊れて使えなくなるでしょう。
ここでは、エコキュートの寿命、寿命を延ばす方法についてご紹介します。


●エコキュートの寿命


エコキュートはどの程度の期間使うことができるのでしょうか?
ここでは、エコキュートの寿命についてご紹介します。
エコキュートは2001年に発売されました。
エコキュートの寿命は、10年間~15年間くらいといわれています。
しかし、この寿命よりも短期間でエコキュートを交換する必要があることも中にはあります。
エコキュートは、電気温水器と比較すると構造が複雑であるため、故障がどうしても多くなります。
しかし、エコキュートは電気代が安くなるなど、相当省エネ性能はアップしているため、イニシャルコストを考慮しても電気温水器よりもトータルコストは安くなります。


●エコキュートの寿命が短くなるケース


ここでは、エコキュートの寿命が短くなるケースについてご紹介します。


・エコキュートに適していない入浴剤を使う
追いだきの機能や自動保温の機能があるエコキュートを使っているときは、入浴剤を使うときに注意する必要があります。
お湯を循環するときに入浴剤の固形成分が追いだきのふろ配管などに詰まる、配管や接続箇所の金具などが入浴剤に含まれている成分で腐食するなどによって、エコキュートが早く劣化するようになります。
使うのを避けるようになっている入浴剤は、エコキュートの取扱説明書などに記載されているためチェックしてください。


・井戸水を使う
自宅で普通の水道水でなく、井戸水を使っているときは、水質検査が前もって必要になります。
普通の水道水と比較して、井戸水の中には固形成分のカルシウムなどが多く含まれています。
そのため、井戸水を使うことによって、固形成分がエコキュートの熱交換機などに詰まって、エコキュートの故障の要因になることがあります。
メーカーの一部では、井戸水対応のエコキュートも販売しているため、井戸水を使っているときはこのようなエコキュートがおすすめです。


・エコキュートを設置する場所が良くない
基本的にエコキュートは屋外設置であるため、直射日光や雨風にさらされても対応できるようになっています。
エコキュートは、貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットがありますが、ヒートポンプユニットは大気中の熱を集めてお湯を沸かすため、風通しが良くない場所やホコリっぽい場所にはできるだけ設置するのを止めましょう。


●エコキュートの寿命を長くする方法


ここでは、エコキュートの寿命を長くする方法についてご紹介します。


・定期的に貯湯タンクの中を清掃する
長年エコキュートを使っていると、汚れが貯湯タンクの中の底に溜まってきます。
そのため、数ヶ月ごとに貯湯タンクの水抜きを行なって、貯湯タンクの中の底に溜まっている汚れをお湯と一緒に洗い流しましょう。
ここでは、具体的な貯湯タンクの清掃の方法についてご紹介します。
まず、貯湯タンクユニットの漏電遮断器を切ります。
給水配管の止水栓を閉めて、逃し弁のレバーを上げます。
1分間~2分間排水栓を開けて排水した後、排水栓を閉めます。
給水配管の止水栓を閉めます。
水が排水溝から出てくると、逃し弁のレバーを下げます。
漏電遮断器を入れます。
お湯が出ることをチェックします。
エコキュートのメーカーも、貯湯タンクの清掃を年に2回~3回することをすすめています。
湯垢が湯はりのときに混じったりするのが気がかりであれば、貯湯タンクの清掃を行ってください。
エコキュートを設置してから手入れを一度も行っていないときは、時間のあるお盆休みや年末年始などに貯湯タンクの清掃を行いましょう。


・ヒートポンプユニットの水抜きをする
ヒートポンプユニットの水抜きをすることによって、さらに寿命が長くなります。
エア抜きともヒートポンプの水抜きはいわれていますが、水抜きをしないと故障の要因になったりするため、2回~3回は年に行いましょう。
ここでは、ヒートポンプの水抜き方法についてご紹介します。
ヒートポンプユニットにある水抜き栓を、1回転くらい回して開けます。
このときは、水抜き栓を回し過ぎて抜けないように注意してください。
1分間以上水が出ていることをチェックします。
水抜き栓を閉めます。
なお、ヒートポンプユニットの水抜き方法は、メーカーや機種によって違っていることがあります。
詳細については、エコキュートの取扱説明書をチェックしてください。


●エコキュートのおすすめの交換の時期


いかにエコキュートを大切に使っていても、交換がいつかは必要になります。
ここでは、エコキュートのおすすめの交換の時期についてご紹介します。


・サービス部品が無くて修理ができない
エコキュートは、製造を止めてから10年間は修理用のサービス部品をメーカーが保管しておく必要があります。
この後はサービス部品が無くなると、エコキュートの修理ができなくなります。
そのため、修理ができないため、新品にエコキュートを交換する必要があります。


・10万円以上の修理費がかかる
エコキュートの交換が必要な故障のほとんどは、対応がメーカーでしかできないような本体の基板などです。
10万円以上の修理費がかかるようなときは、修理するよりもエコキュートを交換するのがおすすめです。


・頻繫にエラーが表示するなど調子が明らかに良くない
エコキュートが故障して修理しようと思っても最終的に交換するようになれば、お湯がしばらく使えなくなるでしょう。
さらに、交換してくれる業者を見つけて見積もりを入手して工事するためには、エコキュートが使えなくなってから1週間くらいは経っていることもあり得ます。
夏のシーズンであればお湯が使えなくても我慢できるかもしれませんが、冬の寒いシーズンにお湯が長期間使えなければ相当大変でしょう。
そのため、エコキュートの調子が最近良くないと感じたときは、故障して完全にお湯が使えなくなる前にエコキュートを交換するのがおすすめです。
また、使い始めてから10年間以上経っているときは、先にご紹介したように修理できないこともあります。
そのため、前もって、交換するときはどこの業者に頼むか、どの程度費用がかかるかということをチェックしておきましょう。


●それぞれのメーカーの無料保証期間


無料保証期間は、メーカーごとに違っています。
ほとんどのメーカーは無料保証期間が同じですが、東芝だけが違っています。
東芝を除いたメーカーの無料保証期間は、一般的に、エコキュートの本体が1年間、コンプレッサーや熱交換器などが3年間、貯湯タンクが5年間になっています。
東芝のみは、もともと5年間の無料保証が付いており、耐久性については定評があります。
エコキュートの保証としては、無料の他に有料の延長保証もあります
全てのメーカーのエコキュートは、有料の延長保証に買ったときに入ることによって保証期間を最長10年間まで延ばすことができます。
有料の10年保証に入るためには、費用が3万円くらいかかります。
ちょっと3万円は高いのではないかと思う方もいるでしょうが、1回の修理で部品によっては5万円~10万円くらいの費用がかかることもあります。
そのため、有料の延長保証については、万一のときのために入っておくのがおすすめです。


●エコキュートの寿命を延ばす方法


エコキュートを同じように使っていても、故障が早く発生するものがあったり、故障が15年間以上も発生しないものがあったりします。
当然ですが、電気製品であるため、アタリ、ハズレがエコキュートによってあるかもしれません。
しかし、エコキュートの寿命は、メンテナンス方法や使う方法によっても延ばすことができます。
ここでは、エコキュートの寿命を延ばす方法についてご紹介します。
基本的に、エコキュートはメンテナンスフリーで使うことができますが、貯湯タンクの中をきれいに維持したり、配管の汚れを清掃したりしてお手入れすることによって、故障の発生を防止して寿命を延ばすことができます。
エコキュートのメンテナンスは慣れてくると簡単に時間をかけないで行うことができます。
なお、エコキュートのメンテナンス方法については、取扱説明書などで紹介されているためチェックしてください。


●エコキュートの寿命、寿命を延ばす方法のまとめ


ここでは、エコキュートの寿命、寿命を延ばす方法についてご紹介しました。
エコキュートは使い始めてから10年間~15年間くらいで故障するときが多くありますが、これ以上使い方によっては長く持っているものもあります。
やはり、エコキュートは設置してからずっとそのままにしないで、お手入れを年に数回以上行うことによって寿命を延ばすことができます。
なお、エコキュートの設置業者は、設置した後もメンテナンスを定期的に行っています。
このときは、ここでご紹介したようなお手入れも行ってくれるため安心です。
設置した後もエコキュートを快適に使いたいと思っている方は、ぜひエコキュートの設置業者に相談してください。
ガス給湯器の寿命を知りたい方へ
■まとめ


ここでは、ガス給湯器の寿命を知りたい方へ、ガス給湯器の寿命、故障の兆候、ガス給湯器の寿命、交換時期を見極める方法、故障を防止する方法、エコキュートの寿命、寿命を延ばす方法についてご紹介しました。
ガス給湯器の寿命、故障の兆候としては、次のようなものがあります。


・給湯温度が安定しない


・異音がガス給湯器から発生する


・お風呂のお湯がぬるい


・追いだきができない


・煙がガス給湯器から発生する


ガス給湯器の寿命を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com

おすすめ記事


PAGE
-TOP