エコキュート交換工事業者の比較サイトについて【最新版優良業者一覧】

2020年12月27日

エコキュート交換工事業者の比較サイトについて【最新版優良業者一覧】


エコキュートは、環境に優しい給湯器ということで普及してきています。
エコや節電にも繋がるため、エコキュートの設置を考えている方も多くいるのではないでしょうか。
しかし、エコキュートの設置工事業者は多くあるためどこがいいかよくわからないでしょう。
ここでは、エコキュート設置工事の比較サイトについてご紹介します。


■エコキュートの設置工事の比較サイトとは?


エコキュートの設置工事の比較サイトは、エコキュート専門の無料の一括見積もりサイトで、エコキュートの複数の販売・施工業者に一括して見積り依頼ができるものです。
新しくエコキュートを設置するだけでなく、ガス給湯器からエコキュートへの入れ替えなどのときに必要な見積もり比較が手軽にできます。
また、急なエコキュートのトラブルで困っているときでも、すぐに近くの対応できる業者が探せます。


ここでは、エコキュートの設置工事の比較サイトを使うメリットについてご紹介します。
満足できる料金でエコキュートを設置するためには、見積もりを複数の業者から入手して、比較検討することが必要です。
この比較サイトは、自分が住んでいる地域に対応している複数の業者が見つかるため、見積り比較が手軽にできます。
また、業者としては、エコキュートの販売、施工実績を地元で積み重ねたところだけが掲載されています。
急なエコキュートのトラブルのときでも、対応できる業者がすぐに見つかります。


■エコキュートの設置工事の比較サイトは注意が必要!!


近年、エコキュートの設置工事の比較サイトが非常に目に付くようになってきました。
エコキュートの設置工事はほとんどの方が初めてであるため、エコキュートの設置工事の比較サイトを参考にするのではないでしょうか。
しかし、エコキュートの設置工事の比較サイトは注意する必要があります。
というのは、エコキュートの設置工事の比較サイトのほとんどは、エコキュートの設置工事業者が自社の評価をアップしてお客を集めるために作っていたり、ホームページの制作業者に依頼して運営してもらったりしているためです。


また、運営しているところの情報などについては記載されていないこともあります。
エコキュートの設置工事は、家電品や飲食店などのような比較サイトは作れません。
というのは、エコキュートの設置工事の評価については、設置した後に数年間は使ってみなければわからないためです。
エコキュートの設置工事はほとんどの方が初めて専門業者に依頼するでしょうが、関東のみでも非常に多くのエコキュートの専門業者があるため、比較ができるほどエコキュートの設置工事を何回も依頼したとは考えられません。


例えば、賃貸物件を持っている方、新築物件を購入した方、修理を依頼した方などが、普通は1回、多いときでも数回程度の専門業者への依頼であるため比較対象にはなりません。
また、口コミサイトのユーザー投稿型のものが最近はよく目に付きます。
しかし、同じIPアドレスから自社が有利になるように投稿していた業者が運営サイドから注意されていましたが、ライバル業者の悪口をいうようなサイトもあります。


パソコンにちょっと詳しい人であれば、ユーザー投稿型の投稿が匿名でできる口コミサイトは、IPアドレスを変えることによって投稿が何回でもできます。
エコキュートの設置工事の専門の業者であれば、どの程度の工事をどの業者が行なっているかわかるでしょうが、工事件数が多くないのに評価が高いなどということはあり得ません。
口コミサイトのユーザー型投稿型のものは、当然ですが不満を実際に感じた方からの投稿もあるでしょうが、エコキュートの設置工事の専門の業者としては施工が月に50件程度のところから月に1000件程度のところまでいろいろあります。


どこのエコキュートの設置工事の専門業者でも、顧客に喜んで欲しい、技術をアップしたいと考えて毎日努力し続けているでしょう。
しかし、エコキュートの設置工事件数が多い業者は、不満を匿名性の投稿サイトに感じたユーザーからの投稿が割合的に多くなり、投稿サイトの運営サイドに対する不満は自分で削除できるため参考になりません。
家電品や化粧品などのいかに人気がある商品でも、顧客に合う、合わないがあるでしょう。
エコキュートの設置工事は、顧客宅を訪問して対面で工事を行います。
技術力がいかに高い工事スタッフでも、相性が合わないと顧客が不満を感じることが実際にあるでしょう。


エコキュートの設置工事の専門業者は、全ての顧客が満足できるように、技術だけでなく、顧客対応、清潔感に気配りして、「エコキュートの設置業者さんが今までで最も良かった」と思ってくれるように毎日努力しています。
そして、家庭の給湯器としては、ガス給湯器ではなく、毎月のランニングコストが安くなるエコキュートをどんどん普及していきたいと考えています。
エコキュートの設置工事の比較サイトは、顧客が戸惑うため参考になりません。
そのため、どこのエコキュートの設置工事の専門業者がいいか複数のところから見積もりを入手して、電話が掛かってきたときの相手が信頼できるか、相性が合うかなどについて、自分自身で確かめてからエコキュートの設置工事を依頼してください。


エコキュート交換工事業者の比較サイトについて【最新版優良業者一覧】


■エコキュートの優良設置工事業者


ここでは、エコキュートの優良設置工事業者についてご紹介します。


●yhs株式会社


yhs株式会社は、専門のエコキュートの交換の業者です。
本社を横浜市に構え、支店が愛知県、大阪府、福岡県などにあります。
yhs 株式会社では、ダイキン、三菱、コロナ、日立、パナソニック、東芝などのエコキュートを取り扱っています。
yhs株式会社のエコキュートの交換工事が対応している地域は、東京都、神奈川県、静岡県、滋賀県、奈良県、兵庫県、山口県、鹿児島県以外の九州全域です。
yhs株式会社のメリットは、大量にエコキュートを仕入れることによって価格がリーズナブルなことです。


●給湯器かけつけ隊(ミズテック)


給湯器かけつけ隊(ミズテック)は、給湯器交換専門の株式会社ミズテックが運営している業者の屋号で、神奈川県大和市に本社はあります。
営業所は、神奈川県だけでなく、東京都、埼玉県、愛知県、広島県、福岡県にもあり、給湯器の交換業者としては大手になります。
給湯器の中でも、特にエコキュートに注力しています。
給湯器駆けつけ隊(ミズテック)の特徴としては、次のようなものがあります。
・メーカー直仕入れで価格が安い
・安心のガス可とう管接続工事監督者、ガス機器設置スペシャリスト資格書の技術がある
・即日駆けつけ&10年の長期間保証
・簡単にLINEで見積もりできる


●生活堂


生活堂の特徴としては、次のようなことが挙げられます。
・給湯器の価格が安い
商品は最大90%OFFと、ホームページ上では記載されています。
しかし、90%OFFのときは原価割れしていることがあります。
確かに給湯器は安いかもしれませんが、工事費がその分高いことが考えられます。
しかし、給湯器の商品価格とリモコンと工事費と3年保証が含まれたコミコミ価格とホームページ上では記載されているため、それほど心配する必要はないでしょう。
・無料の製品保証が3年間付き
給湯器の製品保証は、一般的に無料であれば1年間あるいは2年間ですが、生活堂では無料の製品保証が3年間付いています。
給湯器はそれほど壊れるものではありませんが、無料の製品保証が付いているのはメリットでしょう。
有料保証も8年間あるいは10年間から選べるため、長期保証を希望するのであれば入っておきましょう。


●キンライサー


キンライサーは、顧客満足度95%のエコキュートの専門業者です。
なお、顧客満足度は、2020年1月~2020年7月に実施したキンライサーを利用している人のアンケート結果に基づいています。
キンライサーでは、顧客満足度をさらにアップするため、電話技術・見積り・工事の全てのスタッフのマナー研修に注力しています。
給湯器をキンライサーで購入した顧客には、工事が完了した日から無料で10年間の商品保証があります。
また、キンライサーの給湯器の取付工事について、工事が完了した日から無料で10年間の工事保証があります。


●住設ドットコム


住設ドットコムは、施工が全国各地で対応できる住宅設備の専門店で、給湯器本体、リモコン、工事費、3年間保証をまとめたセット販売を行なっています。
住設ドットコムの特徴としては、次のようなことが挙げられます。
・全国どこでも対応
・あんしん保証
・施工実績が多い
・365日24時間対応可能
例えば、商品を1万5000円(税別)以上購入したときは送料が無料になったり、郵便振替やクレジット決済などのいろいろな支払方法に対応したりするなど、サービスも充実しています。


●株式会社ユーテック


株式会社ユーテックは、給湯器交換の専門店です。
株式会社ユーテックの特徴としては、次のようなことが挙げられます。
・早い者勝ちで最大80%OFF
給湯器交換工事キャンペーンで、80%OFFで商品を販売しているようです。
先着順であるため、相談は早めがおすすめです。
地域最安値をキャンペーン以外でも目指しているため、給湯器交換がお得にできるでしょう。
表示価格にはリモコン2台、工事費、消費税なども含まれているようであるため、支払い金額がすぐにわかります。
・3,000件以上の工事実績
自社の職人が工事の全てを担当しているようで、3,000件以上の工事実績があります。
専門に給湯器交換を行なっているため、丁寧な工事も人気になっているようです。
ホームページには施工事例が多く紹介されているため、参考にしてみましょう。
・最長10年間保証
安心保証サービスの規定の範囲であれば、出張費や部品代も無料で修理してくれるようです。
また、制限が修理費や回数にもなく修理を何回で受けられ、トラブルだけでなく使い方についても教えてくれるようであるため、給湯器についての知識がないような方でも安心です。


●アドテックサービス


アドテックサービスは、本社が埼玉県さいたま市にある給湯器の販売・交換の専門業者です。
「給湯お助け隊」という自社サービスを運営しており、埼玉県をメインに拠点を展開しています。
大手の給湯器メーカーなど、16社のメーカーの商品を取り扱っています。
アドテックサービスの特徴としては、次のようなものがあります。
・地元密着によるスピード対応
・豊富な品揃えと高品質な有資格者による工事
・万全の商品・施工の保証
・相見積もり・簡単見積もりに対応
最大のアドテックサービスの特徴は、地元密着によるスピード対応です。
現場チェックはなんと最短2時間程度でできるということで、地元特化ならではのメリットです。
さらに、取り付けも当日中にできることがあるため、給湯器をビジネスなどで使っているときなど、できるだけ早く給湯器のトラブルを解決したいときは一度相談してみましょう。
給湯器の修理や交換は、一般的に連絡してから見積もり、訪問して修理するまでに数日間かかります。
しかし、アドテックサービスでは、在庫を社内に多く持っているだけでなく、営業地域を絞っているため、施工が当日にできるのでしょう。


●株式会社iR(アイアール)


株式会社iR(アイアール)は、電気代を節約したいと思っている一般住宅向けなど、幅広くオール電化・太陽光発電関係の商品の販売・施工を展開しており、ecoライフを応援しています。
しっかりとアフターメンテナンスも対応しています。
メールや電話で無料の見積りができるため、気軽に相談・問い合わせしてください。
株式会社iR(アイアール)特徴としては、次のようなものがあります。
・本質的な顧客の目線での提案
本物のサービスは、顧客が持っているいろいろな真のニーズを掴んで、顧客の心に寄り添い、顧客の目線の最適な提案をすることであり、これこそが顧客満足に繋がると考えています。
・地元密着の圧倒的なスピード感と安心感
サービスは千葉県をメインに関東近郊で提供しています。
そのため、地域のニーズや特性に合った提案ができ、要望があれば新しい見積もりの依頼でもすぐに訪問することができます。


●みずほ住設


みずほ住設は、エコキュートの設置・交換・修理を行なっています。
みずほ住設の特徴としては、次のようなことが挙げられます。
・ 業界最安値宣言!大量仕入れによる卸値価格
・安心の自社施工!毎月の職人研修によって最新の技術で作業
・工事店ならではのメンテナンス体制!最大10年保証付き
・仲介業者なしで業者の利益一切なし
みずほ住設は、エコキュートの交換工事、修理をこれまで多くのハウスメーカー、大手の家電量販店、リフォーム業者、無料の一括見積サイトなどの下請け工事会社として行ってきました。
これまでのエコキュートの交換工事・修理は、工事会社、営業会社とわかれていることが多くあり、営業会社は顧客を獲得するために、お金を広告費や人件費、事務所経費などにかけて集客し、自社施工といいながらも仕事を工事会社に任せていました。
また、無料の一括見積もりサイトも、人件費やネット広告費などが集客するためにかかり、登録している工事会社は運営会社に高額な受注金額の20%~30%の紹介料を支払っていました。
みずほ住設は、このような営業会社や無料の一括見積もりサイトから多くの下請け工事を請負ってきた実績があります。


■エコキュートのトラブル・修理のポイント


エコキュートは、経年劣化によってトラブルが多くなってくると、部品を交換したり修理したりするよりも新しく本体を買い替える方がおすすめです。
ここでは、エコキュートのトラブル・修理のポイントについてご紹介します。


●買い替えする時期


エコキュートは、10年~15年程度の寿命といわれています。
エコキュートの寿命は使う頻度や環境、メンテナンス方法などで違うため、一般的な寿命は基本的に目安です。
しかし、使っているエコキュートの保証期間が終わって、トラブルが継続するようなときは、買い替えするのがおすすめです。


●買い替えにするための費用


エコキュートを新しく買い替えするためには、エコキュート本体の購入費と取り換え工事費がかかります。
エコキュート本体は、メーカー希望小売価格の6割~7割引くらいの実売価格といわれています。
主なエコキュートのメーカーの実売価格としては、次のようなものです。
・三菱のエコキュートの実売価格は20万円~35万円
・パナソニックのエコキュートの実売価格は28万円~45万円
・ダイキンのエコキュートの実売価格は20万円~25万円
・日立のエコキュートの実売価格は20万円~50万円
・コロナのエコキュートの実売価格は25万円~40万円
・東芝のエコキュートの実売価格は20万円~30万円


なお、実売価格は、2020年2月現在のタンク容量460Lの一般地仕様のフルオートのものです。
エコキュートの実売価格は、専門の業者の仕入れ交渉力や販売実績などによって変わりますが、主なメーカーの中では比較的ダイキンのエコキュートが安くなっています。
また、値引き率がパナソニックのエコキュートは低いため、比較的実売価格が高めになっています。
また、エコキュートの取替工事の内容としては、次のようなものがあります。


・既に設置しているエコキュートの撤去
・新しいエコキュートの設置
・電気配線工事
・取り替えたエコキュートの廃棄


新しいエコキュートと古いエコキュートが同じタイプのときは配管工事が必要ないため、半日くらいで取替工事は終わります。
一般的に、取替工事費は15万円~20万円くらいになります。
そのため、最も買い替え費用を安くしたいときは、新しいエコキュートに35万円くらいで買い替えできます。


●エコキュートに対する補助金


住んでいる地域によっては、エコキュート補助金が地方自治体から支給されることがあります。
地方自治体によって補助金制度があるかどうかや支給条件が違っているため、地方自治体のホームページなどでチェックしましょう。


エコキュート交換工事業者の比較サイトについて【最新版優良業者一覧】


●エコキュートを買い替えするときのチェックポイント


ここでは、エコキュート買い替えするときのチェックポイントについてご紹介します。
・タンク容量
家族の人数、1日に使うシャワー回数などによって、適切なエコキュートのタンク容量は決まります。
適切なタンク容量としては、次のようになります。


・家族人数が1人~2人、シャワー回数が2回のときは対応タンク容量が180L
・家族人数が2人~3人、シャワー回数が3回のときは対応タンク容量が300L
・家族人数が3人~4人、シャワー回数が4回のときは対応タンク容量が370L
・家族人数が4人~5人、シャワー回数が5回のときは対応タンク容量が460L
・家族人数が5人~7人、シャワー回数が7回のときは対応タンク容量が550L
・給湯方式


エコキュートの給湯方式としては、フルオートタイプ、オートタイプ(セミオートタイプ)、給湯専用タイプがあります。
自分や家族のニーズや希望に合ったものを選びましょう。
フルオートタイプは、簡単なボタン操作のみで湯沸かし、保温、追いだき、足し湯の全てができるものです。
フルオートタイプは、現在のエコキュートのメインになっています。
時間をタイマーで設定するのみで、お風呂を好きな時間帯に快適に使えます。
追いだきや足し湯も、自動的に簡単な設定で行うことができます。
オートタイプ(セミオートタイプ)は、ボタンひとつで湯沸かしや保温ができますが、手動で足し湯は行う必要があります。


シンプルな機能であるため、光熱費を安くすることもできます。
給湯専用タイプは、自分で蛇口から給湯を行うものです。
シンプルな機能であるため、相当価格も安めです。
別のタイプと比較して、簡単な設置であるため工事費も割安になります。
これ以外にも、多機能タイプの床暖房機能などを搭載したエコキュートなどもあります。


・タンク形状
エコキュートを選ぶときは、設置するところに適したタンク形状を選ぶことも大切です。
エコキュートの主なタンク形状としては、標準型、薄型、スリム型があります。
標準型は、一般的なタンク形状で角型ともいわれています。
設置スペースは約70cm~80cm四方が必要で、戸建ての設置に適した形状です。
薄型は、狭いスペースに設置することができ、奥行きが標準型より浅いタイプです。
スリム型は、奥行きが標準型よりも浅く、背が高い形状で、標準型と薄型の中間のようなタイプです。
これ以外に、ローボディ型やコンパクト形などもメーカーによってはあります。
設置スペースについては、スペースが設置工事やメンテナンスのために確保できるか、浄化槽のフタや窓などを貯湯タンクユニットが塞いででしまわないかなどについても注意する必要がありますが、これについては現場調査のときに業者がチェックします。


・使用する地域
エコキュートは、使用する地域によって次のような仕様があります。
一般地用は、−10℃までの最低気温の地域で使えるものです。
寒冷地用は、−25℃までの最低気温の地域向けのものです。
凍結防止ヒーターを貯湯ユニットに内蔵しています。
塩害地用は、塩害の恐れがある海岸から300m~1㎞の臨海地域向けのものです。
防錆効果が優れており、潮風による塩害を防ぎます。
重塩害地用は、強く潮風の影響を受ける地域向けのものです。
海岸から300m以内が、設置場所の目安です。
エコキュートが塩害地用や重塩害地用のときは、一般的に受注してから生産します。
受注生産のときは、2ヶ月間~3ヶ月間注文してから納品するまでにかかることもあるため、余裕を時間的に持って注文することがおすすめです。


・それぞれのメーカーのオリジナルの機能
主なメーカーのエコキュートには、それぞれのメーカーのオリジナルの快適で便利な機能、省エネ効果をアップする機能が搭載されています。
ここでは、それぞれのメーカーのオリジナルの機能についてご紹介します。
ダイキンは、温浴タイムとパワフル高圧給湯の機能があります。
混浴タイムは、一人ひとりの家族の好みに応じて簡単にお風呂の湯温が設定できる機能です。
4種類の湯温の「あつめ」「いつもと同じ」「ぬるめ」「さらにぬるめ」が設定できます。
パワフル高圧給湯は、従来のパワフル給湯の約1.9倍の高圧給湯を貯湯ユニットの強化と大幅な給湯圧力のアップによって実現しました。
快適に3階でもシャワーが使えます。
三菱は、ホットあわーとバブルおそうじの機能があります。


ホットあわーは、約0.01mmのマイクロバブルをボタンひとつで発生させる機能です。
皮膚の表面温度は入浴した後に高くなりやすいため、湯冷めしにくい効果が期待できます。
メーカー調査では、ホットあわーで5日間入浴すると、普通の入浴に比較して、お肌の水分量が約1.6倍多くなることが確認されています。
バブルおそうじは、循環運転とともに約0.1mmの泡のマイクロバブルを発生させて、浴槽の栓を抜くのみで自動的に熱交換器や配管の中の皮脂汚れが洗浄できます。
入浴するのみで、配管を毎回洗浄してきれいに維持することができる機能です。
日立は、ウレタンク、水道直圧給湯、ナイアガラ倍速湯はりの機能があります。
ウレタンクは、優れた断熱性の真空断熱材とウレタンフォームを組み合わせて、普通の貯湯タンクに比較して約2.5℃12時間経った後の温度低下を抑えます。
省エネにプラスして、雑菌の繁殖も少なくなります。
水道直圧給湯は、そのままの水道圧を利用してお湯に瞬時にして給湯する機能です。
最大500kPaの給湯圧力があります。


ナイアガラ倍速湯はりは、2系統に湯はり回路をすることによって、湯はりが従来の約2倍の速さでできます。
コロナは、ES制御の機能があります。
ES制御は、効率良くお湯を「作る・溜める・使う」ES(エネルギー・セーブ)制御の機能です。
JISの新省エネ基準・年間給湯保温効率において、高い数値の4.0を達成しています。
風呂を保温しているときは、省エネが最大約36%図れます。
なお、年間給湯保温効率(JIS)は、「1年間分の給湯とふろ保温に必要な熱量÷1年間分の消費電力量」で算出される数値で、優れた省エネ性能があることを示す指標です。
東芝キヤリアは、銀イオンの湯の機能があります。
銀イオンの湯は、除菌・防臭性が優れている銀イオンを発生させてお風呂の清潔さを維持します。


銀イオンの量の「標準」の設定では99%の菌を6時間後に抑制、「多め」の設定では99%の菌を30分後に抑制します。
年間に約33トンの節水ができ、残り湯の清潔さが維持できます。
また、配管の清潔さも、流水洗浄を設定することによって維持できます。
なお、銀イオン発生ユニットは別売品です。
1日1回180Lの湯はりに使ったときは、交換が「標準」の設定で約10年、「多め」の設定で約5年で必要になります。
パナソニックは、エコナビとリズムeシャワープラスの機能があります。
エコナビは、「ひとセンサー」という加熱を入浴したことを検知して始めるものによって電力消費を低減します。


「湯温学習制御」というお湯の冷め方を学習するもので、最小限に人が浴室にいないときの湯温チェックを抑える省エネ機能です。
風呂を保温しているときに、省エネが最大約35%図れます。
リズムeシャワープラスは、一定のリズムでシャワーの温度と流量を変えることによって、最大約10%の節水と約20%の省エネが図れます。
シャワーの快適な使い心地を保ちます。


まとめ
ここでは、エコキュートの設置工事の比較サイトとは?エコキュートの設置工事の比較サイトは注意が必要、エコキュートの優良設置工事業者、エコキュートのトラブル・修理のポイントについてご紹介しました。
安くエコキュートを買い替えするためには、見積もりを複数の業者から入手して比較検討することが必要です。
しかし、見積もりを個々の業者に依頼するためには、時間と手間が相当かかります。
エコキュートの設置工事の比較サイトを利用すると、信頼できる販売・施工実績が豊富にある複数の業者から見積りを無料で一括で入手することができます。
エコキュートの買い替えを検討するときは、【最新版優良業者一覧】をぜひ参考にしてください。

エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP