パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

2024年2月4日

パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

トラブルが発生して急にエコキュートを交換するときのためには、前もって交換業者を検討しておくのがおすすめです。
ここでは、パナソニックHE-S46LQSをご検討の方へ、パナソニックのエコキュートの特徴、HE-S46LQSの仕様、エコキュートのおすすめの交換業者、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイント、HE-S46LQSの代替機についてご紹介します。

パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

■パナソニックのエコキュートの特徴
ここでは、パナソニックのエコキュートの特徴についてご紹介します。

●ソーラーチャージ(JP、J、N、C、W、S、NS、H、FP、F、Lシリーズのソーラーチャージ搭載機種に対応)
ソーラーチャージの機能は、太陽光発電の余剰電力を自家で消費してお湯を沸かすものです。
次の日の昼間に分散して沸き上げ、夜間に沸き上げする量を少なくします。
なお、太陽光発電のメーカーは関係ありません。

●多様化する電気料金プランに対応(JP、J、N、C、W、S、NS、H、FP、F、Lシリーズに対応)
電力プランがリモコンで設定できます。
電気使用量のピークを抑える機能が搭載されています。
同時にエコキュートの沸き上げと別の電気製品を使う時間帯は、電気の使用量が多くなります。
実量制契約などに対応した、ピークを抑える機能です。
ピークセーブ機能は、消費電力を沸き上げするときに抑えてピークをセーブします。
ダブルピークカット機能は、電気使用量が多い時間帯の沸き上げを止めて、1日最大2回消費電力を抑えます。
ピークシフト設定は、朝方の電気の使用量が多い時間と重ならないように、夜間の沸き上げを早く始めてピークを抑えます。

●高効率・経済的
年間給湯保温効率(JIS)4.0を達成し、もっとエネルギーを効率良く利用します。
高効率は、次のような仕組みです。
・コンパクト性のままで保温性能をアップ
・お風呂の残り湯の熱をチャージ
・高効率の冷媒管形状を水冷媒熱交換器に採用

●AIエコナビ(フルオートに対応)
AIエコナビの機能は、センサーが人の出入りに気づいて、最も適したエコを考えます。
AIエコナビで、風呂保温時、最大約35%の省エネになります。
省エネを実現するのは、次のような機能です。
ひとセンサーが入室を検知し、設定温度まで加熱を始めます。
ふろ自動保温によるエネルギー消費を、入室していないときに抑えます。
湯温学習制御は、AIがお湯の冷め方を学習し、浴室に人がいないときの繰り返し湯温のチェックを止めて省エネ性がアップします。

●リズムeシャワープラス(JP、J、W、FP、Fシリーズのフルオートに対応)
リズムeシャワープラスは、シャワーの温度と流量を同時に変えることによって、普通のシャワーと比較して最大約20%の省エネ、最大約10%の節水を実現しました。

●ぬくもりチャージ(JP、J、FP、Fシリーズのフルオートに対応)
ぬくもりチャージの機能は、有効にお風呂の残り湯の熱を利用して、最大約10%翌日分のお風呂の湯はりのエネルギーを節約します。

●温浴セレクト(JP、J、FP、Fシリーズのフルオートに対応)
温浴セレクトの機能は、簡単に家族一人ひとりのお好みの温湯が選べます。
3つの快適な温浴モードが選べます。
あつめは、短めの入浴で、サッと入浴したいときにおすすめです。
ふつうは、一般的な湯温で、気持ちのいい入浴ができます。
ぬるめは、長めの入浴で、ゆったりしたいときにおすすめです。

●ウルトラ高圧給湯(JP、J、N、S、NSシリーズのウルトラ高圧に対応)
ウルトラ高圧給湯の機能は、快適シャワー&湯温安定で、全ての家族が嬉しいものです。
高耐圧貯湯タンクの搭載でシャワーの湯量がアップしました。
大幅に浴槽、シャワーの設置自由度がアップしました。

●床暖房機能(DFシリーズに対応)
床暖房は、足元からぽかぽかの温かさです。
エコキュートと接続して、温水式のクリーンな床暖房が楽しめます。
床暖房は、次のような特徴があります。
空気がきれい
乾燥しすぎなくてじんわり温か
お湯が循環するために非常に静か

●エコキュート専用アプリ(2020年10月以降発売のJP、J、N、C、W、S、NS、H、FP、F、Lシリーズに対応)
お出かけ先や家の中からでも、「スマホでおふろ」の専用アプリでさらに便利です。
例えば、次のようなことが「スマホでおふろ」はできます。
外出先からのお風呂の湯はり
2階の部屋からの追いだき
旅行中の沸き上げの休止

●リモコン(JP、J、N、C、W、B、V、S、NS、H、FP、F、Lシリーズに対応(別売品))
リモコンは、みんなに見やすく、機能が充実した使いやすいものです。
コミュニケーションリモコンは、台所と浴室間で会話ができます。
音声と文字で操作方法、運転状況をお知らせするガイダンス機能付きです。

●お湯はりがスピーディ
設定した温度と湯量でお風呂の湯はりをスピーディに行います。
例えば、ウルトラ高圧フルオートタイプのエコキュートのお風呂の湯はり時間は、次のようになります。
1階のときは約13分
2階のときは約14分
3階のときは約15分

●おまかせ運転で省エネ
使用湯量とパターンを家庭ごとに学習し、夜間電力で主として沸き上げ、昼間の電力も使いながら効率良く沸き上げます。

●清潔・便利機能
清潔・便利機能としては、次のようなものがあります。
・うっかりアシスト(JP、J、N、C(L)、S、NSシリーズ フルオートに対応)
うっかりアシストの機能は、お風呂の湯はり時の浴槽の栓の閉め忘れを早期に知らせます。
・配管洗浄機能
配管洗浄機能は、ふろ配管内をきれいに洗浄します。
・自動配管洗浄(フルオート全機種に対応)
自動配管洗浄の機能は、お風呂のお湯を抜くたびに、自動で10Lのお湯をふろ配管に流し、配管内に残っている湯水を洗い流します。
・手動配管洗浄(フルオート全機種に対応)
手動配管洗浄の機能は、リモコンの「メニュー」スイッチから、手動で配管洗浄ができます。
・ダブル湯温コントロール(フルオート・セミオートに対応)
ダブル湯温コントロールの機能は、2ケ所同時に違う温度のお湯が使えます。
・キレイキープコート(JP、J、N、W、B、S、NS、H、DF、FP、F、Lシリーズに対応)
キレイキープコートの機能は、雨筋汚れを軽くし、美しくエコキュートを維持します。
・ステンレス管採用(JP、J、W、FP、Fシリーズに対応)
ステンレス管採用は、貯湯タンクユニット内の配管の耐久性がアップしました。
・デザイン性・施工(JP、J(ウルトラ高圧)、FP、F(パワフル高圧)シリーズに対応)
デザイン性・施工は、高級感があるウォームシルバーをラインアップしました。

●AiSEG(アイセグ)2と連携
AiSEG2と連携は、次のようなことができます。
宅外からの操作
家のどこからでも操作
節約意識がエネルギーの見える化でアップ
音声による操作

パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

■HE-S46LQSの仕様
ここでは、HE-S46LQSのシステム、貯湯タンクユニット、ヒートポンプユニットの仕様についてご紹介します。

●HE-S46LQSのシステムの仕様
ここでは、HE-S46LQSのシステムの仕様についてご紹介します。
・種類:Sシリーズ フルオート スタンダードクラス
・沸き上げ温度範囲:約65℃~約90℃

●HE-S46LQSの貯湯タンクユニットの仕様
ここでは、HE-S46LQSの貯湯タンクユニットの仕様についてご紹介します。
・設置区分:屋外用
・タンク容量:460L
・水側最高使用圧力(減圧弁設定値):220kPa(180kPa)
・製品質量(満水時):75kg(535kg)
・外形寸法:高さ2,170mm、幅600mm、奥行き680mm
・給湯温度設定:水、32℃、35℃、38℃~47℃(1℃きざみ)、50℃、55℃、60℃
・ふろ自動:ふろ温度設定:水、36℃~48℃(1℃きざみ)、ふろ湯量設定:100L~500L(20Lきざみ)、自動保温:ポンプ循環方式、自動たし湯:水位センサー検知方式(約3.5cm以上の水位低下により自動たし湯)

●HE-S46LQSのヒートポンプユニットの仕様
ここでは、HE-S46LQSのヒートポンプユニットの仕様についてご紹介します。
・中間期標準加熱能力:6.0kW
中間期標準加熱能力の条件は、外気温度が16℃DB/12℃WB、給水温度が17℃、出湯温度が65℃です。
・冬期高温加熱能力:6.0kW
冬期高温加熱能力の条件は、外気温度が7℃DB/6℃WB、給水温度が9℃、出湯温度が90℃です。
・消費電力:中間期標準:1.33kW、冬期高温:2.00kW
中間期標準消費電力の条件は、外気温度が16℃DB/12℃WB、給水温度が17℃、出湯温度が65℃です。
冬期高温消費電力の条件は、外気温度が7℃DB/6℃WB、給水温度が9℃、出湯温度が90℃です。
・運転音(音響パワーレベル)(中間期/冬期):54dB/57dB
運転音はJIS9612規格に準拠し、無響室換算した時の値です。
実際に据え付けた状態で測定すると周囲の騒音や反射を受け、表示値より大きくなるのが普通です。
中間期の運転音の条件は、外気温度が16℃DB/12℃WB、給水温度が17℃、出湯温度が65℃です。
冬期の運転音の条件は、外気温度が7℃DB/6℃WB、給水温度が9℃、出湯温度が90℃です。
・質量:41kg
・外形寸法:高さ672mm、幅867mm、奥行き299mm

パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

■エコキュートのおすすめの交換業者、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイント
エコキュートは、ネット通販や家電量販店などで交換することができます。
しかし、業者によってメリットやデメリットが違います。
ここでは、エコキュートのおすすめの交換業者、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイントについてご紹介します。

●エコキュートのおすすめの交換業者
ここでは、エコキュートのおすすめの交換業者についてご紹介します。
・エコキュートの交換業者
エコキュートの交換業者としては、次のようなところがあります。
(専門の業者)
専門の業者は、多くのエコキュートの交換実績があるため、設置しにくいような場所でも適した機種が提案でき、顧客が満足するように交換工事を行います。
豊富に商品についての知識があるスタッフが対応するため、エコキュートを選ぶときに迷っても頼りになります。
また、エコキュートの専門の業者は、仲介する業者を少なくし、大量にエコキュートを仕入れることによってメーカー希望小売価格よりも大幅に値引きしています。
そのため、別の業者に比較すると、エコキュートの交換費用が安くなる可能性があります。
これ以外にも、専門の業者は宣伝、営業をネットで行うことが多くあり、即日エコキュートの交換ができることもあります。
急にエコキュートはトラブルが発生することがあるため、エコキュートがすぐに交換できるのはメリットです。
しかし、専門の業者でもレベルの低いところがあります。
エコキュートの交換実績が少なく、商品についての知識が不足しているために適切な商品選びや工事ができなく、トラブルになることもあります。
そのため、エコキュートを専門の業者で交換するときは、口コミや評判などをチェックする必要があります。
(ネット通販)
ネット通販でも、エコキュートを交換することができます。
割合新しい性能の高いエコキュートを相場よりも安く販売しており、コスパにこだわるときにはおすすめです。
しかし、ネット通販は、専門の業者が出品していたり、住宅機器業者が出品していたりするなど、エコキュートによって内容や条件が違っています。
例えば、住宅機器業者が出品しているエコキュートは、商品のみを買って自分で工事業者を見つけて頼む必要があります。
また、ネット通販で販売している相場よりも安いエコキュートは、交換工事費用が含まれていないことが多くあります。
そのため、ネット通販でエコキュートを買うときは、交換工事費用などが含まれているかをチェックしましょう。
(家電量販店)
エコキュートは、家電量販店の大手で交換することができます。
しかし、エコキュートは、別の家電製品のように、来店して現物を見てその場で買って持ち帰ることができません。
例えば、ヤマダ電機では、エコキュートの購入や交換工事をホームページの「YAMADAシアワセリフォーム」で申し込みます。
エコキュートを家電量販店で交換するメリットは、オリジナルのポイントがもらえることです。
例えば、ヤマダ電機では、10%のポイントがエコキュートの購入金額に対して与えられます。
ヤマダ電機のポイントは、ヤマダ電機や提携している企業での支払いのときに1ポイント1円として使うことができます。
そのため、ヤマダ電機で626,780円(税込み)の本体価格のエコキュートを買ったときは、ポイントとして62,678円相当分のものがもらえるため、実際には564,102円(税込み)で買ったようになります。
家電量販店によってポイントサービスの内容やポイント還元率が違っていますが、ポイントがもらえるのはメリットでしょう。
しかし、家電量販店でエコキュートを交換するときは、専門の業者よりも割高ということがあります。
例えば、ポイント還元の10%を考慮しても、ヤマダ電機の実際のエコキュートの本体価格は専門の業者に比較すると高くなります。
(地元の電気屋)
個人経営の地元の電気屋でも、エコキュートを交換することができます。
地元に密着した電気屋が多く、在庫があるとエコキュートをすぐに交換してくれることがあります。
しかし、別の業者に比較すると、エコキュートの交換費用が高い、エコキュートに対する知識が少ないなどがあります。
・エコキュートのおすすめの交換業者
エコキュートの交換業者ごとのメリット、デメリットは、次のようになります。
(専門の業者)
メリットは、エコキュートの交換費用が安い、専門の知識があるためにエコキュートを選ぶときに相談ができる、専門の業者であるために工事のノウハウが豊富にあることです。
一方、デメリットは、信頼できる業者を探すのが困難であることです。
(ネット通販)
メリットは、エコキュートの機種が豊富である、相場よりもエコキュートの交換費用が安いことです。
一方、デメリットは、交換工事費用が含まれていないことがある、信頼できるところを探すのが困難であることです。
(家電量販店)
メリットは、ポイントがもらえる、高い知名度があるために信頼できる、信頼できる工事業者を紹介してくれることです。
一方、デメリットは、エコキュートの交換費用が高い、エコキュートの機種が少ないことです。
(地元の電気屋)
メリットは、トラブルが発生してもすぐに対応してくれる、馴染みであるために信頼できることです。
一方、デメリットは、エコキュートの交換費用が高い、エコキュートについての知識が少ないことです。
先にご紹介したように、ネット通販や家電量販店は専門の業者にはないメリットがありますが、デメリットの方が大きいと思う人もいます。
例えば、ネット通販はお店によってルールが違っており、エコキュートの交換工事の実績や流れなどがわからないため、信頼できる業者を探すのが困難です。
家電量販店は、専門の業者よりエコキュートの交換費用が高いのみでなく、エコキュートの機種が少ないこともあります。
選択肢が少なければ、自分の好みやライフスタイルに適したエコキュートが選べないでしょう。
地元の電気屋は、対応スピードが専門の業者に比較して速くなりますが、エコキュートの交換費用が高い、知識が少ないなどがあります。
このようなことから、エコキュートを交換するときは、格安で販売しており、豊富に商品の知識があり、交換実績の多い専門の業者がおすすめです。
なお、専門の業者に頼むときは、信頼できるところを見つけないとトラブルが発生することがあります。

●信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイント
エコキュートは、大気中の熱エネルギーを利用して電気でお湯を沸かす給湯器です。
ガス給湯器からエコキュートに交換するときは、次のような工事を行います。
ガス給湯器の撤去
エコキュートの搬入、設置
給水配管、給湯配管、排水管の接続工事
電気配線の接続工事
リモコンの取付
試運転
エコキュートの交換工事は、資格を持っているスタッフが行う必要があります。
しかし、業者の中には資格を持っていなくてエコキュートの交換工事を行っていることがあり、交換した後に水漏れが発生したり、お湯が出なかったりするなどのトラブルが発生しています。
また、見積もりよりも実際の費用が高くなったようなこともあります。
ここでは、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイントについてご紹介します。
・エコキュートの交換実績
信頼できるエコキュートの交換業者を探すときは、交換実績をチェックしましょう。
交換実績が多くある業者ほど、工事や対応がいい傾向があり、エコキュートを安心して交換することができます。
また、SNSの口コミをチェックすると、信頼できるかの判断がしやすいでしょう。
・自社施工
業者の中には、自社でエコキュートを売って、下請け業者に工事を任せるところがあります。
このような業者は、下請け業者ごとに工事レベルが違う、工事費用が高い、トラブルなどの対応が遅いなどのデメリットがあります。
そのため、業者に頼むときは、できるだけ自社施工のところを探しましょう。
・持っている資格
エコキュートの交換工事は、給水装置工事主任技術者と第二種電気工事士の国家資格が必要です。
エコキュートの見積もりを入手するときに、スタッフが必要な資格を持っているかをチェックしておくと安心でしょう。
・スタッフの対応
信頼できるエコキュートの交換業者を探すときは、メールや電話でのスタッフの対応も大切です。
顧客を嫌な気分にさせない対応やマナーを心得ているか、エコキュートの特徴や機能を十分に把握しているかなどをチェックしましょう。
特に、エコキュートは、特徴がメーカーや機種によって大きく違います。
家族数やライフスタイルなどに適したエコキュートを選ぶためにはスタッフの知識が大切になるため、豊富に専門の知識があるスタッフのいる業者を選びましょう。

●エコキュートのおすすめの交換業者、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイントのまとめ
ここでは、エコキュートのおすすめの交換業者、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイントについてご紹介しました。
エコキュートを交換するときは、信頼できる専門の業者がおすすめでしょう。
専門の業者であれば、お得にエコキュートが交換でき、工事レベルが高いため、安心して頼むことができます。
しかし、工事レベルが低い、相場よりもエコキュートが高いなどの業者もいます。
そのため、信頼できる専門の業者を探しましょう。
信頼できる専門の業者であれば、エコキュートについての専門的な知識が豊富にあるスタッフが対応してくれるため、気軽に相談しましょう。

パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

■HE-S46LQSの代替機
ここでは、HE-S46LQSの代替機についてご紹介します。

●東芝のエコキュートのHWH-B466-R
東芝のエコキュートのHWH-B466-Rは、フルオートタイプのベーシックモデルの一般地向けで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,094mm、幅が630mm、奥行きが730mm、ヒートポンプユニットは高さが712mm、幅が820mm、奥行きが320mmです。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、1,027,400円(税込)です。
光タッチ台所リモコン(HWH-RM96F(B/W))のメーカー希望小売価格は、30,800円(税込)です。
光タッチ浴室リモコン(HWH-RB96F(B/W))のメーカー希望小売価格は、31,900円(税込)です。
シンプル台所リモコン(HWH-RM86F)のメーカー希望小売価格は、22,000円(税込)です。
シンプル浴室リモコン(HWH-RB86F)のメーカー希望小売価格は、25,300円(税込)です。
搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。
なお、機能の詳細については、東芝のエコキュートのホームページ(https://www.toshiba-carrier.co.jp/products/small/eco/index_j.htm)などを参照してください。

●日立のエコキュートのBHP-FG46WU
日立のエコキュートのBHP-FG46WUは、フルオート 標準タンク(FGタイプ)の一般地仕様(-10℃対応)で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜6人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,101mm、幅が650mm、奥行きが730mm、ヒートポンプユニットは高さが720mm、幅が792mm、奥行きが299mm(配管カバー寸法を含む)です。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、1,171,500円(税込)です。
エコキュートの本体と対応リモコンと脚カバーがセットのメーカー希望小売価格は、1,249,050円(税込)です。
別売品の対応リモコン(BER-W1FH)のメーカー希望小売価格は、60,500円(税込)です。
別売品の脚カバー(BEAKT-46W)のメーカー希望小売価格は、17,050円(税込)です。
搭載されている機能としては、ウレタンク、高速湯はり(約11分)、追いだき、ダブル湯温設定、インテリジェント制御、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げ、節約サポート機能、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、日立エコキュートアプリ、耐震クラスS対応などがあります。
なお、機能の詳細については日立のエコキュートのホームページ(https://kadenfan.hitachi.co.jp/kyutou/)などを参照してください。

●長府のエコキュートのEHP-4604BZ
長府のエコキュートのEHP-4604BZは、フルオートタイプ 一般地仕様 角型で、タンク容量が460Lです。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,137mm、幅が630mm、奥行きが730mm、ヒートポンプユニットは高さが675mm、幅が899mm、奥行きが300mmです。
無線LAN対応タッチパネルリモコンセット(DR-105PM)付きのエコキュートのメーカー希望小売価格は、1,138,500円(税込)です。
無線LAN対応インターホンリモコンセット(DR-113PM)付きのエコキュートのメーカー希望小売価格は、1,133,000円(税込)です。
搭載されている機能としては、高圧力170kPa、IoT、自動お湯はり、急速湯はり、ふろタイマー、ソーラーアシストモード(自動)、ソーラーアシストモード(手動)、追いだき、自動追いだき、高温さし湯、ecoとく、保温、マイクロバブル、ツイン湯温コントロール、予約、配管クリーン(自動)、配管クリーン(手動)などがあります。
なお、機能の詳細については、長府のエコキュートのホームページ(https://www.chofu.co.jp/products/supply/ecocute/index.html)などを参照してください。

パナソニックエコキュートHE-S46LQSをご検討の方へ

■まとめ
ここでは、パナソニックHE-S46LQSをご検討の方へ、パナソニックのエコキュートの特徴、HE-S46LQSの仕様、エコキュートのおすすめの交換業者、信頼できるエコキュートの交換業者を探すポイント、HE-S46LQSの代替機についてご紹介しました。
パナソニックHE-S46LQSをご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP