ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ

2022年5月9日

ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ

エコキュートは10年間〜15年間くらいの寿命といわれています。
しかし、15年間をオーバーしても大きなトラブルがなく使っているような方もいます。
エコキュートはイニシャルコストが高いため、できるだけ長く使いたいでしょう。
ここでは、ダイキンのEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ、EQ46KFTVの仕様、EQ46KFTVの表示されやすいエラーコードの要因と対処法、エコキュートに交換するときの費用、注意すること、EQ46KFTVからエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介します。

ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■EQ46KFTVの仕様
ここでは、EQ46KFTVのシステム、貯湯タンクユニット、ヒートポンプユニットの仕様についてご紹介します。

●EQ46KFTVのシステムの仕様
ここでは、EQ46KFTVのシステムの仕様についてご紹介します。
・種類:薄型フルオートタイプ

●EQ46KFTVの貯湯タンクユニットの仕様
ここでは、EQ46KFTVの貯湯タンクユニットの仕様についてご紹介します。
・タンク容量:460L
・消費電力:風呂保温:熱交循環ポンプ:11W、風呂循環ポンプ:80W/102W(50Hz/60Hz)、沸き上げポンプ:8W、制御用:5W
・温度調節:給湯温度設定:37℃~50℃(1℃きざみ)、55℃、60℃、風呂湯温設定:約35℃~48℃
・水側最高使用圧力:190kPa(1.9kg/㎠)
・質量(満水時):99kg(559kg)
・外形寸法:高さ1,870mm、幅1,190mm、奥行き495mm

●EQ46KFTVのヒートポンプユニットの仕様
ここでは、EQ46KFTVのヒートポンプユニットの仕様についてご紹介します。
・中間期加熱能力:6.0kW
中間期加熱能力の条件は、外気温度が16℃DB/12℃WB、給水温度が17℃、出湯温度が65℃です。
・冬期高温加熱能力:6.0kW
冬期高温加熱能力の条件は、外気温度が7℃DB/6℃WB、給水温度が9℃、出湯温度が90℃です。
・消費電力:中間期:1.250kW、冬期高温:2.000kW
中間期消費電力の条件は、外気温度が16℃DB/12℃WB、給水温度が17℃、出湯温度が65℃です。
冬期高温消費電力の条件は、外気温度が7℃DB/6℃WB、給水温度が9℃、出湯温度が90℃です。
・運転音:中間期:38dB、冬期高温:45dB
運転音はJIS9612規格に準拠し、無響室換算した時の値です。
実際に据え付けた状態で測定すると周囲の騒音や反射を受け、表示値より大きくなるのが普通です。
中間期の条件は、外気温度が16℃DB/12℃WB、給水温度が17℃、出湯温度が65℃です。
冬期高温の条件は、外気温度が7℃DB/6℃WB、給水温度が9℃、出湯温度が90℃です。
・質量:62kg
・外形寸法:高さ735mm、幅899mm、奥行き300mm

ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■EQ46KFTVの表示されやすいエラーコードの要因と対処法
ここでは、EQ46KFTVの表示されやすいエラーコードの要因と対処法についてご紹介します。

●エラーコードの「P4」
エラーコードの「P4」の要因は、サーミスタ系の異常で、放熱フィンサーミスタのトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U0」
エラーコードの「U0」の要因は、ガス欠の検知で、冷媒系統のトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U2」
エラーコードの「U2」の要因は、電源電圧系の異常で、ヒートポンプユニットのプリント基板のトラブルです。
対処法としては、次のようなものがあります。
エコキュートの貯湯タンクユニットの漏電遮断器を切って10秒間くらい待つ
再度漏電遮断器を入れる
音がリモコンから鳴って、エラーコードが解除されることをチェックする
このような対処法でもエラーコードが解除されないときは、メーカーあるいは業者に相談してください。

●エラーコードの「U4」
エラーコードの「U4」の要因は、貯湯タンクユニットとヒートポンプユニット間の伝送異常で、ヒートポンプユニットの電子膨張弁コイルのトラブルです。
対処法は、次のようなものがあります。
エコキュートの貯湯タンクユニットの漏電遮断器を切って10秒間くらい待つ
再度漏電遮断器を入れる
音がリモコンから鳴って、エラーコードが解除されることをチェックする
このような対処法でも、エラーコードが解除されないときはメーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U01」
エラーコードの「U01」の要因は、中温水サーミスタの異常で、中温水サーミスタのトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U02」
エラーコードの「U02」の要因は、中温水取出信号の異常で、中温水サーミスタのトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U05」
エラーコードの「U05」の要因は、熱交の1次入口信号の異常で、熱交換器のトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U06」
エラーコードの「U06」の要因は、熱交1次出口サーミスタの異常で、熱交換器のサーミスタのトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U07」
エラーコードの「U07」の要因は、熱交2次出口サーミスタの異常で、熱交換器のサーミスタのトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

●エラーコードの「U08」
エラーコードの「U08」の要因は、熱交2次入口サーミスタの異常で、熱交換器のサーミスタのトラブルです。
対処法は、メーカーあるいは業者に問い合わせしてください。

ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■エコキュートに交換するときの費用、注意すること
エコキュートは、光熱費が低減でき、環境に対して優しいなどのメリットがあります。
そのため、エコキュートを導入したいと思っている方も多くいるようです。
しかし、エコキュートに交換するときは費用が心配でしょう。
ここでは、エコキュートに交換するときの費用、注意することについてご紹介します。

●エコキュートに交換するときの費用の相場
エコキュートに交換するときの費用の相場は、35万円~60万円くらいです。
このように開きがあるのは、主にエコキュートの本体価格が違うためです。
エコキュートは、豊富な種類があり、どのようなものを選ぶかによって大きく本体価格が違います。

●エコキュートの本体価格に影響する要素
ここでは、エコキュートの本体価格に影響する要素についてご紹介します。
・貯湯タンクの容量
エコキュートは、ヒートポンプユニットで沸かしたお湯を貯湯タンクユニットに貯めておいて使います。
貯湯タンクの容量が大きいと、貯めておくお湯の量が多くなるため、湯切れが発生することが少なくなります。
しかし、エコキュートの貯湯タンクの容量が大きいほど、本体価格は高くなります。
なお、家族数に応じて、貯湯タンクの容量を選ぶことが大切です。
貯湯タンクの容量があまり大きいと、費用を必要以上にかけるようになります。
また、費用のみを考えて小さい貯湯タンクの容量のエコキュートを選ぶと、湯切れが発生します。
そのため、電気料金が高い時間帯に沸き上げするようになり、エコキュートにせっかく交換したにも関わらず光熱費が高くなることもあります。
なお、家族数に応じた貯湯タンク容量の目安としては、次のようになります。
家族数が2人~3人のときは、貯湯タンクの容量が300L~320Lくらいで、フルオートタイプのエコキュートの本体価格の相場は18万円~33万円くらいです。
家族数が3人~5人のときは、貯湯タンクの容量が370Lくらいで、オートタイプのエコキュートの本体価格の相場は17万円~26万円くらい、フルオートタイプのエコキュートの本体価格の相場は19万円~45万円くらいです。
家族数が4人~7人のときは、貯湯タンクの容量が460Lくらいで、オートタイプのエコキュートの本体価格の相場は18万円~30万円くらい、フルオートタイプのエコキュートの本体価格の相場は19万円~50万円くらいです。
・給湯タイプ
エコキュートは、給湯タイプによって本体価格が違います。
エコキュートの給湯タイプとしては、給湯専用タイプ、オートタイプ、フルオートタイプがあります。
なお、工事内容も給湯タイプによって違うため、工事費用も違ってきます。
エコキュートに交換するときは、どの給湯タイプにするか十分に検討することが大切です。
給湯専用タイプのエコキュートは、シンプルなものです。
手動で湯はりや足し湯などを行う必要がありますが、最もエコキュートの本体価格が安いものです。
オートタイプのエコキュートは、湯はりや足し湯が自動でできるものです。
エコキュートの本体価格は、全体の中間くらいです。
フルオートタイプのエコキュートは、オートタイプのエコキュートにプラスして、自動で追いだきや保温もできるものです。
機能が充実したハイクラスのエコキュートであるため、本体価格は高めですが、高い利便性があるためにニーズが最もあるものです。
エコキュートに交換するときは、特に問題がなければ従来と給湯タイプが同じものがおすすめです。
同じ給湯タイプであれば、大きく配管などを変える必要がないため、工事費用が安くなります。
一方、給湯専用タイプからフルオートタイプなどの違った給湯タイプのエコキュートに交換するときは、工事費用が高くなるために注意しましょう。
・機種のグレード
エコキュートには、ハイグレード機種があります。
例えば、ハイグレード機種としては、三菱のPシリーズのエコキュート、コロナのプレミアムエコキュートなどがあります。
ハイグレード機種は、省エネ性能がアップしていたり、快適に入浴がなる機能が搭載されていたりするため、その分本体価格が高くなります。
また、寒冷地仕様のエコキュートや井戸水対応のエコキュートも、本体価格が高くなります。
一方、エコキュートには、シンプルな機能の機種もあります。
例えば、三菱のAシリーズのエコキュート、コロナのエコキュートライトなどがあります。
必要性や予算に応じた最も適した機種を選ぶことによって、満足度がタップして交換するときの費用も安くなるでしょう。
なお、ハイグレード機種は、取り扱っている業者が少ないために注意する必要があります。
取り寄せになるときが多くあるため、納期がかかったり、割高になったりすることもあります。
そのため、ハイグレード機種のときは、納期や費用について十分にチェックしましょう。

●エコキュートに交換するときの費用の内訳と相場
ここでは、エコキュートに交換するときの費用の内訳と相場についてご紹介します。
・基礎工事、配管工事の費用の相場
基礎工事というのは、安全にエコキュートを設置するためのものです。
基礎工事としては、専用のコンクリートブロックなどを使うエコベースと、コンクリートや鉄筋で組み上げる現場打ちがあり、地盤や設置場所に応じて選ぶようになります。
基礎工事の費用の相場は2万円~4万円くらいですが、エコベースの方が安くなります。
配管工事は基礎工事の次に行うもので、給水配管、給湯配管、追いだき配管、ドレン配管などの工事があり、工事の費用の相場はそれぞれ2万円~5万円くらいです。
また、既設の給湯器の撤去の費用の相場は5,000円~1万円くらいです。
なお、配管工事のときは断水になるために注意しましょう。
・電気工事の費用の相場
電気工事の費用の相場は、住宅の配線状況によって違ってきます。
例えば、ブレーカーの取り付けと電気配線工事だけのときの費用の相場は、25,000円~50,000円くらいのときが多くあります。
しかし、新しくエコキュートに交換するときは、幹線の張り替え、分電盤の交換、電力会社への申請などが必要になります。
このときの費用の相場は、幹線張り替えが28,000円~40,000円くらい、分電盤の交換が35,000円~60,000円くらい、電力会社への申請の代行が20,000円~40,000円くらいです。
また、電気工事でも、ブレーカーとエコキュートの本体が離れているときは、費用が追加でかかることもあります。
なお、電気工事の費用については、業者から見積もりを入手してチェックしましょう。
・追加工事の費用の相場
エコキュートの交換の費用が工事費込みになっていても、追加工事が場合によっては発生するために注意しましょう。
例えば、既設の給湯器を処分するときは費用がかかり、10,000円くらいの相場になります.
エコキュートの給湯タイプを変えるときは、浴槽のふろ循環アダプターの取り付けに10,000円~15,000円くらいかかるでしょう。
これ以外にも、エコキュートの搬入が難しいときは、ユニック車を使うために特殊運搬料がかかります。
なお、詳しい追加工事の費用については見積もりを入手してチェックしましょう。
・エコキュートに交換するときの工事の費用の相場
エコキュートに交換するときは、多くの必要な工事があるために費用も高くなりがちです。
高額なときは、工事の費用のみで数十万円のこともあるでしょう。
しかし、従来使っていた配管などが流用できるときは、費用が安くなります。
例えば、エコキュートの交換のみであれば、工事の費用は90,000円~170,000円くらいの相場です。
最低限の工事のときは90,000円くらい、既設の配管の交換、浴槽のふろ循環アダプターの取り付けなどが必要なときは170,000円くらいでしょう。
なお、過度に工事の費用が安い業者は注意しましょう。
というのは、工事が雑になったり、工事が追加でかかったりして、費用が相場以上にかかるトラブルが発生するためです。
・エコキュートの付属品の費用の相場
エコキュートに交換するときは、付属品の費用についても注意する必要があります。
エコキュートの本体価格が安くても、リモコンと脚部カバーは費用が別にかかることもあります。
例えば、エコキュートの本体と付属品を別にしていることが多くあります。
リモコンの価格の相場は10,000円~50,000円くらい、脚部カバーの価格の相場は3,000円~14,000円くらいです。
エコキュートの本体価格が安いと思っていると、リモコンや脚部カバーが別売になっていたようなこともあるため、付属品は十分にチェックしましょう。

●エコキュートに交換するときの費用の相場
ここでは、エコキュートに交換するときの費用の相場についてご紹介します。
エコキュートの本体価格の相場は、20万円~50万円くらいです。
標準工事の費用の相場は10万円~20万円くらい、追加工事の費用の相場は4万円~6万円くらいです。
そのため、エコキュートに交換するときの費用の相場は、50万円くらいを考えておきましょう。
当然ですが、エコキュートの機種によっては、50万円よりも高くなったり安くなったりすることもあります。
なお、フルオートタイプや多機能タイプのエコキュートは、本体価格が高くなったり、工事が追加が必要になったりするときもあります。

●エコキュートに安く交換する方法
ここでは、エコキュートに安く交換する方法についてご紹介します。
・相見積もりを複数の業者から入手する
相見積もりを複数の業者から入手すると、安い業者を探すことができます。
見積もりを1社だけから入手すると、本当に費用が安いか判断しにくくなります。
・自治体のエコキュートの補助金を利用する
自治体によっては、エコキュートの補助金を支給しているところがあります。
しかし、補助金をもらうためには前もって機種や業者などが決まっていたりするなどの自治体の独自の決まりがあるため、前もってチェックしましょう。
・自社施工の業者を選ぶ
下請け業者に工事を頼むとマージンが発生するため、最終的にエコキュートの交換の費用が高くなります。
また、下請け業者の中には工事が雑なところもあります。
自社施工の工事業者に頼むことによって、費用が安くなるだけでなく、トラブルがもし発生したときでも安心です。

●エコキュートに交換するときの費用、注意することのまとめ
ここでは、エコキュートに交換するときの費用、注意することについてご紹介しました。
エコキュートに交換するときの費用の相場は、35万円~60万円くらいです。
しかし、エコキュートはどのような機種を選ぶかなどによっても、大きく費用は違います。
トラブルが発生しないように、工事業者から見積もりを入手しましょう。
エコキュートに交換するときは、工事業者に相談するのがおすすめです。

ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■EQ46KFTVからエコキュート交換する人気の型番ランキング
ここでは、EQ46KFTVからエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介します。

第1位:ダイキンのエコキュートのEQ46WFTV
ダイキンのエコキュートのEQ46WFTVは、フルオートタイプの一般仕様の薄型のパワフル高圧で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,173mm、幅が1,075mm、奥行きが438mm、ヒートポンプユニットは高さが635mm、幅が899mm、奥行きが300mmです。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、1,177,000円(税込)です。
脚部化粧カバー(KKC052B4)のメーカー希望小売価格は、14,520円(税込)です。
スタイリッシュリモコン(BRC083D1)のメーカー希望小売価格は、55,000円(税込)です。
搭載されている機能としては、昼間シフト機能、沸き上げ一時休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、ウルトラファインバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、無線対応LANリモコン、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのホームページ(https://www.daikinaircon.com/sumai/alldenka/ecocute/)などを参照してください。

第2位:ダイキンのエコキュートのEQX46WFTV
ダイキンのエコキュートのEQX46WFTVは、フルオートタイプの一般仕様の薄型(Xシリーズ)のパワフル高圧で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,173mm、幅が1,075mm、奥行きが438mm、ヒートポンプユニットは高さが735mm、幅が899mm、奥行きが300mmです。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、1,098,000円(税込)です。
脚部化粧カバー(KKC052B4)のメーカー希望小売価格は、14,520円(税込)です。
スタイリッシュリモコン(BRC083D1)のメーカー希望小売価格は、55,000円(税込)です。
搭載されている機能としては、昼間シフト機能、沸き上げ一時休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、ウルトラファインバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、無線対応LANリモコン、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのホームページ(https://www.daikinaircon.com/sumai/alldenka/ecocute/)などを参照してください。

第3位:三菱のエコキュートのSRT-S435UZ
三菱のエコキュートのSRT-S435UZは、一般地向け(高機能)のSシリーズのフルオートW追いだきの薄型で、タンク容量が430L、家族の人数が主に4人〜5人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが2,150mm、幅が430mm、奥行きが1,120mm、ヒートポンプユニットは高さが715mm、幅が865mm、奥行きが301mm(配管カバー寸法を含む)です。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、1,075,000円(税別)です。
インターホンタイプリモコンセット(RMCB-D5SE)のメーカー希望小売価格は、40,000円(税別)です。
脚部カバー(GT-L370ZA)のメーカー希望小売価格は、21,000円(税別)です。
搭載されている機能としては、こだわりの先進仕様、フルオートW追いだき、キラリユキープ、バブルおそうじ、ハイパワー給湯、スマートリモコン、電力自由化対応、省エネ制御、あったかリンク、お天気リンクEZ/AIなどがあります。
なお、機能の詳細については、三菱のエコキュートのホームページ(https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ecocute/)などを参照してください。
ダイキンEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■まとめ
ここでは、ダイキンのEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ、EQ46KFTVの仕様、EQ46KFTVの表示されやすいエラーコードの要因と対処法、エコキュートに交換するときの費用、注意すること、EQ46KFTVからエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介しました。
EQ46KFTVからエコキュート交換する人気の型番ランキングとしては、次のようになります。
第1位:ダイキンのエコキュートのEQ46WFTV
第2位:ダイキンのエコキュートのEQX46WFTV
第3位:三菱のエコキュートのSRT-S435UZ
ダイキンのEQ46KFTVからエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP