センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年3月12日

センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
住宅の価格はどうして高いのだろうと疑問に思っている方も多くいるのではないでしょうか。
住宅の価格は、ハウスメーカーの宣伝費や運営経費などが上積みされているため高くなります。
センチュリーホームは、このような費用をかけないようにして住宅の価格を安くするために、アイデアをどんどん出して家づくりを行なっています。
ここでは、センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ、センチュリーホームの家づくりの想い、センチュリーホームの注文住宅の商品ラインナップ、センチュリーホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■センチュリーホームの家づくりの想い


ここでは、センチュリーホームの家づくりの想いについてご紹介します。


●他社よりも安くていい住宅を造る


センチュリーホームの1983年の創業理念は、日本の住宅は高すぎるということでした。
センチュリーホームは、例えば、次のような業界の常識を見直ししました。


・高い宣伝費
住宅本体の価格には、膨大なCMなどの宣伝費が上乗せされます。


・余分な人件費
お客様の一人に、いろいろな肩書きの担当者がつくことによって余分な人件費がかかります。


・自社の工場経費
自社で部材などを加工する工場を持つと、当然ですが、住宅の本体の価格にその分の経費も上乗せされます。


・展示場・総合展示場
展示場の高い経費にプラスして、実際の生活サイズに合わないような華美なモデルハウスを比較し合う意味の無い競合をしています。


・わかりにくい見積価格
最初の見積価格から工程が進むにつれて価格が高くなって、最終的に契約を諦めざるを得なくなるようなこともよくあります。


・高コスト体質
業界の常識としては、注文住宅は贅沢であると考え続けて、高コストが当然であるとしてきたものがあります。
センチュリーホームの取り組みとしては、次のようなものがあります。


・現金での仕入れ
コストを追い求めるのみでなく、品質は技術を平準化することによって良くすることができます。


・強いパートナー企業との絆
経営の確かな基盤を背景にして、長年に渡って現金取引によって、資材メーカーや設備メーカーと信頼関係を築いてきました。
そのため、お得なキャンペーンやコストメリットが提供できるのみでなく、新技術・新製品の情報を共有することによって常に商品が進化し続けます。
さらに、東日本大震災が発生したときにも、強いパートナーシップは発揮されました。
資材の調達が全国で難しくなったときに、垣根を越えてパートナー企業が協力し合って、大きなトラブルを避けることができました。


・計画的な販売&生産
センチュリーホームは、余分なコストがかかる在庫は持たないようにしているために、販売目標を計画的に立案して、販売方法として目先の売りには走らないものを通しています。
これは現場の平準化された工程に繋がって、安定した技術にもなります。


・木造注文住宅のみに特化
センチュリーホームは、土地などの不動産や他の事業に着手しないで、木造注文住宅のみに特化してきました。
そのため、景気に影響されることなく、業績を着実に伸ばすことができました。


・永く優れた職人と付き合う
センチュリーホームは、現金で職人とも取引しています。
さらに、現場数は計画生産であるため安定します。
そのため、安定した仕事が職人も見込めるため、丁寧に一つひとつの住宅に取り組むことができます。
優れた職人が集まる環境が整備されています。


・健全な財務内容
センチュリーホームの経営は、1983年からずっと無借金です。
着実に自己資本比率を伸ばして、60%を2015年にはオーバーしました。
高額な住宅という商品を取り扱うため、センチュリーホームは経営が安定するように心がけています。
センチュリーホームは、「ずっと生涯に渡って付き合い続けられる」ことがハウスメーカーに要求される本当の姿であると考えています。


●他社よりも安心感がある


センチュリーホームは、1983年の創業からずっと無借金です。
自己資本比率は、平成29年6月に約77%になりました。
経営の安定した基盤をベースに、最高の技術を使った注文住宅を常に提供してきました。
建築業界は一般的に手形商売ですが、センチュリーホームは現金による取引を常に行っています。
そのため、他社よりも有利に建築資材などが仕入れられるのみでなく、永続的な関係を優れた職人と維持することができます。
大事な人生を預ける住宅であるため、超優良企業のセンチュリーホームに家づくりを任せるのがおすすめです。
センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
●技術がしっかりしている


家づくりは、技術が常に進化しています。
そのため、センチュリーホームは、常に最先端の技術を積極的に取り込んでいます。
センチュリーホームの住宅の大きな特徴は、現状で想定される最高の基準や品質で造られ、常に最高レベルの性能であることです。
ここでは、センチュリーホームの住宅が最高レベルの性能である理由についてご紹介します。


・長期優良住宅
長期優良住宅というのは、長期に渡っていい状態を維持することができる家づくりのために、国が決めた基準をクリアする、高度な技術を使った住宅です。
しかし、センチュリーホームの住宅は、国が制度化するずっと以前から長期優良住宅の基準をクリアしていました。
主な長期優良住宅の基準としては、次のようなものがあります。


(耐震性能)
耐震性能は、3段階の基準があります。
長期優良住宅に必要な条件は、この2段階目以上です。
この上の基準3を、センチュリーホームの住宅はクリアしています。
基準1は、百年に1回発生する地震に耐える強さで、基準3はこの1.5倍の強度を保つものです。


(省エネルギー性)
長期優良住宅は、省エネ法で決まっている次世代省エネルギー基準に適合する必要があります。
要求される基準は、省エネルギー対策等級4です。
制度化される以前から、センチュリーホームはこの基準にも取り組んできました。
壁面の断熱性能が要求されるだけでなく、窓からのエネルギー発散が住宅は非常に大きく、これを解消するためには窓枠、特にガラスの素材が大切です。
センチュリーホームの住宅で使っている窓は、複層ガラスにプラスして、この間の層には特殊なアルゴンガスが注入されています。
アルゴンガスは、断熱性能が一般的な乾燥した空気よりも優れています。


(維持管理性)
耐用年数が構造躯体に比較して短い設備・内装については、容易に清掃・補修・点検・更新の維持管理を行うための措置を講じる必要があります。
例えば、配管の維持管理が影響を構造躯体などに与えないでできたり、リフォーム工事などが軽くなる措置を講じたりすることが条件です。


(劣化対策)
長期優良住宅は、住宅の構造躯体が数世代に渡って使えること、さらに屋根裏および床下に点検口を設けて、330mm以上の有効高さを床下空間に確保することによって通風を確保し、容易に補修・点検作業ができる構造であることが条件です。
これ以外にもいろいろな条件をクリアして、センチュリーホームの住宅は長期優良住宅として認定されています。
なお、長期優良住宅対応、これ以外の条件などの詳細については、センチュリーホームに問い合わせしてください。


・次世代省エネ基準をクリア
省エネ住宅は、夏は涼しく冬は暖かくて心地いいのみでなく、家計にも優しいものです。
戸建てのときは、夏のシーズンに70%を越える熱が開口部から室内に入ります。
一方、冬のシーズンの室内の熱は約50%が窓などの開口部から出て行きます。
そのため、省エネ住宅の大きなポイントは、開口部、つまり窓の性能です。


センチュリーホームの住宅は、複層ガラスで、この間にアルゴンガスをさらに注入したサッシを使っています。
コーティングを薄い金属膜Low-Eで行なって、究極の熱貫流率をアルゴンガスという気体の断熱材で実現しました。
壁などの断熱性ついても配慮したため、センチュリーホームの住宅はクラス最高レベルの次世代省エネ基準4等級を得ました。
究極のスマートハウスも、エコキュートや太陽光発電と合わせて入手することができます。
なお、次世代省エネ基準対応の商品、これ以外の条件などの詳細については、センチュリーホームに問い合わせしてください。


・高気密・高断熱
住宅の天井や壁面は断熱材がどこまで入っているか気になるでしょう。
断熱工法は、目に見えない隅々まで大切になります。
住宅を建てているときに全てを見なければ、断熱工法の作業の精度はわかりません。
まして住宅が出来上がってからでは、住み心地で断熱工法は判断するしかありません。
しかし、センチュリーホームの住宅であれば、高気密・高断熱の性能については、長期優良住宅、次世代省エネ基準4等級であるため安心です。


・耐震等級3
日本は地震が多く発生するため、センチュリーホームは最大限に「住み続けられる安心」に注力しています。
品確法の住宅性能表示での耐震等級が、建物の強さを表現する指標としてあります。
耐震等級は、百年に1回発生する地震力に対して崩壊・倒壊しないくらいの基準を1とします。
耐震等級2はこの1.25倍の強度基準をクリアするもので、耐震等級3はこの1.5倍の強度基準をクリアするものです。
センチュリーホームの住宅は、耐震等級3が取れる強度があり、免震性能を備えた住宅をオプションによって建てることもできます。
そのため、東日本大震災のときでも、センチュリーホームの住宅で倒壊したものは全くありませんでした。
なお、耐震等級3対応の商品、これ以外の条件などの詳細については、センチュリーホームに問い合わせしてください。


・省令準耐火構造
省令準耐火構造というのは、例えば、木造家屋における鉄筋造のようなものです。
具体的な省令準耐火構造としては、屋根は不燃材料の瓦・スレートなど、外壁の野外に面する箇所や軒裏は防火構造のモルタル塗りなど、壁・天井の室内に面する箇所を不燃材料の石膏ボードなどで防火被覆などの基準をクリアしているものです。


優れた耐火性があるだけでなく、火災保険料が一般の木造住宅に比較して非常に安くなります。
なお、準耐火構造と省令準耐火構造は、全く制度が違うため注意しましょう。
また、省令準耐火構造対応の商品、これ以外の条件などの詳細については、センチュリーホームに問い合わせしてください。


・住宅瑕疵担保責任保険
住宅瑕疵担保責任保険は、瑕疵が新築住宅にあったときに、保険金が補修を行った事業者に支払われるものです。
センチュリーホームは、住宅瑕疵担保責任保険が法制化されるずっと以前から費用を負担して全棟に付けていました。
センチュリーホームが建築しているときにも検査が行われる住宅瑕疵担保責任保険を早くから取り入れてきたのは、自信が品質にあるためです。
建てた後もお客様が安心して暮らすためには、センチュリーホームは必要な経費であると考えてきました。


・住宅性能評価書
住宅性能評価書というのは、1等級~3(4)等級の評価を10分野32項目に与えていくもので、住宅の通知表のようなものであるといえます。
また、住宅性能評価書としては、設計住宅性能評価書と建設住宅性能評価書があります。
設計住宅性能評価書は、設計する段階にチェックされて発行されるものです。
一方、建設住宅性能評価書は、建設工事・完成段階に発行されるものです。
国が認めた第三者機関が、いずれの住宅性能評価書も採点して評価します。
公平な立場から夢のマイホームの品質を評価してくれるため安心です。
そして、費用が評価書を発行するためにはかかりますが、センチュリーホームはこの費用をずっと負担してきました。
というのは、どこに出しても品質は自慢できるために費用を負担してきました。
他社ではあまり例がない取り組みでしょう。
なお、住宅性能評価書の対応希望、これ以外の条件などの詳細については、センチュリーホームに問い合わせしてください。


●メンテナンスがしっかりしている


大事なマイホームも、時間が経つにつれてだんだん傷んできます。
そのため、資産価値を維持して、完成したときの状態や美観を維持するためには、メンテナンスを適切に行うことが必要です。


●自由なプランとデザイン性


センチュリーホームは、30年を超えて木造注文住宅づくりを行なっており、今までの実績の中から生まれたプラン(間取り)や商品シリーズなどから、お客様の夢に適した商品が選べるだけでなく、お客様の予算に合ったプランも提案します。


・選べる商品
30年を越える歴史から生まれた商品シリーズは、お客様本位の要望を集めたモデル群です。
そのため、お客様の家づくりに適した商品が間違いなく見つかるでしょう。


・選べるプラン(間取り)
センチュリーホームは、今までの実績の中で、要望が比較的高かったプラン(間取り)を選りすぐって、637のさらに洗練したプランに進化させました。


・合わせる予算
家づくりはもちろん予算あってのものです。
センチュリーホームの住宅で価格を徹底して追い求めて、夢のマイホームを入手しましょう。


・こだわりのデザイン性
住宅は永く付き合うものであるため、デザインにもこだわりたいでしょう。
センチュリーホームは、お客様のこのような想いに対しても、今までの実績を活かしてお客様の夢に適した提案をします。
外装、内装、外構など、カタチにお客様の夢をします。
センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■センチュリーホームの注文住宅の商品ラインナップ


センチュリーホームには、ネットだけの商品以外に、人気商品が多くあります。
ここでは、センチュリーホームの注文住宅の商品ラインナップについてご紹介します。


●「SSノリムⅡ」


「SSノリムⅡ」は、自由にカスタムできる、基本性能にこだわった住宅です。
基本仕様をベースにしてアレンジが自由にできるため嬉しいでしょう。
ライフスタイルや土地の大きさに合わせて、自由に検討することができます。
価格も抑えているため、戸建てを家賃並みのローンで建てることができます。


●「SレーライⅡ」


住宅を建てるときは、夢を誰でも見るでしょう。
「SレーライⅡ」は、誰でもが見る夢が実現できる住宅です。
広いリゾートホテルのようなバスルーム、理想の機能的なキッチン、こだわったデザインが実現できる住宅です。
センチュリーホームの住宅は自由設計に全棟対応しているため、こだわりのデザインが実現できるでしょう。
センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
●「MSホープ」


「MSホープ」は、効率のいい尺モジュールで建てる住宅です。
土地探しからスタートする方には、「MSホープ」がおすすめです。


●「キューブ型住宅」


「キューブ型住宅」は、狭小の土地、制限のある都会の土地を買ったときにおすすめの住宅です。
ライフスタイルや土地に合わせて、デザインが自由にでき、コストパフォーマンスが高いマイホームを建てることができます。
センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■センチュリーホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、センチュリーホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


●第1位:パナソニックのエコキュートのHE-JPU46KQS


パナソニックのエコキュートのHE-JPU46KQSは、JPシリーズのパワフル高圧フルオートで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、ソーラーチャージ、温浴セレクト、エコナビ、リズムeシャワープラス、ぬくもりチャージ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。
なお、機能の詳細については、パナソニックのエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第2位:東芝のエコキュートのHWH-B466


東芝のエコキュートのHWH-B466は、フルオートタイプのベーシックモデルの一般地向けで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。
なお、機能の詳細については、東芝のエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第3位:コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY3


コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY3は、一般地向けフルオートのプレミアムエコキュートで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、 使い切りモード、給湯量節水、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線 LAN 対応インターホンリモコン選択時)、無線 LAN 対応インターホンリモコン、インターホンリモコン、高精細バックライト液晶、浴室優先、休止、呼び出し機能、表示消灯、リチウム電池搭載、タンク湯増し時間選択、施工時診断機能などがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのカタログなどを参照してください。
センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ、センチュリーホームの家づくりの想い、センチュリーホームの注文住宅の商品ラインナップ、センチュリーホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。


センチュリーホームの家づくりの想いとしては、次のようなものがあります。


・他社よりも安くていい住宅を造る


・他社よりも安心感がある


・技術がしっかりしている


・メンテナンスがしっかりしている


・自由なプランとデザイン性


センチュリーホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位はパナソニックのエコキュートのHE-JPU46KQS


・第2位は東芝のエコキュートのHWH-B466


・第3位はコロナのエコキュートのCHP-HXE37AY3


センチュリーホームのエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP