コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ

2022年1月11日

コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
マンションなどでコロナのエコキュートを使っているが、時々エラーコードが表示されるため困っている方もいるのではないでしょうか。


ここでは、コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ、CHP-H3014AM-BLの仕様、CHP-H3014AM-BLの表示されやすいエラーコードの要因と対処法、エコキュートの電気代を節約する方法、CHP-H3014AM-BLからエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介します。
コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■CHP-H3014AM-BLの仕様


コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュートは、主にマンションに設置されているものです。
ここでは、CHP-H3014AM-BLの貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットの仕様についてご紹介します。


●貯湯タンクユニット


貯湯タンクユニットの主な仕様としては、次のようなものがあります。


・沸き上げ温度:約65℃~90℃


・種類:屋内・屋外兼用型


・貯湯タンクの容量:300L


・最大使用圧力:190kPa(減圧弁設定圧:170kPa)


・外形寸法(高さ×幅×奥行):1,770mm×600mm×610mm


・質量(製品質量/満水時質量):約68kg/約368kg


・消費電力:風呂保温は80W/105W(50/60Hz)、凍結防止ヒーターは72W(ただし冬期のみ作動)、制御用は14W(リモコン消灯時9W)


・貯湯機能:おまかせ・満タン・深夜のみ


・風呂給湯機能:自動湯はり、自動保温、自動たし湯、追いだき、たし湯、さし水


●ヒートポンプユニット


ヒートポンプユニットの主な仕様としては、次のようなものがあります。


・外形寸法(高さ×幅×奥行):640mm×820mm×300mm


・質量:59kg


・定格加熱能力:4.5kW
沸き上げ終了直前では加熱能力が低下する場合があります。
作動条件:外気温(乾球温度/湿球温度)16℃/12℃、水温17℃、沸上げ温度65℃


・定格消費電力:1.11kW
作動条件:外気温(乾球温度/湿球温度)16℃/12℃、水温17℃、沸上げ温度65℃


・運転音:38dB
定格条件下での測定(JISのルームエアコンディショナに準じ測定)
コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■CHP-H3014AM-BLの表示されやすいエラーコードの要因と対処法


ここでは、CHP-H3014AM-BLの表示されやすいエラーコードの要因と対処法についてご紹介します。


●エラーコード「E01」


エラーコード「E01」の要因は、風呂保温ヒーター異常(2缶式)で、ヒーターの破損、断線の疑いです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E02」


エラーコード「E02」の要因は、缶体サーミスタ20リットル異常で、缶体温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E03」


エラーコード「E03」の要因は、缶体サーミスタ50リットル異常で、缶体温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E04」


エラーコード「E04」の要因は、缶体サーミスタ100(120)リットル異常で缶体温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E05」


エラーコード「E05」の要因は、缶体サーミスタ150(190)リットル異常で、缶体温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E06」


エラーコード「E06」の要因は、缶体サーミスタ200(260)リットル異常で、缶体温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E07」


エラーコード「E07」は、缶体サーミスタ250(330)リットル異常で、缶体温度を検知するセンサーのトラブルです。


●エラーコード「E08」


エラーコード「E08」の要因は、風呂湯温サーミスタ異常(2缶式)で、風呂温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E09」


エラーコード「E09」の要因は、給水温サーミスタ異常で、給水温度を検知するセンサーのトラブルです。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。


●エラーコード「E10」


エラーコード「E10」の要因は、給湯温度のサーミスタ異常です。
対処法としては、点検や修理が必要です。
業者あるいはメーカーに連絡するのがおすすめです。
コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■エコキュートの電気代を節約する方法


ここでは、エコキュートの電気代を節約する方法についてご紹介します。


●エコキュートの電力会社ごとの平均の電気代(税込)


エコキュートの電気代を節約する方法の前に、エコキュートの電力会社ごとの平均の電気代と比較して自宅のエコキュートの電気代が高いか安いかについてチェックしましょう。
エコキュートの電気代は、お湯の使用量や水道水の温度、地域の電力会社などによって違います。
特に、お湯の使用量が水道水の温度が低いほど多くなるため、エコキュートの電気代も高くなります。
また、電力会社がある地域によって電気料金が違うため、エコキュートの電気代も違います。
ここでは、エコキュートの電力会社ごとの平均の電気代(税込)についてご紹介します。
北海道電力の地域は1月あたり2,500円、1年あたり30,000円
東北電力の地域は1月あたり1,700円、1年あたり20,400円
北陸電力の地域は1月あたり1,800円、1年あたり21,600円
東京電力エナジーパートナーの地域は1月あたり1,900円、1年あたり22,800円
中部電力の地域は1月あたり1,800円、1年あたり21,600円
関西電力の地域は1月あたり1,200円、1年あたり14,400円
中国電力の地域は1月あたり1,600円、1年あたり19,200円
四国電力の地域は1月あたり2,400円、1年あたり28,800円
九州電力の地域は1月あたり1,400円、1年あたり16,800円
沖縄電力の地域は1月あたり900円、1年あたり10,800円


●エコキュートの一般地と寒冷地の平均の電気代(税込)


エコキュートの電気代は、-10℃~43℃の外気温の一般地と-25℃~43℃の外気温の寒冷地によっても違います。
ここでは、エコキュートの一般地と寒冷地の平均の電気代(税込)についてご紹介します。
一般地は1月あたり1,358円、1年あたり16,300円
寒冷地は1月あたり2,750円、1年あたり33,000円
ここでご紹介したような電気代よりも自宅のエコキュートの電気代が上回っているときは、エコキュートの使い方が良くないかもしれません。


●エコキュートの電気代を節約する方法


エコキュートの電気代を節約するためには、ここでご紹介するエコキュートの電気代を節約する方法を試してみましょう。


・エコキュートの沸き上げの設定温度を下げる
エコキュートの電気代を節約するためには、エコキュートの沸き上げの設定温度を下げることが大切です。
エコキュートから供給するお湯は、水を貯湯タンクの中の熱いお湯に混ぜて温度を調整します。
夏のシーズンは水道水の水温が高くなるため、貯湯タンクの中のお湯が高いときは多くの水が温度を下げるために必要になりますが、あまりお湯は使われないため余ることがあります。
しかし、これでは無駄に電気代がかかります。
このような無駄な電気代は、前もってエコキュートの沸き上げ温度を65℃くらいに低く設定することによって防止することができます。
さらに、「少なめ」に沸き上げる量を設定しておくことによって、電気代が節約できます。
エコキュートの沸き上げ温度を低くしたり、沸き上げる量を少なくしたりするときは、「節約モード」でエコキュートの運転モードを変える必要があります。
ここでは、エコキュートの主なメーカーの「節約モード」についてご紹介します。
三菱のエコキュートは、「おまかせ」で沸き上げ温度が約65℃~85℃です。
過去の2週間に使ったお湯の量を自動学習して、自動で最適で無駄が出ないお湯の量を判断し沸き上げます。
日立のエコキュートは、「おまかせ節約」で沸き上げ温度が約65℃~90℃です。
過去の7日間の平均のお湯の使用量によって、お湯があまり余らないように沸き上げます。
パナソニックのエコキュートは、「おまかせ節約」で沸き上げ温度が約65℃~80℃です。
沸き上げるお湯の量を、家庭ごとのお湯の使用量に応じて調整します。
「節約モード」は、エコキュートで沸き上げるお湯の量や温度を抑えることによって電気代が節約できますが、お湯の使用量が冬のシーズンなどで多くなったときには湯切れが発生することがあります。
湯切れが発生すると、割高な昼間の電気料金で沸き増しする必要があります。
そのため、湯切れが頻繁に発生するようなときは、かえって効率が悪くなって無駄に電気代もかかります。
「節約モード」で頻繫に湯切れが発生するときは、湯切れが発生しにくいお湯の量を沸き上げする運転モードの「おまかせ多め」や「多め」などを選びましょう。


・エコキュートは50℃の給湯温度の設定が省エネである
エコキュートは、50℃の給湯温度の設定にすることによって、省エネ効果が最もアップします。
ここでは、この理由についてご紹介します。
エコキュートからのお湯は、お風呂のシャワーや台所の給湯栓に貯湯タンクから給湯配管を通って供給されます。
お湯の温度は給湯配管を通るときに3℃くらい低くなっており、例えば、エコキュートを50℃の給湯温度に設定したときは、実際にお風呂のシャワーや台所の給湯栓から出るお湯は47℃くらいの温度になります。
また、エコキュートを40℃の給湯温度に設定すると、お風呂のシャワーや台所の給湯栓から出るのは37℃くらいの温度になります。
そのため、使うときにぬるく感じることもあるため、お湯を余計に使うようになることもあり効率が悪くなります。
エコキュートを50℃の給湯温度に設定して、ちょうどいい温度にお風呂や台所の混合水栓で調節する方法がおすすめです。
このような方法によって、ぬるいお湯であると感じることがないのみでなく、お風呂のシャワーも高い水圧になるため、シャワーを使う時間が短くなるなどの省エネの効果が期待できます。
なお、夏のシーズンや冬のシーズンによって給湯栓から出るお温の温度は変わるため、最適な温度にシーズンによって調節するのがおすすめです。
また、エコキュートを50℃の給湯温度に設定したときは、水と混合しないで直接お湯を出すと火傷などのリスクがあるため十分に注意しましょう。


・深夜時間だけに沸き上げる
基本的に、エコキュートは電気料金が安い深夜時間に沸き上げするようになっています。
これのみでも十分に電気代が節約できますが、電気代をより節約するためには、昼間などに湯切れを自動的に防止する「湯切れ防止」の機能を切るようにしましょう。
「湯切れ防止」の機能を切ることによって昼間に沸き上げしないため、沸き上げするのは電気料金が安い深夜時間だけになります。
ここでは、エコキュートの主なメーカーの「湯切れ防止」の機能についてご紹介します。
三菱のエコキュートは「湯切れ防止わき増し」
日立のエコキュートは「湯切れ防止」
パナソニックのエコキュートは「湯切れ沸き増し」
東芝のエコキュートは「湯切れ防止制御」
ダイキンのエコキュートは自動で「おまかせ運転」のときに実施
コロナのエコキュートは自動で「おまかせ省エネ/おまかせモード」のときに実施
なお、メーカーや機種によって、「湯切れ防止」の機能が搭載されていなかったり、切ることができなかったりすることもあるため、詳細については使っているエコキュートの取扱説明書をチェックしてください。
「湯切れ防止」の機能を切ったときは、湯切れしたときには「沸き増し」を手動で操作する必要があります。


また、エコキュートで設定した深夜時間帯と契約している電力会社の電気料金プランが合っているかもチェックする必要があります。
実は、深夜時間帯の開始と終了の時刻は、電力会社や電気料金プランによって違っています。
深夜時間帯の開始と終了の時刻のパターンとしては、午後11時~翌日の午前7時、午後11時~翌日の午前8時があります。
エコキュートで設定した深夜時間帯と契約している電力会社の電気料金プランが違っていると、エコキュートを割高な電気料金で運転したり、保温する時間が長くなることによって自然放熱による無駄が発生したりすることが考えられます。
電気代が不自然に高いと思ったときは、エコキュートで設定した深夜時間帯と契約している電力会社の電気料金プランが合っているかを必ずチェックしましょう。
なお、午後11時~翌日の午前7時 が、エコキュートの「深夜のみ」の初期になっています。
このような深夜時間帯にエコキュートを沸き上げるように設定にしていても、実際にはエコキュートは必ずしも午後11時から沸き上げを始めるということではありません。
というのは、全ての家庭のエコキュートが午後11時に同時に沸き上げを始めれば、極端に電気の使用量が多くなるためです。
このようなことを防止するために、沸き上げが午前7時あるいは午前8時に終わるようにエコキュートは沸き上げを始めます。
例えば、割合お湯が残っており、100Lくらい沸かすのみのときは、シーズンや機種にもよっても違いますが、沸き上げを午前5時くらいから始めても午前7時までに沸き上げができます。
そのため、例えば、午前5時頃のエコキュートの沸き上げが終わるよりも前にお湯を台所の給湯栓などで使うと、深夜時間帯が終わる午前7時あるいは午前8時に沸き上げが終わっていないこともあるため注意しましょう。


・「ピークカット」の機能を使う
電力会社のピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)に入っているときは、エコキュートの「ピークカット」の機能を使うことによって電気代が安くなることがあります。
電力会社のピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)というのは、電気を使う時間帯が夏のシーズンなどで集中しないように、電気料金が時間帯によって変わるものです。
例えば、東京電力エナジーパートナーのピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)のときは、次のようにピーク時間帯の電気料金が夜間時間帯の4倍くらいになります。
夜間時間帯の1kWhあたりの電気料金は12円16銭
ピーク時間帯の1kWhあたりの電気料金は54円68銭
エコキュートの「ピークシフト」の機能は、電力会社のピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)に対応したもので、お湯の量が設定したピーク時間帯に少なくなっても沸き増しを自動的に行いません。
そのため、沸き増しを電気料金が高い時間帯に自動的に行うことがないため、無駄な電気代がかかりにくくなります。
電力会社のピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)に入っているときは、正しくエコキュートの「ピークシフト」の機能を使っているかチェックしましょう。
コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■CHP-H3014AM-BLからエコキュート交換する人気の型番ランキング


ここでは、CHP-H3014AM-BLからエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介します。


第1位:コロナのエコキュートのCHP-S30AY1-12
コロナのエコキュートのCHP-S30AY1-12は、集合住宅専用・省施工仕様、一般地向け(-10℃対応)フルオートで、タンク容量が300L、家族の人数が2人〜4人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが1,770mm、幅が600mm、奥行きが610mm、ヒートポンプユニットは高さが650mm、幅が900mm、奥行きが300mmです。
ボイスリモコンセット付きのエコキュートのメーカー希望小売価格は、814,000円(税込)です。
インターホンリモコンセット付きのエコキュートのメーカー希望小売価格は、830,500円(税込)です。
コロナのエコキュートのCHP-S30AY1-12は、受注生産品で、標準納期は受注後3ヶ月です。
搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、自動たし湯(有/無)、湯温・湯量調整機能、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、ふろ配管洗浄、高圧力(最高使用圧力190kPa)、入浴をお知らせ、ecoガイド、インターホンリモコン、ボイスリモコンなどがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのホームページ(https://www.corona.co.jp/eco/)などを参照してください。


第2位:三菱のエコキュートのSRT-W305D
三菱のエコキュートのSRT-W305Dは、一般地向けのAシリーズのフルオートW追いだきで、タンク容量が300L、家族の人数が主に2人〜4人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが1,800mm、幅が600mm、奥行きが650mm、ヒートポンプユニットは高さが715mm、幅が865mm、奥行きが301mm(配管カバー寸法を含む)です。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、770,000円(税別)です。
インターホンタイプリモコンセット(RMCB-D5SE)のメーカー希望小売価格は、40,000円(税別)です。
脚部カバー(GT-L300A)のメーカー希望小売価格は、12,000円(税別)です。
搭載されている機能としては、こだわりの先進仕様、フルオートW追いだき、スマートリモコン、耐震クラスS、電力自由化対応、省エネ制御、お天気リンクEZ/AIなどがあります。
なお、機能の詳細については、三菱のエコキュートのホームページ(https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ecocute/)などを参照してください。


第3位:パナソニックのエコキュートのHE-C30KQMS
パナソニックエコキュートのHE-C30KQMSは、Cシリーズのミドルクラス 省スペース低背のフルオートで、タンク容量が300L、家族の人数が2人〜4人用です。
寸法としては、貯湯タンクユニットは高さが1,530mm、幅が600mm、奥行きが680mm、ヒートポンプユニットは高さが672mm、幅が867mm、奥行きが332mm(配管カバー寸法を含む)です。
エコキュートの本体のメーカー希望小売価格は、739,200円(税込)です。
コミュニケーションリモコン(HE-CQWKW)のメーカー希望小売価格は、56,100円(税込)です。
増設リモコン(HE-RQVKZ)のメーカー希望小売価格は、27,500円(税込)です。
搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、無線LAN搭載コミュニケーションリモコン(台所リモコン)、電気料金プランかんたん設定、ピークセーブ機能、ダブルピークカット機能、ピークシフト設定、ソーラーチャージ、AIエコナビ、配管洗浄、真空断熱材、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、昼間沸き上げ停止、給湯ガイド、自動お湯はり、自動保温・自動たし湯、追いだき、たし湯・高温たし湯などがあります。
なお、機能の詳細については、パナソニックのエコキュートのホームページ(https://sumai.panasonic.jp/hp/)などを参照してください。
コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ
■まとめ


ここでは、コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方へ、CHP-H3014AM-BLの仕様、CHP-H3014AM-BLの表示されやすいエラーコードの要因と対処法、エコキュートの電気代を節約する方法、CHP-H3014AM-BLからエコキュート交換する人気の型番ランキングについてご紹介しました。


CHP-H3014AM-BLからエコキュート交換する人気の型番ランキングとしては、次のようになります。


第1位:コロナのエコキュートのCHP-S30AY1-12
第2位:三菱のエコキュートのSRT-W305D
第3位:パナソニックのエコキュートのHE-C30KQMS


コロナのCHP-H3014AM-BLのエコキュート交換、修理、取替えをご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP