エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ

2021年6月10日

エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ
エコキュートに交換するときは、できるだけ少ない電力でお湯が沸かせる給湯機がおすすめです。
そのためには、いかに少ない電力でお湯を沸かせるかという年間給湯保温効率が高いエコキュートに交換する必要があります。


ここでは、エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ、エコキュートの年間給湯保温効率とは?エコキュートのメーカーごとの年間給湯保温効率の比較についてご紹介します。
エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ
■エコキュートの年間給湯保温効率とは?


エコキュートは、ふろ保温機能が付いているかどうかによって、性能表示が年間給湯効率と年間給湯保温効率の2つにわかれます。
年間給湯効率は、ふろ保温機能が付いていない給湯専用のエコキュート、(セミ)オートのエコキュートが対象です。
年間給湯効率(%)は、エコキュートを年間を通じて運転し、洗面・台所・シャワー・お湯はりを行ったときの給湯熱量を年間の消費電力量で割って100を掛けたものです。
一方、年間給湯保温効率は、ふろ保温機能が付いているフルオートのエコキュートが対象です。


年間給湯保温効率(%)は、エコキュートを年間を通じて運転し、洗面・台所・シャワー・お湯はりを行ったときの給湯熱量とふろ保温を行ったときの保温熱量をプラスしたものを年間の消費電力量で割って100を掛けたものです。
ここでは、ふろ保温機能が付いているフルオートの年間給湯保温効率についてご紹介します。
まず、エコキュートの貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットを組み合わせて給湯モード性能試験で、給湯熱量、保温熱量、消費電力量を測って、給湯保温モード効率を計算します。


給湯モード性能試験というのは、一般的な家庭の1日のお湯の平均的な使用状況を考えて規格にした給湯パターンで行うものです。
冬期環境下で、この給湯モード性能試験は行います。
ふろ保温機能が付いているときは、保温負荷として約3時間を考えています。
次に、次のような条件でヒートポンプユニットだけのエネルギー消費効率を測ります。


・夏季
外気温度(乾球/湿球)が25℃/21℃、給水温度が24℃


・中間期
外気温度(乾球/湿球)が16℃/12℃、給水温度が17℃


・冬期標準、冬期給湯(保温)モード、冬期高温
外気温度(乾球/湿球)が7℃/6℃、給水温度が9℃


・着霜期
外気温度(乾球/湿球)が2℃/1℃、給水温度が5℃


年間の給湯保温熱量と消費電力量を、先に測ったそれぞれの効率と年間の夜間平均外気温度ごとの東京と大阪の平均の発生日数から積算して、年間給湯保温効率を計算します。
なお、性能評価にふろ熱回収機能を含むものが新しくプラスされました。
エコキュートとしてはふろ熱回収機能を搭載したものもあり、区別して測るようになりました。
ふろ熱回収機能は、今まで捨てていたお風呂の残り湯の熱を熱交換器によって貯湯タンクユニットの中の温度の低い水と熱交換して、貯湯タンクユニットの中の水を温めるものです。


そのため、貯湯タンクユニットの中の水は温度が高くなって、浴槽のお湯は温度が低くなります。
この後、貯湯タンクユニットの中の水を夜間に沸き上げるときに水の温度が高くなっているため、設定した温度まで沸き上げるための熱量が少なくなって、省エネになります。
なお、浴槽のお湯と貯湯タンクユニットの中の水が混じることはありません。
エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ
■エコキュートのメーカーごとの年間給湯保温効率の比較


エコキュートにガス給湯器などから交換するときは、年間給湯保温効率が省エネ性能の指標の一つになるでしょう。
ここでは、エコキュートのメーカーごとの年間給湯保温効率の比較についてご紹介します。


●一般地用の角型のスタンダードタイプのエコキュート


ここでは、一般地用の角型のスタンダードタイプのエコキュートについてご紹介します。


・第1位:日立のエコキュートのBHP-F37SD(年間給湯保温効率:3.4)
日立のエコキュートのBHP-F37SDは、「水道直圧給湯」フルオートの標準タンクのナイアガラ出湯の一般地仕様(-10℃対応)で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、水道直圧給湯パワフルシャワー、高速湯はり(約9分30秒)、追いだき、ダブル湯温設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。


・第2位:ダイキンエコキュートのEQ37VFV(年間給湯保温効率:3.3)
ダイキンのエコキュートのEQX37VFVは、フルオートタイプの一般仕様の角型のパワフル高圧で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、パワフル高圧給湯(320kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。


・第2位:三菱のエコキュートのSRT-W375(年間給湯保温効率:3.3)


三菱のエコキュートのSRT-W375は、一般地向けのAシリーズのフルオートW追いだきの角型で、タンク容量が370L、家族の人数が主に3人〜4人用です。


搭載されている機能としては、あったかリンク、お天気リンクEZ/お天気リンクAI、スマホ連携/三菱HEMSなどがあります。


・第2位:東芝のエコキュートのHWH-B376H(年間給湯保温効率:3.3)


東芝のエコキュートのHWH-B376Hは、フルオートタイプのスタンダードモデルの一般地向けで、タンク容量が370L、家族の人数が2人〜5人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。


・第2位:パナソニックのエコキュートのHE-NS37KQS(年間給湯保温効率:3.3)
パナソニックのエコキュートのHE-NS37KQSは、Nシリーズのフルオートのミドルクラスの高効率ZEH対応で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、ソーラーチャージ、エコナビ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。


・第3位:コロナのエコキュートのCHP-37SAY4(年間給湯保温効率:3.2)


コロナのエコキュートのCHP-37SAY4は、一般地向けオートのスタンダードタイプで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、高温さし湯、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、汚れんコート、高圧力(最高使用圧力190kPa)、浴室モニター、インターホンリモコンなどがあります。


●一般地用の角型のハイグレードタイプのエコキュート


ここでは、一般地用の角型のハイグレードタイプのエコキュートについてご紹介します。


・第1位:三菱のエコキュートのSRT-P375B(年間給湯保温効率:4.2)


三菱のエコキュートのSRT-P375Bは、一般地向け(プレミアム)のPシリーズのフルオートW追いだきの角型で、タンク容量が370L、家族の人数が主に3人〜4人用です。


搭載されている機能としては、ホットあわー、キラリユキープ、バブルおそうじ、ホットりたーん、あったかリンク、お天気リンクEZ/お天気リンクAI、お急ぎ湯はり、サーモジャケットタンク(貯湯ユニット)、スマホ連携/三菱HEMSなどがあります。


・第2位:コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY4(年間給湯保温効率:4.0)


コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY4は、一般地向けフルオートのプレミアムエコキュートで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、給水量節水、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線 LAN 対応インターホンリモコン選択時)、無線 LAN 対応インターホンリモコン、インターホンリモコンなどがあります。


・第2位:パナソニックのエコキュートのHE-JPU37KQS(年間給湯保温効率:4.0)


パナソニックのエコキュートのHE-JPU37KQSは、Jシリーズのパワフル高圧フルオートのプレミアムタイプで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、エコ給湯専用アプリアプリ、ソーラーチャージ、温浴セレクト、エコナビ、リズムeシャワープラス、ぬくもりチャージ、ダブル真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。


・第3位:日立のエコキュートのBHP-FV37SD(年間給湯保温効率:3.9)


日立のエコキュートのBHP-FV37SDは、「水道直圧給湯」フルオートのナイアガラ出湯の一般地仕様(-10℃対応):標準タンク(高効率)で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、水道直圧給湯パワフルシャワー、高速湯はり(約7分30秒)、高速追いだき、ダブル湯温設定、快泡浴、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。


・第4位:東芝のエコキュートのHWH-X376HA(年間給湯保温効率:3.6)
東芝のエコキュートのHWH-X376HAは、フルオートタイプのプレミアムモデルの一般地向けで、タンク容量が370L、家族の人数が2人〜5人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、銀イオンの湯、節水湯はり、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。


・第5位:ダイキンのエコキュートのEQN37VFV(年間給湯保温効率:3.3)


ダイキンのエコキュートのEQN37VFVは、フルオートタイプの一般仕様の角型で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、高圧給湯(170kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。


●寒冷地用の角型のスタンダードタイプのエコキュート


ここでは、寒冷地用の角型のスタンダードタイプのエコキュートについてご紹介します。


・第1位:日立のエコキュートのBHP-F37SUK(寒冷地年間給湯保温効率:3.0)


日立のエコキュートのBHP-F37SUKは、フルオートの寒冷地仕様(-25℃対応)で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、高速湯はり(約11分)、追いだき、ダブル湯温設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。


・第2位:ダイキンのエコキュートのEQ37VFHV(寒冷地年間給湯保温効率:2.9)


ダイキンのエコキュートのEQ37VFHVは、フルオートタイプの寒冷地仕様の角型のパワフル高圧で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。


・第3位:東芝のエコキュートのHWH-B376N(寒冷地年間給湯保温効率:2.8)


東芝のエコキュートのHWH-B376Nは、フルオートタイプのベーシックモデルの寒冷地向けで、タンク容量が370L、家族の人数が2人〜5人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。


・第3位:三菱のエコキュートのSRT-WK375D(寒冷地年間給湯保温効率:2.8)


三菱のエコキュートのSRT-WK375Dは、寒冷地向けのAシリーズのフルオートW追いだきの角型で、タンク容量が370L、家族の人数が主に3人〜4人用です。


搭載されている機能としては、あったかリンク、お天気リンクEZ/お天気リンクAI、スマホ連携/三菱HEMSなどがあります。


・第4位:パナソニックのエコキュートのHE-L37JQS(寒冷地年間給湯保温効率:2.7)
パナソニックエコキュートのHE-L37JQSは、Lシリーズの寒冷地向けフルオートのスタンダードクラスで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、ソーラーチャージ、エコナビ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。


●寒冷地用の角型のハイグレードタイプのエコキュート


ここでは、寒冷地用の角型のハイグレードタイプのエコキュートについてご紹介します。


・第1位:三菱のエコキュートのSRT-PK375UBD(寒冷地年間給湯保温効率:3.6)


三菱のエコキュートのSRT-PK375UBDは、寒冷地向け(プレミアム・高機能)のPシリーズのフルオートW追いだきの角型で、タンク容量が370L、家族の人数が主に3人〜4人用です。


搭載されている機能としては、ホットあわー、ハイパワー給湯、キラリ ユキープ、バブルおそうじ、ホットりたーん、あったかリンク、お天気リンクEZ/お天気リンクAI、お急ぎ湯はり、サーモジャケットタンク(貯湯タンク)、スマホ連携/三菱HEMSなどがあります。


・第2位:コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY4K(寒冷地年間給湯保温効率:3.3)


コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY4Kは、寒冷地向けフルオートのプレミアムエコキュートで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、給湯量節水、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線 LAN 対応インターホンリモコン選択時)、無線 LAN 対応インターホンリモコン、インターホンリモコンなどがあります。


・第2位:パナソニックのエコキュートの(ぬくもりチャージ使用)HE-FPU37JQS(寒冷地年間給湯保温効率:3.3)


パナソニックエコキュートのHE-FPU37JQSは、FPシリーズの寒冷地向けのパワフル高圧フルオートのプレミアムクラスで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ソーラーチャージ、温浴セレクト、エコナビ、エコナビ、リズムeシャワープラス、ぬくもりチャージ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。


・第3位:日立のエコキュートのBHP-FV37SDK(寒冷地年間給湯保温効率:3.0)


日立のエコキュートのBHP-FV37SDKは、「水道直圧給湯」フルオートの(高硬度・井戸水対応)のナイアガラタフネスの寒冷地仕様(-25℃対応):標準タンクで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ナイアガラタフネス、ウレタンク、水道直圧給湯パワフルシャワー、高速湯はり(約13分30秒)、追いだき、2温度設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。


・第4位:ダイキンのエコキュートのEQ37VFHV(寒冷地年間給湯保温効率:2.9)


ダイキンのエコキュートのEQ37VFHVは、フルオートタイプの寒冷地仕様(一般地・寒冷地兼用)の角型のパワフル高圧で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。


・第5位:東芝のエコキュートのHWH-B376HAN(寒冷地年間給湯保温効率:2.8)


東芝のエコキュートのHWH-B376HANは、フルオートタイプのハイグレードモデルの寒冷地向けで、タンク容量が370L、家族の人数が2人〜5人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、銀イオンの湯、節水湯はり、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。


●耐塩害、耐重塩害仕様のエコキュート


ここでは、 耐塩害、耐重塩害仕様のエコキュートについてご紹介します。


なお、三菱のエコキュート、ダイキンのエコキュートは、オプションで全ての機種を耐塩害仕様に変えることができます。


・第1位:パナソニックのエコキュートのHE-N46KQS(年間給湯保温効率:3.6)


パナソニックエコキュートのHE-N46KQSは、Nシリーズのフルオートのミドルクラスの高効率ZEH対応で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、ソーラーチャージ、エコナビ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。


・第2位:日立エコキュートのBHP-F37SUE(年間給湯保温効率:3.3)


日立のエコキュートのBHP-F37SUEは、フルオートの標準タンクの一般地仕様(-10℃対応)の耐塩害仕様(受注生産品)で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、高速湯はり(約11分)、追いだき、ダブル湯温設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。


・第2位:東芝のエコキュートのHWH-B376H-Z(年間給湯保温効率:3.3)


東芝のエコキュートのHWH-B376H-Zは、フルオートタイプのスタンダードモデルの一般地向けの耐塩害仕様で、タンク容量が370L、家族の人数が2人〜5人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。
エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ
■まとめ


ここでは、エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方へ、エコキュートの年間給湯保温効率とは?エコキュートのメーカーごとの年間給湯保温効率の比較についてご紹介しました。


エコキュートの年間給湯保温効率(%)は、ふろ保温機能が付いているフルオートにおいて、エコキュートを年間を通じて運転し、洗面・台所・シャワー・お湯はりを行ったときの給湯熱量とふろ保温を行ったときの保温熱量をプラスしたものを年間の消費電力量で割って100を掛けたものです。


年間給湯保温効率のいいエコキュートを選ぶときは、ここでご紹介したエコキュートのメーカーごとの年間給湯保温効率の比較を参考になります。
エコキュートの年間給湯保温効率の数値の違いについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com

おすすめ記事


PAGE
-TOP