あれっ?もしかして電気代が高くなってない?

2020年4月27日




エコキュートは電気代を削減できるというイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか?


エコキュートはヒートポンプ技術によって空気熱でお湯を沸かすことができるものです、そのためお湯をよく使う冬シーズンは電気代が今まで使っていたものより安くなるのではと期待して設置検討するかもしれませんね。


ところが、実際にエコキュートを設置したら電気代が今まで高くなってしまったという人もいるんです。


エコキュートを設置して使用しただけでは電気代が削減できるわけではなく、エコキュートを使って電気代を節約するにはいくつかの注意点がございます。


エコキュートを使って電気代を削減するには、まず電気料金プランの見直しをする作業が必要です。


多くの電力会社では時間帯によって電気代が異なる電力プランやシーズンによって電気代が異なる電力プラン等、複数のプランが用意されています。





エコキュートを使用して電気代を削減するには


①深夜に電気代が安くなるプランを利用する


②電気代が安くなる深夜にエコキュートでお湯を作って貯めておく


③上記を日中に利用する


このような使い方をする必要がございます。


これにも注意点があります、深夜に電気代が安くなるプランでは日中の電気代が非常に高くなります。そのため日中にお湯を作ることを頻繁に行ってしまうと電気代が高騰してしまう恐れがございます。


深夜に電気代が安くなるプランは電力のピークタイムの電気代が倍になります、そのピークタイムにエコキュートでお湯を作ってしまうと電気代は以前に比べて倍になってしまうこともあります。エコキュートを効率よく使うためには適切な電気プランに変更をし、そして電気プランにあった利用をすることが非常に重要になります。


深夜に電気代が安くなるプランを利用した場合は日中の電気代は高くなります。


エコキュート以外にも電気製品を使っていてはやはり電気代が高くなってしまいますので注意が必要です。

 




日中に電気を多く使う家庭でエコキュートを設置したからといって深夜に電気代が安くなるプランに変更してしまうと、電気代が高くなってしまう可能性もあります。エコキュートを設置して電気代を節約するにはきちんと考えなくてはいけません。


・電気代の安い電力会社を利用する


・日中は家に人があまりおらず電気をほとんど使用しない


・深夜の電気代が安い電気プランを利用


このような状態にしないと沢山の電気代を削減するのは難しいかもしれません。


エコキュートを設置してもライフスタイルによっては電気代の節約が難しい場合があるのです。


昼間の電力は太陽光発電システムで作り出した電力や蓄電池に貯めてあった電力を利用する事が可能ですと非常に大きな電気代の削減が可能です。このようにエコキュートと太陽光発電や蓄電池と組み合わせて利用することによって電気代を大きく節約することを期待することができますのでオール電化という形でエコキュート、太陽光発電、蓄電池を組み合わせて利用することを検討することも良いのではないでしょうか。


少しでもご参考になる事ができますと幸いです、よろしくお願いいたします。

おすすめ記事


PAGE
-TOP