石油給湯器が故障してお困りの方へ  

2021年10月19日

石油給湯器が故障してお困りの方へ  
長年石油給湯器を使っているとよく故障するので困っている方もいるのではないでしょうか。


ここでは、石油給湯器が故障してお困りの方へ、石油給湯器の故障の症状、石油給湯器の故障の対処法、エコキュートの故障の症状・要因についてご紹介します。
石油給湯器が故障してお困りの方へ  
■石油給湯器の故障の症状


寒冷地では、石油給湯器はガス給湯器や電気給湯器よりも普及しています。
石油給湯器が寒冷地で故障すると、大変なことになります。
ここでは、石油給湯器の故障の症状についてご紹介します。


●石油給湯器の耐用年数や寿命


石油給湯器が故障すれば、給湯の機能が無くなるため非常に不便になります。
そのため、石油給湯器の耐用年数や寿命を把握しておくことは非常に大切です。


・石油給湯器の耐用年数や寿命
石油給湯器の耐用年数や寿命は、約8年間~10年間です。
ガス給湯器や電気給湯器と比べると、石油給湯器は少し耐用年数や寿命が短いとされています。
また、それぞれのメーカーが石油給湯器に表示している設計上の設計標準使用期間(標準使用期間)10年間になっているときが多くあります。
別の給湯器より石油給湯器の耐用年数や寿命が短い理由は、いくつかあります。
特に寒冷地で多く使われている最近は給湯器は、冬のシーズンにフル稼働するときが多くあるため、その分寿命や耐用年数が短くなるとも考えられています。
石油給湯器だけでなく、よく使用するものはその分耐用年数や寿命が短くなるでしょう。
そのため、石油給湯器の耐用年数や寿命は、別の給湯器よりも少し短いと考えておきましょう。


・石油給湯器の耐用年数や寿命がオーバーするとどうなるか?
石油給湯器が耐用年数や寿命で故障したときは、すぐに交換するでしょう。
しかし、大きな故障がない状態で石油給湯器の耐用年数や寿命をオーバーしたときはどうなるのでしょうか?
当然ですが、石油給湯器が故障していないときは使い続けることができます。
というのは、メンテナンスや点検を適切に行うことによって、10年間以上使える石油給湯器も多くあるためです。
しかし、約8年間~10年間という石油給湯器の耐用年数や寿命をオーバーしたときは、故障するリスクは少なくとも大きくなるため、十分に注意する必要があります。
石油給湯器などの給湯器の多くは、耐用年数や寿命オーバーすると、故障が発生しやすくなります。
石油給湯器のときは、この時期から点火不良や油漏れが発生しやすくなります。
そのため、石油給湯器が故障していなければ使い続けても問題ありませんが、故障が発生しやすくなるため点検やメンテナンスを定期的に行いましょう。
また、石油給湯器の故障が発生していないか、普段からチェックすることも大切です。
耐用年数や寿命オーバーしたときは、日常の点検を必ず行いましょう。
そして、トラブルが少しでもときは、点検や修理を速やかに頼むなど、普段から石油給湯器を気にかけましょう。


●石油給湯器の故障の症状


ここでは、石油給湯器の故障の症状についてご紹介します。
ここでご紹介するような故障の症状があったときは、石油給湯器の修理を業者に頼んでください。
また、耐用年数や寿命が近い石油給湯器のときは、新しいものに交換することも考えましょう。


・石油給湯器の故障の症状と要因
石油給湯器の故障の症状と要因としては、次のようなものがあります。
爆音・異音がする、点火音が大きいときは、燃焼器のトラブル、燃焼室内の汚れ、灯油が燃えるときに爆音・異音がすることなどがあります。
点火不良、火がつきにくいときは、灯油配管の中に汚れが溜まっている、空気が入っている、灯油の水分が凍っているなどがあります。
水・お湯が出ないときは、止水栓が閉まっている、灯油の残量の不足、温度調節機能のトラブル、水道管が凍っているなどがあります。
お湯がぬるいときは、温度調節機能のトラブル、汚れが配管に詰まっている、経年劣化による燃焼効率の低下、リモコンのトラブルなどがあります。
水圧が弱い・湯量が少ないときは、吐水フィルターの詰まり、配管の詰まり、必要以上に止水栓が閉まっている、その女性のそれぞれの部品の劣化や破損があります。
油漏れがある、異臭・灯油くさいときは、本体の経年劣化、電磁ポンプの劣化や 遊ん、灯油配管の劣化や破損、パッキンの劣化や破損などがあります。
煙が出るときは、それぞれの部品の劣化、経年劣化による不完全燃焼の発生、燃焼器、排気筒などの汚れがあります。
水漏れするときは、パッキンの劣化や破損、水抜き栓の取り付け不良、凍結によるそれぞれの部品の破損などがあります。
エラーが頻繁に表示されるときは、部品や本体のトラブル、リモコンのトラブルなどがあります。


石油給湯器の故障の症状では、点火不良と油漏れが多くあります。
石油給湯器が故障していないときでも、点火不良が発生することがあります。
特に、石油給湯器が古くなると点火不良がよく発生するようになり、そのうちに全く点火しなくなる症状になることが多くあります。
石油給湯器の油漏れは、割合気づきやすい一つの症状です。
しかし、油漏れが発生しているところがわかっても、修理を自分で行うのはリスクがあります。
基本的に、石油給湯器の油漏れがわかったときは、すぐに修理を業者に頼んでください。
また、石油給湯器の油漏れがないか普段からチェックすることも大切です。
例えば、亀裂などが灯油配管に発生していないか、灯油タンクの破損などがないか、灯油配管や石油給湯器の接続箇所が緩んでいないかなどをチェックすることが大切です。


・故障とよく間違えやすい症状
凍結が故障とよく間違えやすい症状です。
石油給湯器は、冬のシーズンなどに灯油中の水分が凍って点火しにくいことがあります。
また、灯油配管に空気が入ったときなども点火しなくなります。
しかし、これらは故障ではないため、慌てないで対処しましょう。
また、石油給湯器は割合音が大きくなります。
そのため、爆音と点火音などを間違うこともあります。
石油給湯器の点火音は、初めから大きかったりすることもあるため注意しましょう。


●石油給湯器の交換時期


石油給湯器が故障したときは、交換するか、修理するか迷うでしょう。
ここでは、石油給湯器の交換時期についてご紹介します。


・石油給湯器の交換時期
石油給湯器の耐用年数や寿命は約8年間~10年間であるため、石油給湯器を交換してから故障が5年以下で発生したときは修理する方がいいでしょう。
しかし、石油給湯器の故障が致命的なものであったり、本体を交換する方が安かったりするときは、交換するのがおすすめです。
わずか数年間しか経っていなくても、新しい石油給湯器に交換すると、その分長く使えます。
そのため、修理費が交換費をオーバーするようなときは、石油給湯器を交換しましょう。
また、石油給湯器の故障ではよく油漏れがあります。
石油給湯器の状態を専門の業者がチェックするまではわかりませんが、交換する方が修理するよりもいいこともよくあります。
そのため、石油給湯器で油漏れが発生したときは、そのまま交換するのも選択肢の一つです。
実際に、石油給湯器の寿命は別の給湯器よりも短いため、何らかの故障が発生したときは交換することも多くあります。


・石油給湯器の交換費用の相場
給湯器の中でも、石油給湯器は交換費用の相場が安くなります。
そのため、石油給湯器の修理で出張費や技術料や部品代などを払うと、新しい石油給湯器に交換できることもあります。
このときは、石油給湯器の本体価格の相場がポイントになります。
石油給湯器の本体価格のみであれば、約65,000円~70,000円からネットショップでは販売されています。
しかし、交換するときの工事費は別にかかります。
石油給湯器の一般的な工事費の相場は、30,000円~40,000円です。
そのため、石油給湯器の工事費込みの交換費用の相場としては、10万円~になります。
なお、交換費用は、石油給湯器の種類や自宅の状態などで違います。
そのため、必ず見積もりを入手してから工事を頼むようにしましょう。
また、ネットショップで石油給湯器の本体を買って業者に設置工事のみを頼むと、やはり割高になります。
そのため、石油給湯器を工事費込みの価格で探すのがおすすめです。


●石油給湯器の故障の症状のまとめ


ここでは、石油給湯器の故障の症状についてご紹介しました。
石油給湯器は10年間くらいで耐用年数や寿命がオーバーしますが、メンテナンスを適切に行うと、より長期間使えます。
また、故障の兆候や症状が石油給湯器に出たときは、修理するか、交換するか慎重に見極めましょう。
石油給湯器が故障してお困りの方へ  
■石油給湯器の故障の対処法


石油給湯器の故障の対処法としては、エラーが表示されたときとエラー表示されないときによって、結構違ってきます。
ここでは、石油給湯器の故障の対処法についてご紹介します。


●エラーコードが表示されたとき


エラーコード表示されたときは、石油給湯器のどこが故障しているかがわかります。
エラーコードが表示されているため、取扱説明書をチェックしましょう。
取扱説明書には、エラーコードに対する簡単な対処法も書かれています。
この対処法に従って、対処が自分でもできるのであればチャレンジしてみましょう。
なお、取扱説明書にエラーコードが書かれていないときもあります。
というのは、業者でなければエラーコードの内容がわかっても対処できないためです。
つまり、業者しか対処できない故障で、業者に対して知らせるためのエラーコードになります。
このようなときは、対処を業者に頼みましょう。


●エラーコードが表示されないとき


石油給湯器の故障ではないかと思っても、エラーコードが表示されないときもあります。
石油給湯器のどこが故障であるとわからないことになります。
このときは、次のようなケースがあります。
わからないが石油給湯器自体の故障
石油給湯器以外の故障
例えば、お湯が沸かないのは灯油の問題であるようなケースがあります。
エラーコードが表示されないが少しおかしいときには、まず自分で石油給湯器の故障かどうかをチェックすることが必要です。
ここでは、よくある故障についてご紹介します。
自分でチェックした結果、やはり石油給湯器の故障であったときは、業者に頼みましょう。
故障したままで使うのは、非常にリスクがあります。
石油給湯器は修理が自分でできないため、やはり業者に頼むのがおすすめです。


・お湯が出ない
お湯がでないときは、次のような状況が考えられます。


(水も出ない)
お湯のみでなく水も出ないときは、水の元栓は開いているか、断水していないか、フィルターが詰まっていないか、水漏れしていないかなど、水が出ない要因を探しましょう。


(灯油はあるか?)
水は出るがお湯が出ないときは、灯油の問題の可能性があります。
灯油タンクに灯油があるかチェックしてください。


(凍結していないか?)
寒い冬のシーズンであれば、配管の凍結の可能性があります。
凍結したときは、自然に解凍するのを待つ必要があります。
自然に解凍するまで待てないときは、業者に頼みましょう。


(石油給湯器の故障ではないか?)
石油給湯器の故障ではないかチェックしましょう。
石油給湯器の漏電ブレーカーが働いていないか?リモコンの運転スイッチが入っているか?コンセントに石油給湯器の電源プラグが差し込まれているか?リモコンの温度設定が低くないか?などについてチェックしましょう。


これでも直らなければ、石油給湯器自体の故障の可能性が大きくなります。
そのため、業者に頼みましょう。


・温度が不安定になる
温度が不安定になると、熱いお湯が急に出て火傷するリスクがあったり、冷たい水が急に出てきて驚いたりします。
温度が不安定になるときは、次のような状況が考えられます。


(石油給湯器の温度設定の問題はないか?)
石油給湯器の温度設定が正しいかチェックしましょう。
また、温度が高くなったり低くなったりする「ゆらぎ」の機能を使っていないかチェックしましょう。


(温度が不安定になるのは1箇所だけか?)
温度が不安定になるのは、例えば、洗面所では温度が不安定ではないが、台所では温度が不安定になるということでしょうか?
このようなときは、石油給湯器の故障ではなく給湯栓の故障が考えられます。
例えば、給湯栓の金具の故障やフィルターの詰まりなどが考えられます。
金具の故障のときは修理あるいは交換が必要であり、フィルターの詰まりのときは清掃が必要です。
これでも直らないときは、石油給湯器自体の故障かもしれません。
業者に頼んで、点検してもらいましょう。


・臭いがする、煙が出る
臭いがする、煙が出るときは、パターンがいくつかあります。


(石油給湯器の故障)
酸っぱい臭いがするときは、石油給湯器に異常があり、少しリスクがあるためすぐに業者に連絡してください。
石油給湯器をそのまま絶対に使わないでください。
黒煙が石油給湯器から出ているときは、火災が発生することもあるため、すぐに業者に連絡してください。
実際には、不完全燃焼が発生しており、熱効率も悪くなっているため、石油給湯器をそのまま使わないようにしてください。


(石油給湯器は正常)
白煙が石油給湯器の排気口から出ているときは、故障の可能性は少なくなります。
例えば、寒い冬のシーズンに外で息を吐くと白くなるのと同じような現象です。
しかし、心配であれば点検を業者に頼みましょう。
石油給湯器を設置したすぐ後に変な臭いがするときは、製造するときに使う油の臭いであるため特に問題ないでしょう。


(石油給湯器の故障か正常か不明)
石油給湯器は灯油を燃焼しているため、排気ガスから灯油の臭いがすることがあります。
排気ガスの灯油の臭いがいつもと同じであれば、特に問題ないでしょう。
しかし、石油給湯器を使っていないにも関わらず、灯油の臭いがするときは、油漏れの可能性もあります。
灯油配管の接続箇所などに異常がないかなどを十分にチェックして、心配なときは業者に点検してもらいましょう。


・異音がする
石油給湯器は、機械であるためいろいろな音が発生します。
しかし、異音がすると心配になるでしょう。
異音がするときは、次のような状況が考えられます。


(石油給湯器の故障)
笛のようなピーという音、ホラ貝のような音のときは、ファンモーターの故障や燃焼するための空気のアンバランスでしょう。
石油給湯器の故障であるため、修理を業者に頼みましょう。
点火するときに異音があり、この後によく小さな爆発音が聞こえるときは、不完全燃焼が発生していることがあります。
非常に危ないため、すぐに業者に連絡してください。


(石油給湯器は正常)
石油給湯器を使う前後には、ファンやポンプが回っているようなウーンという音がしばらくします。
また、ピー・ピヨピヨという音が電源の入っているときにはしますが、問題ありません。


・油漏れしている
石油給湯器は、油漏れするときがあります。
石油給湯器の下にポタポタと灯油が垂れていたり、灯油が濡れたような跡があったりすることがあります。
石油給湯器の油漏れは、非常にリスクがあります。
そして、油漏れのときは石油給湯器が間違いなく故障しています。
そのため、石油給湯器の油漏れがわかればすぐに業者に連絡してください。
業者は、ひび割れが灯油配管にないか、灯油配管や石油給湯器などの接続箇所に緩みがないかなどをチェックして、問題があれば修理してくれます。


●石油給湯器の故障の対処法のまとめ


ここでは、石油給湯器の故障の対処法についてご紹介しました。
石油給湯器は、7年間~10年間くらいの寿命です。
10年間をオーバーしていれば、石油給湯器の交換も検討しましょう。
石油給湯器の故障であるにも関わらずエラーコードが表示されないと、ちょっと大変でしょう。
石油給湯器の故障の内容ごとにチェックして、必要であれば修理を業者に頼みましょう。
なお、酸っぱい臭いがしている、黒煙が出ている、油漏れしているときは、すぐに業者に連絡してください。
石油給湯器が故障してお困りの方へ  
■エコキュートの故障の症状・要因


石油給湯器が故障して困っているのであれば、エコキュートに交換するのがおすすめです。
エコキュートは、石油給湯器のように灯油を燃やすことがないため火災が発生するリスクが少なく、また光熱費が低減できます。
しかし、エコキュートでも長年使っていると故障することもあります。
例えば、エコキュートの故障としては、お湯の温度が安定しない、お風呂の湯はりをするときにお湯が出ない、リモコンにエラーコードが表示されて消えないなどがあります。
普段の生活に必要なお湯が使えなくなれば、非常に困るでしょう。
つい慌てるかもしれませんが、落ち着いてまずはエコキュートの故障の要因から見つけましょう。
故障の要因によっては、自分で対処ができることがあったり、業者に修理を頼んだり、場合によってはエコキュートの本体を交換する必要があったりします。
ここでは、エコキュートの故障の症状・要因についてご紹介します。


●エコキュートの故障の症状


エコキュートで次のような症状が発生したときは、そろそろエコキュートを交換するタイミングになっている可能性があります。
リモコンに頻繁にエラーコードが表示される
お湯の温度が設定した温度にならないときが多くある
お湯を使っているときに急に水が出てくる
水漏れしている
違和感が運転音にある
沸き上げ、湯はりができない
お湯が出るまで時間がかかる


・貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットの寿命
エコキュートは、沸かしたお湯を貯めておく貯湯タンクユニットと大気中の熱エネルギーを吸い込むことによってお湯を沸かすヒートポンプユニットがあります。
貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットは寿命がそれぞれ違っており、貯湯タンクユニットの寿命の目安は10年間~15年間、ヒートポンプユニットの寿命の目安は5年間~15年間といわれています。
また、日常的に操作するリモコンの寿命の目安は5年間~15年間くらいであり、寿命をオーバーすると故障することがあります。
例えば、リモコンの故障としては、リモコンのボタンが外れる、利かなくなる、音が出なくなる、リモコンの配線が断線する、液晶が映らなくなるなどがあります。
リモコンは、使う頻度が高いため、1年間~2年間くらいで稀に故障することがあり、このような症状が発生することがあります。
なお、ここでご紹介した寿命の目安は基本的に使用推奨期間であるため、15年間をオーバーしても問題なくエコキュートが使えることもあります。
しかし、10年単位で電気機器は飛躍的に進化するとされており、これはエコキュートも同じです。
そのため、もし故障なくエコキュートが運転していても、設置してから10年間がオーバーしていたときは、一度新しいエコキュートに交換することも検討するのがおすすめでしょう。


・エコキュートを設置してから交換するまでの年数
エコキュートの工事業者の交換実績としては、設置してから15年目頃にエコキュートを交換するのが最も多くあるようです。
エコキュートを設置してから数年間くらいは故障も特になく使い続けており、設置してから13年間くらいで交換するケースが次に多くあります。
そのため、エコキュート設置してから13年間~17年間経って故障したときは、交換するタイミングの目安でしょう。


・エコキュートを交換するメーカーの比率
ここでは、業者でエコキュートを交換するメーカーの比率についてご紹介します。
やはり、三菱やパナソニックのようにエコキュートのシェアが高いメーカーの比率が高くなっています。
しかし、他のメーカーのエコキュートでも、故障が発生しやすいということではありません。


●エコキュートの寿命をチェックする方法


エコキュートの寿命については、貯湯タンクユニットに表示されている製造年月からおおよそ掴むことができます。
製造年月から13年間くらい経っているときは、正常にエコキュートが運転していても寿命が近いでしょう。
というのは、エコキュートの工事業者の実績としては13年目頃に多く交換しているためです。


●エコキュートのよくある故障の症状と要因


エコキュートの故障の症状はいろいろですが、ほとんどの場合、故障の要因は次のようないずれかになります。
ここでは、エコキュートのよくある故障の症状と要因についてご紹介します。


・初期故障
初期故障は、エコキュートを設置して間もないときに発生する故障です。
エコキュートは、非常に複雑で精密な構造になっています。
そのため、エコキュートを設置するときに少しでも手順が間違っていたり、異常が配線にあったりしたときなどは、普通の家電品よりも初期故障が発生する可能性が大きくなるでしょう。
しかし、初期故障のときは、無償で工事業者もメーカーも対応してくれることが多いため、あまり心配することはありません。
しかし、できるだけこのような初期故障を避けるためにも、信頼性のより高い工事業者を前もって選んでおくことが必要です。


・摩耗故障
摩耗故障は、エコキュートの故障要因として一般的に多くあるものです。
エコキュートには、お湯の量を制御する混合弁やパッキンなどが使われています。
この混合弁やパッキンなどは、エコキュートを使う年数が経つごとに摩耗が発生するため、長年そのままにしていれば水漏れなどの故障が発生する可能性が非常に大きくなります。
小さい部品の故障がエコキュート全体の故障になるのは、非常に問題でしょう。
これを防止するためにもしっかりとメンテナンスを定期的に行って、劣化している部品があれば先に交換するのがおすすめです。


・偶発故障
偶発故障は、エコキュートを設置するときには問題なかった接続箇所の不具合などが、年数が経つにつれて少しずつ大きくなって、最終的に故障が発生することです。
偶発故障は、先にご紹介した初期故障や摩耗故障よりも発生する可能性が少なくなりますが、発生したときは最も面倒な故障ともいえます。
というのは、初期不良が要因になっていても数年間使ってから偶発故障が発生すると証明する方法がないため、無償修理が適用されないことがあるためです。
そのため、ちょっとでもエコキュートの不具合があれば、できるだけ早い段階で工事業者に連絡しましょう。
石油給湯器が故障してお困りの方へ  
■まとめ


ここでは、石油給湯器が故障してお困りの方へ、石油給湯器の故障の症状、石油給湯器の故障の対処法、エコキュートの故障の症状・要因についてご紹介しました。


石油給湯器は耐用年数や寿命は10年間くらいでオーバーしますが、適切にメンテナンスを行うとより長期間使えます。


また、石油給湯器に故障の兆候や症状が現れたときは、修理するか、交換するかを十分に判断しましょう。


石油給湯器が故障してお困りの方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com

おすすめ記事


PAGE
-TOP