竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年3月25日

竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ
竹並建設は、ハウスメーカーとして注文住宅、ビル・店舗・学校・オフィスなどの設計・施工・コンサルまでを手掛けています。
あらゆるお客様のニーズに対応し、予算内で理想の住宅を実現しています。
ここでは、竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ、竹並建設の家づくりのこだわり、竹並建設が選ばれる魅力、竹並建設の住宅の実例、竹並建設のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■竹並建設の家づくりのこだわり


ここでは、竹並建設の家づくりのこだわりについてご紹介します。


●オーダーメイドの在来軸組工法


竹並建設は、鉄筋コンクリート住宅や鉄骨住宅の設計、施工だけでなく、お客様のこだわりに対応したいろいろな工法の経験があります。
竹並建設の木造住宅は、日本特有の高温多湿な気候風土に最適な在来軸組工法で造られています。
材料の木材は、伐採されて住宅の一部になっても室内の湿度を呼吸しながら調整してくれるため、人にも住宅にも優しく、快適な住環境をいつまでも維持し続けてくれます。


●環境性能


環境に対して優しい家づくりは、コンセプトが「人に家に地球にやさしい」の竹並建設にとって、非常に大切なテーマです。
竹並建設では、太陽光発電と外断熱工法を融合して、室内環境をシーズンの変化に応じて築くとともに、自ら地球温暖化の原因を低減し、自然環境を守るために、家づくりに毎日励んでいます。
昨今は、ZEH対応の住宅も多くなっており、環境により優しい家づくりの基礎が整備されてきました。
太陽光発電は、限定された資源の石炭や石油を使わないで、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出を低減して環境の保護に貢献するものです。
さらに、高気密・高断熱の住宅にして、省エネ製品なども組み合わせることによって、自宅で消費エネルギーを上回るエネルギーを創り出して、ゼロ以下のエネルギー収支にすることができます。


●界床工法


界床工法は、上階の生活騒音や床衝撃音が低減できます。
35mmALCパネルを2階の床下地に敷き込むことで、オーディオなどから出る音や子供の足音などが遮音できるため、寝室や二世帯住宅、子供部屋の遮音に最も適しています。


●構造材料の検査


家づくりのポイントでもある梁・柱・土台などを工場で加工する前には、設計担当者と工事担当者がそり・歪み・欠け・ひび割れなどがないかをチェックして、検査に受かった質のいい材料だけを加工します。
竹並建設の木を知り尽くした確かな目と家づくりに対するこだわりがあるための検査です。


●お客様志向のサービス・商品の提供


・営業活動
埼玉県の全ての地域を主な営業エリアとし、創業してから80年の伝統と実績で培われたお客様の信頼をベースに、お客様のそれぞれの要望に合った営業活動をしています。
地元のハウスメーカーならではの対応の早さ、きめ細やかさを旨とし、一般住宅から大型施設まで、お客様のいろいろな期待に対応しています。
個人のお客様であれば、お客様と一緒に家族の一員として一緒に歩んでいきます。


・設計
最優先にお客様の要望を考えて、住宅の用途に合ったプランニングを基に打ち合わせを綿密に行って、お客様の想いや夢をカタチにします。
80年間に渡って一般住宅から大型施設までのいろいろな設計、施工の経験と実績によって積み重ねたノウハウを社内で共有して、お客様に提案します。
また、建てている途中でも設計変更にはできるだけ柔軟に対応し、お客様が満足できる設計に工事部と一体で努めています。


・工事
着工する前に、工程・安全管理・品質について入念に打ち合わせを営業・設計と行なって、お客様の想いが実現できる喜びを感じながら、その住宅の特徴・性質を掴んだ上で施工に反映します。
また、建てているときは打ち合わせをお客様と密に行って、信頼をお客様からもらえるように確実に施工します。
引き渡しするときのお客様の笑顔を見ることが、竹並建設の何よりの誇りであり喜びです。


・資材
竹並建設の本社に併設している材木置場には、お客様の大切な住宅に使ういろいろな材木を大切に保管しています。
ここで保管している全ての木材は、長年の勘と経験で裏付けされた厳しい材木商の目で選び抜かれた良質のものです。
木造住宅は、木材の質の良さが生命線であり、現在でも、木材の良し悪しは習熟した匠の確かな目が見わけています。
現在でも竹並建設の伝統技術が生きています。


・保守・サービス
地元に根ざしたハウスメーカーとしてのメリットを活かして、大切な住宅を快適により長く使ってもらうために、アフターメンテナンスをきめの細かく行なっています。
また、急いでいる保守に対しても電話をかけてからすぐに訪問できるのも、地元のハウスメーカーならではのメリットであり、末永くお客様の多くに付き合いしてもらっている証拠です。
竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■竹並建設が選ばれる魅力


「理想的なデザインで高性能な住宅を、手の届く価格で実現」が、竹並建設の家づくりのコンセプトです。
流行の設備やデザインを単に取り込むのではなく、普遍的な飽きのこないデザインで、省エネ性・快適性・耐久性を追い求めて、無駄な費用を省いて、手軽に、身近に感じられる価格で提供します。
これが竹並建設の目指している「建築家住宅」です。
ここでは、竹並建設が選ばれる魅力についてご紹介します。


●建築家によるデザイン


家づくりは大切な一生に一度のものであるため、住宅の耐久性だけでなく、デザインは理想的な長く愛せるものが必要でしょう。
そのため、竹並建設は建築家に設計を頼んでいます。
建築家のデザインには理由が全てあり、理由があるデザインは不変の価値があります。
また、建築家の設計は、たとえ変形地や狭小地でも100%その土地の特性を活かして、素晴らしい広がりが感じられるプランを描きます。
そのため、土地の条件が不利でも快適な住宅がデザインできるため、土地代を安くして全体の費用を安くすることもできます。


建築家に頼むと高い設計料になるのではないかと心配される方もいるでしょうが、最高の住空間を予算の範囲内で造るためには、設計を建築家に頼むのが最善の方法です。
竹並建設の家づくりは、「優秀な建築家」による設計が根幹です。
お客様のマイホームを建てるときに、竹並建設はお客様の希望やライフスタイルを聞いた後に、80 名をオーバーする建築家の中から最もお客様に適した人を選びます。
そして、デザイン、住みやすさ、性能の全てをクリアしたお客様に最も適した「建築家住宅」をカタチにします。


・永く愛せる建築デザイン
建築デザインは、高い質のヒアリングで生まれる永く愛せるものです。
建築家は、住宅に求めるイメージをお客様に聞くときに「目をつむってイメージしてください。今から建てる住宅でどのようなことをしている姿が思い浮かぶでしょうか?」というような質問をします。
一方、普通の設計士は、「部屋はいくつ欲しいですか?」「和室は必要でしょうか?」というような質問をします。
建築家のヒアリングでは、本当に大切なのはどのようなことかを浮き彫りにすることです。
このようにヒアリングすることによって、そこで生活する家族が永く愛せるスペースをデザインします。


・土地を活かす設計
設計は、最大限に土地の特性を活かし、広がりを生み出すものです。
変形地や狭小地など、住宅がきちんと建つのかと不安と思えるような不利な土地でも問題ありません。
建築家は、最大限に土地の自然環境や特性を活かし、広がりをスペースに生み出し、びっくりするくらい快適な住宅を実現します。
そのため、広い土地を無理して買う必要もありません。
これは、全体の建築費の低減にもなるため非常にメリットです。


・費用の無駄を低減
合理的な設計で、全ての無駄を低減します。
リビングは一般的に南向きがいいと考えられがちですが、南側から日射が入らないことも土地によってはあります。
建築家であれば、このような土地の特性を見極めて、問題が解決できるように提案できます。
このようなときは、「北側にリビングをしましょう」というように、費用を節約することまで考えて提案してくれます。
建築家が入ることによって、費用の無駄を省いた高いコストパフォーマンスの住宅が実現できます。


●優れた品質と性能


快適な住宅というのは、数値的な根拠があり、夏は涼しく、冬は暖かいものです。
20年以上前に決められた次世代省エネルギー基準をベースにした長期優良住宅基準をクリアするのみでは、現代に要求される快適な住宅とはいえないという考えから、竹並建設は常に本物のエコ住宅、快適な住宅を目指してきました。
竹並建設の住宅は、特殊な認定ビルダーだけが扱える断熱構造耐力面材の「R+パネル」を使って、長期優良住宅基準の省エネルギー性で決められているηAC値とUA値を大きくクリアしています。
また、快適性をこのように追い求めた竹並建設の建築家住宅は、面積基準をクリアすると長期優良住宅の認定基準を全てクリアしているため、申請認定を受けると税制面のいろいろな優遇や金利の優遇が受けられます。
自分好みのデザインで価格が安い住宅でも、長持ちしない住宅、夏は暑く冬は寒い住宅、地震に対して弱い住宅では、心地いい暮らしを送ることはできません。
竹並建設の建築家住宅は、家族の思い出を刻むところとして、安心して末永く暮らせる住宅にしたいというような家族の思いが実現できます。


・省エネルギー性
夏は涼しく、冬は暖かい住宅を、特殊な高性能断熱パネルが実現します。
住宅には、燃費のいいものと良くないものがあります。
住宅の燃費というのは、エアコンなどの維持費です。
住宅の費用としては、燃費と購入する費用をトータルしたものになります。
竹並建設は、20 年以上前に決まった次世代省エネルギー基準をベースに見極める長期優良住宅基準をクリアするのみでは燃費は十分でないと考えています。
竹並建設では、特殊な認定ビルダーだけが扱える断熱構造耐力面材の「R+パネル」や性能の高い窓を使うことによって、大幅に長期優良住宅基準をクリアする性能を実現し、燃費の非常にいいエコで快適な住宅を実現しています。
竹並建設は、省エネな住宅に必要な高気密・高断熱にこだわっています。


高気密な住宅というのは、熱損失が少なく、隙間が少ないもので、C値という指標でこの性能は表されます。
C値は、1㎡の床面積当たりの隙間の面積(㎠)で表され、ゼロに近いほど高気密な隙間の少ない住宅になります。
日本の現在のC値の目標は 5.0ですが、高気密にこだわっている竹並建設のC値の最低基準は1.0です。
高断熱な住宅というのは、熱エネルギーの行き来が室外と室内で少ないものです。
この性能はUA値あるいはQ値という指標で表され、この数値が小さいほど高断熱な熱が逃げにくい住宅になります。
地域によって、長期優良住宅認定基準をクリアする基準は違っています。
高断熱にこだわった竹並建設の住宅は、大きくこの基準をクリアしています。
長期優良住宅に認定されることによって、税金も安くなります。
竹並建設では、資金プランのための個別相談会や勉強会を行なっています。
数百万円の違いがちょっとした知識で出るため、どのような住宅を建てるかを検討する前に、資金プランや税金の優遇の大切なポイントをまず把握しましょう。
例えば、税金が長期優良住宅であれば優遇されます。


長期間住宅を使うことによって解体などによる廃棄物の排出を少なくし、環境負荷を少なくするとともに、国民の早期建替での負担を少なくするためです。
竹並建設で住宅を建てようと思っていない方でも、気軽に参加してください。
長期優良住宅の認定を受けるときは、長期優良住宅等計画を作って申請して、認定されてから着工になります。
認定申請するときは、申請費用が別に必要になります。
また、条件によっては対応できないことがあります。


・耐久性
木造住宅は、結露を防止した丈夫なものです。
木造建築は、木が腐食しないと長持ちします。
代表的な木造建築としては法隆寺がありますが、木は耐久性が非常に優れた建築材料です。
木造住宅は、設計、施工、メンテナンスをきちんと行なって、上手く付き合うことが必要です。
木材腐朽菌によって、木は腐食します。
木材の水分が結露で増えることによって、木材腐朽菌は発生します。


結露対策としては、普段目でチェックできない壁の中と目でチェックできる室内の両方が必要です。
そのため、気密・断熱・換気が非常に大切になります。
竹並建設が採用している「R+パネル」は、断熱材として湿気を通しにくいものが使われており、壁の中を湿気が通ったときには通気層から吐き出し、乾いた状態に壁の中を維持しています。
同時に、気密性が高いために、しっかりと換気を計画的に行なって、常に湿度をちょうどいい状態に維持することによって、高い耐久性の木造住宅が実現できます。


・耐震性
竹並建設の全ての住宅は、耐震性を構造専門の建築士がチェックしています。
そして、認定ビルダーだけが扱える構造耐力面材の「R+パネル」を採用することによって、地震に対して強い丈夫な住宅が実現できます。
住宅本体の重さにプラスして、梁や柱が長期間に渡る設備や家具、積雪荷重などの荷重に耐えられるかをチェックします。


強い台風などの風を受けても、住宅が崩壊したり倒壊したりしないことをチェックします。
竹並建設の住宅は、台風強度2を確保することもできます。
強い地震による揺れでも、住宅が崩壊したり倒壊したりしないことをチェックします。
竹並建設の住宅は耐震等級2が標準で、耐震強度3も確保することができます。
柱頭・柱脚などのそれぞれの接合部分にかかる力を解析して、安全性をチェックします。
住宅を支える基礎が、強度を十分に確保できるように設計します。
住宅の剛心と重心のズレが大きいと、住宅がねじれやすくなります。
そのため、このズレが小さいことをチェックします。
竹並建設の住宅は、オリジナルの「R+パネル」を使ったパネル工法です。
かかる外力を2.5倍の壁倍率のパネル全体で分散しながら支えるため、横からの強い力に耐えることができます。


大地震のときは、せん断力が地震の地層の境に沿ってかかります。
従来のように住宅をセメントの柱などで支えるものは、せん断力に対して強くないといわれています。
標準で竹並建設が採用している「HySPEED工法」は、孔を地盤に掘って、砕石を詰めて石柱を造る地盤改良工法です。
せん断に対しては砕石孔が追随するため、孔そのものは破損しません。
また、地震の揺れによる共振は、地盤そのものを強くするために少なくなります。
震度6.4の十勝沖地震や震度7の阪神淡路大震災でも、大きな被害は砕石を使った地盤改良では発生しませんでした。
また、地震が強いときは、非常に地盤の液状化が恐ろしくなりますが、「HySPEED工法」の砕石孔そのものが水を通すため、水圧を逃がします。
液状化が発生するリスクは、何本も造った砕石孔によって低減できます。


●手の届く価格


竹並建設では、低コストと高性能の両立のために、オリジナルのルールを設けています。
建築家がこのルールの範囲内で設計することによって、高品質であるにも関わらず手の届く価格になっています。
例えば、部材については、直接メーカーに発注することによって大幅に仕入れ価格を低減しています。
長く使える材料を採用することによって、メンテナンス費の低減にも取り組んでいます。
極限まで無駄な費用を省くように、いろいろな工夫を行なっています。
竹並建設は、高性能な建築家が設計する住宅であるにも関わらず、随所に仕入れ・手間・時間を省く工夫を取り入れ、手に届く価格になっています。


・オーダー住宅
フルオーダーの一般的な注文住宅では、多様に必要な部材がなるときが多くあり、寸法もいろいろで、費用が目に見えないところでかかっています。
実は、注文住宅の価格が高くなっているのは、無駄な材料や購入の手間、長引く工期などです。
しかし、住宅を初めて建てるときは、費用のかかるところを見極めるのは困難です。
そのため、竹並建設は、目に見えない費用をできるだけ少なくするためのルールを設けることによって、住宅そのもののクオリティは高いにも関わらず、費用だけを抑えた家づくりを実現しました。
クオリティを単に低くして安くした住宅であれば世の中に溢れていますが、これでは全く意味がありません。
一人ひとりの個性も大切であり、非常にクオリティも大切です。
竹並建設の家づくりは、大きく自由に変更できる幅を残しながら、無駄を無くすルールの中で造るものです。


・仕入れの工夫
部材の仕入れの費用の中には、一般的に中間業者の多くの問屋・商社などの費用が含まれています。
竹並建設では、ウエブによるメーカー直発注システムを採用することによって、費用を低減しました。
部材価格の中には、一般的にハウスメーカーの倒産リスクのための費用が一定の比率で含まれています。
竹並建設は、中間業者の費用の低減にプラスして、部材先払いシステムによってハウスメーカーの倒産リスクのための費用も低減し、安く仕入れてクオリティの高い住宅を安く造るようにしています。


・カスタマイズ
竹並建設の標準仕様は、性能・デザイン・費用を両立するために仕様・寸法・設備・外装にルールをそれぞれ設けて、性能に関係する窓や断熱材など、後から変更するのが困難な箇所から十分に固めたものです。
幅広い家づくりがこの中でも実現できますが、オプションをプラスしてこれ以上の仕様にすることもできます。
このときは、自分らしさを後から変更しにくい箇所からプラスしましょう。
そうすると、リフォームを将来するときの費用も安くすることができます。
竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■竹並建設の住宅の実例


ここでは、竹並建設の住宅の実例についてご紹介します。


●細かいこだわりを追い求めた住宅


住宅は駅の近くですが、踏切や電車の音が気にならないくらいの優れた遮音性の住宅です。
今からの人生を一緒に歩む大切な住宅であるため、階段の幅を変えたり、段差を少なくしたり、引き戸に全て統一したりするなどのこだわりを追い求めました。
水回りは毎日使うものであるため広さを優先し、隠れ家的なスペースもキッチン奥には設けています。
模型が趣味の方には、工房のような換気扇付きの趣味部屋がレイアウトできます。
心から家にいることを楽しめる、理想の住宅が実現します。


●こだわりのあるぬくもりの住宅


保育士の奥様は、子供さんを育てるためにこだわりが人一倍ありました。
無垢材を床や天井には使って、相性が木材といい珪藻土を壁には使って、ふんだんに自然素材を使っています。
いつも家族が身近に感じられ、自然と集まるような平屋建ての住宅です。
体感温度だけでなく、木のぬくもりが室内にいると感じられ、非常に雰囲気が暖かです。
障子で仕切った和室がリビング横にはあり、ふんわりとした陽の光が窓側の障子からは差し込み、この暖かさをさらに演出してくれます。
障子を外せば、和室とリビングは一つの開放感溢れる部屋になり、多くの友人を招いての食事会も楽しくなる、非常に暖かな住宅です。


●自然素材の100年住宅


広縁とリビングに囲まれた明るい中庭のある住宅です。
三尺畳を和室の南の広縁の床に敷き込むという考えを採用し、大きな屋根の長い軒を考えて外観は設計しました。
内装の天井・壁に使った漆喰とリビングの勾配天井に見える丸太の梁の組み合わせは、味わいが時の経つほど深くなります。
リビングや玄関ホール、寝室は、間接のLED照明を採用し、省エネに気配りしながら内装の仕上げを引き立てるくつろぎのスペースになります。
自然素材や無垢の木にこだわりながら、電気とガスのハイブリッド給湯器や太陽光発電を導入するなど、最も新しい設備を備えたエコ住宅です。
快適に長く暮らすことができる、長期優良住宅認定の住宅でもあります。


●白をベースにした光が降りそそぐ開放的な住宅


建築家の設計士の意図が「できるだけ南側に窓を設けないことによってプライベートスペースを演出する」「温度変化を少なくしながらも明るさを確保する」というような、ゆったりとした広い開放的なスペースの住宅です。
RCの独立壁を外構には設け、中庭・ウッドデッキなど、外構と住宅が一体になった素晴らしい住宅です。


●伝統技法を使った日本建築の住宅


平屋建てですが、重厚感たっぷりの入母屋造りの腰屋根の住宅です。
伝統的な「いぶし瓦」を使って、1本ずつ大工さんが手加工した化粧垂木は、鮮やかに軒先を演出します。
十分に日本建築の良さを取り込んだため、今からの楽しみの一つとしては年が経つにつれて深みを増す材木もあります。
内部は断熱性を強化し、トリプルガラスを最も熱の出入りが多い窓には採用しています。
そのため、断熱効果がより一層期待できます。
「足を止めて誰もが見入る住宅」が、お客様のコンセプトです。
豪華な外観に引けを取らない居住性能も、十分にクリアした住宅です。
竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■竹並建設のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、竹並建設のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


●第1位:三菱のエコキュートのSRT-P555B


三菱のエコキュートのSRT-P555Bは、一般地向け(プレミアム)のBシリーズのフルオートW追いだきで、タンク容量が550L、家族の人数が主に5人〜7人用です。


搭載されている機能としては、ホットあわー、ハイパワー給湯、キラリユキープ、バブルおそうじ、ホットりたーん、あったかリンク、お天気リンクEZ/お天気リンクAI、お急ぎ湯はり、サーモジャケットタンク(貯湯ユニット)、スマホ連携/三菱HEMSなどがあります。
なお、機能の詳細については、三菱のエコキュートのホームページ(https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ecocute/)などを参照してください。


●第2位:パナソニックのエコキュートのHE-WU46HQS


パナソニックのエコキュートのHE-WU46HQSは、一般地向けのWシリーズのパワフル高圧薄型フルオートで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。
搭載されている機能としては、パワフル高圧、ふろ自動、追い
だき、ダブル湯温コントロール、省スペース設置などがあります。
なお、機能の詳細については、パナソニックのエコキュートのホームページ(https://sumai.panasonic.jp/hp/)などを参照してください。


●第3位:コロナのエコキュートのCHP-ES46AY3


コロナのエコキュートのCHP-ES46AY3は、一般地向けフルオートの高圧力パワフル給湯・省スペース・スリムタイプで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線 LAN 対応インターホンリモコン選択時)、無線 LAN 対応インターホンリモコン、インターホンリモコン、高精細バックライト液晶、浴室優先、休止、呼び出し機能、表示消灯、リチウム電池搭載、タンク湯増し時間選択、施工時診断機能などがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのホームページ(https://www.corona.co.jp/eco/)などを参照してください。
竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方へ、竹並建設の家づくりのこだわり、竹並建設が選ばれる魅力、竹並建設の住宅の実例、竹並建設のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。


竹並建設の家づくりのこだわりとしては、次のようなものがあります。


・オーダーメイドの在来軸組工法


・環境性能


・界床工法


・構造材料の検査


・お客様志向のサービス・商品の提供


竹並建設が選ばれる魅力としては、次のようなものがあります。


・建築家によるデザイン


・優れた品質と性能


・手の届く価格


竹並建設のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位は三菱のエコキュートのSRT-P555B


・第2位はパナソニックのエコキュートのHE-WU46HQS


・第3位はコロナのエコキュートのCHP-ES46AY3


竹並建設のエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP