日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年2月25日

日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
檜を使った木造注文住宅を建てたいと思っている方も多くいるでしょう。
日本ハウスホールディングスは、旧社名の東日本ハウスを創業してから木造注文住宅にこだわってきました。
ここでは、日本ハウスホールディングスの家づくりの3つのこだわり、日本ハウスホールディングスの商品ラインアップ、日本ハウスホールディングスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■日本ハウスホールディングスの家づくりの3つのこだわり


日本ハウスホールディングスは、未来を見据え、日本の心と技を大切にして、家族の思いに寄り添いながら、かたちにひとつずつしていくというような家づくりをサポートします。
そのために、日本ハウスホールディングスの家づくりは3つのこだわりを掲げています。
ここでは、日本ハウスホールディングスの家づくりの3つのこだわりについてご紹介します。


●檜・耐震構造


日本ハウスホールディングスは、檜という最高峰の建築素材にこだわって、オリジナル開発の最新の技術を日本伝統の木造軸組工法に融合し、地震に対して強く、丈夫で長持ちする住宅を提供します。


・骨太の檜
丈夫で長持ちの構造にするため、日本の住宅に相応しい骨太の檜を使っています。
日本ハウスホールディングスが檜にこだわる理由としては、次のようなものがあります。
檜は神社仏閣で古くから使われており、伐採した後に強度が200年~300年で最も増して、元に千年経つと戻るという性質があります。
そのため、檜の住宅は長く住むことができます。
檜に含まれているフィトンチッド成分は、檜風呂、檜入浴グッズなどのように、リラクゼーション効果としての自律神経安定などやストレス軽減効果があります。


また、日本の気候に適した材料であるため、室内の空気環境を整える優れた吸放湿性があります。
そのため、癒されたり、心が休まったりして健康に暮らせます。
檜に含まれているフィトンチッド成分は優れた抗菌、防虫効果があるため、安全な生活ができます。
檜は、日本人の暮らしとして檜舞台、総檜作り、檜大黒柱などのように馴染み深い材料です。
自然素材の檜は、有害な薬品を使っていません。
造るときは、鉄の1/3の二酸化炭素の排出量です。
そのため、檜は暮らしに馴染み、環境に対して優しい材料です。


日本ハウスホールディングスの檜がすごいところとしては、次のようなものがあります。
檜の中でも厳選したエリート檜を使っています。
生産されたところ、加工されたところがわかる「血統書」が付いています。
使っている檜のヤング係数は1階がE90以上、2階がE70以上で、含水率がSD20(20%以下)です。
檜は曲げ強度、圧縮強度が高いことが、強度実験で実証されています。
また、鉄に比較して火に対して強く、最も住宅の構造材として適しています。
「檜無垢柱」の強さの理由としては、次のようなものがあります。
檜の太い柱が住宅を守ります。


4寸(120mm)の柱と3.5寸(105mm)の柱の違いとしては、断面積が1.3倍ですが、実験結果では最大荷重が1.9倍になっています。
太い柱の方が、地震などによる上下動に対してより安全に住宅を支えることがわかります。
切溝を「檜無垢柱」の4面に入れることによって、強度と耐久性をさらにアップします。
快適住宅「J-ステージ」は、耐久性が優れている集成材に着目してプレミアム檜集成材を梁や柱などの構造材に使っています。
そのため、最上級の安心を住まう人にもたらします。


・地震に対して強い住宅
日本ハウスホールディングスの住宅は、高い耐震性能を実大振動実験で実証し、阪神淡路大震災の200%の加振に耐えました。
日本ハウスホールディングスの新木造ストロング工法については、いろいろな実験を行いました。
耐震性能は耐震等級3と高く、地震に対して強い家づくりを行っています。
快適住宅シリーズの新木造ストロング工法は、オリジナルに開発した新しい技術の強い柱、強い床、強い壁を伝統の工法に融合させて、地震に対して強い耐震等級3の住宅を造ります。
強い柱の「檜無垢柱」の強さの理由としては、先にご紹介したように次のようなものがあります。
檜の太い柱が住宅を守ります。
4寸(120mm)の柱と3.5寸(105mm)の柱の違いとしては、断面積が1.3倍ですが、実験結果では最大荷重が1.9倍になっています。


太い柱の方が、地震などによる上下動に対してより安全に住宅を支えることがわかります。
切溝を「檜無垢柱」の4面に入れることによって、強度と耐久性をさらにアップします。
強い床としては、2階の床はヘビーティンバーシステムを採用した新ストロング床組で、最高レベルの水平剛性3の強さを確保し、檜の太い柱が住宅を守ります。
強い壁としては、耐震等級3の構造体を支えるために、構造用合板使用による3.3倍、3.7倍などのストロング壁を採用しています。


HT(ハイテンション)座付ナットを、構造体を支える骨組みの接合部には使っています。
ナットが緩むのを防止して、長持ちで丈夫な構造を保ちます。
2009年グッドデザイン賞を、HT座付ナットは受賞しています。
地震の揺れを制震パネル(オプション)で低減しています。
ダンパー(地震エネルギー吸収装置)をパネル中央部に設け、粘弾性体をプレートの間に挟んでいます。
地震が発生したときは、上下にプレートが動き、これにつれて粘弾性体が変形します。
このような動きによって、地震のエネルギーを吸収して揺れを少なくします。
「J・ステージ」シリーズのJ・エポック工法は、科学の工法のノンボルト金物工法にツーバイフォー工法と木造軸組工法のメリットを融合させた構造で、地震に対して強い住宅を造ります。
ノンボルト金物工法は、ロスワックス製法による炭素鋼鋳造鋼製の一体成型金物で、金物工法のような折り曲げ成型金物ではなく、重量鉄骨級の6mmの厚みです。


モノコック構造(木軸+面構造)は、ツーバイフォー工法と木造軸組工法のメリットを融合させた、機密性・耐震性の高いものです。
間取りの高い自由度があり、容易に増改築ができます。
耐震性が高いことを実大振動実験で実証しました。
J・エポック工法は、力学的・科学的に優れています。
耐震性能は、阪神・淡路大震災の1.25倍あることが実証されました。


・高耐久住宅
日本ハウスホールディングスは、高い耐久性を孫の代まで受け継ぐ家づくりのために追い求めています。
家族の命を守る安心の省令準耐火構造仕様によって、火災が万一発生したときに避難する時間を作るために天井や壁から延焼する時間を稼ぎます。
火災保険の保険料は、耐火性能が高いため、普通の木造住宅の約半分になります。
なお、これは仕様によって違うことがあります。
国が定める「長期優良住宅」の基準を、標準仕様でクリアしています。
税制面などでも、長期優良住宅の認定制度を利用すると有利になります。
なお、これは仕様によって違うことがあります。
「J・ステージ」シリーズのときはオプションになります。
100年基礎は、日本ハウスホールディングスの基準による高耐久コンクリート基礎です。
高耐久のコンクリート基礎を、呼び強度30Nのコンクリートの採用、施工精度のアップや充分な養生期間確保などによって目指しました。
なお、これは仕様によって違うことがあります。
快適住宅「彩」「J-ステージ」のときはオプションになります。


●エネルギーの自給自足
日本ハウスホールディングスは、自宅で使うエネルギーは自宅で限りなく創る、家計にも環境にも優しい暮らしを実現します。


・ZEHを支える高気密・高断熱
効率良く限りある資源を使って、高い経済性の高性能住宅を造ります。
木造住宅は、断熱性能が構造材自体にあるため、高性能の断熱材を柱との間に充填することによって断熱性能が高くなります。
住宅の窓の開口部の断熱性能をアップすることが、効率良くエネルギーを利用するためには大切です。
暖かい室内の温度を外に逃さないために、複層ガラスやトリプルガラスを使ったトップクラスの断熱性能の樹脂サッシを使っています。
なお、これはプラン、商品、地域によって違うことがあります。


・省エネルギー
高効率設備を地域に合わせて採用して、一次エネルギーの使用量を少なくします。
熱交換型ダクトレス換気システムの熱交換型換気扇は、空気の入れ替えを室内温度を確保しながら行うものです。
この効果でエネルギーの無駄を無くして、冷暖房効果をアップします。
高効率給湯器としては、高い年間給湯保温率のエコキュートを採用して、作る、貯める、使うことを融合させた制御技術によって無駄なくエネルギーを効率良く利用します。
高効率給湯暖房器(寒冷地仕様)は、暖房熱源に寒冷地などで有効です。
有効にセントラルヒーティングの熱源として機能します。
ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)は、家庭で消費するエネルギーを節約する管理システムです。
家電品を自動制御したり、電気使用量を表示したりします。
政府は、全ての住宅に2030年までにホームエネルギーマネジメントシステムの設置を目指しています。
LED照明は、発光ダイオードを使った照明器具で、消費電力は蛍光灯に比較して1/3になります。
LED照明の寿命は2万時間〜6万時間で、蛍光灯よりも長くなります。
高効率エアコンは、多くの熱を少ない電力で取り除く高いエネルギー効率のエアコンです。


・創エネルギー
自宅で消費するエネルギーは自宅で限りなく創る、家計にも環境にも優しい暮らしです。
日本ハウスホールディングスは、本格的ソーラーシステムハウスを日本で初めて開発したハウスメーカーです。
太陽光発電機器メーカーと技術提携することによって、本格的な太陽光発電システムを日本で初めて開発し、国の「ソーラーシステム普及啓蒙促進事業」の第1号になりました。
太陽光発電システムは、電気に太陽光を換えて、家庭内で使用します。
余った電気を売電するために、双方向計量機能があるスマートメーターを設置します。
昼間は太陽光発電を使用して、余った電気は売電します。


深夜電力を給湯などは利用することによって、売電が月によっては上回り、電気代を通年でゼロに近づけます。
なお、これは普通の家庭内の電気製品を使うことを考えたものです。
また、晴れの日を太陽光発電は想定しているため、天候などの条件によって実際には違います。
日本ハウスホールディングスは、2012年から全ての商品に太陽光発電を標準で搭載しています。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)というのは、住宅の断熱・省エネ性能をアップして、太陽光発電などで創るエネルギーが消費するエネルギーよりも上回ることによって、消費するエネルギーと創るエネルギーの収支が正味ゼロに一次エネルギー消費量換算でなる住宅です。
日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
●安全・安心・快適(快適に健康で暮らす)


日本ハウスホールディングスは、住宅のある限り、住宅を見守り続けます。
最長60年の長期保証制度にプラスして、定期的に住宅を訪問して、住宅の診断や相談に対応します。
標準で冷暖房を装備して、空気環境を快適に整えます。
・感謝訪問・長期保証
日本ハウスホールディングスは、アフターサービスやアフターフォローは施工業者の責任のみでなく、感謝の気持ちを表現するところであると考えています。
「感謝訪問」(ホームドクターシステム)というのは、日本ハウスホールディングスならではの住宅がある限り見守り続ける仕組みです。


引渡しした後の5年目までは年に2回訪問し、6年目からは年に1回訪問し、60年目までは年に1回以上訪問します。
60年目からも住宅のある限り、住宅を見守り続けます。
なお、商品によっては35年間の保証期間になります。
詳細については、日本ハウスホールディングスの営業担当に問い合わせしてください。
年に1回、日本ハウスホールディングスの住宅に住んでいるお客様を招待して感謝祭を行っています。
アフターメンテナンスは、住宅の診断や点検だけでなく、住宅についてのいろいろな相談に対応しています。
オリジナルの保証制度を、暮らし始めてからの安心を守るために設けています。
引渡しした後も、定期点検を長期間に渡って実施します。
60年定期点検・診断プログラムによって、毎年1回以上お客様宅を感謝訪問して、必要なメンテナンス工事を実施します。
なお、10年毎の有料メンテナンスが条件になります。
100年基礎の施工などの条件が、構造躯体60年保証にするためにはあります。


・24時間対応コールセンター
住宅のトラブルの相談などのために、日本ハウスホールディングスの運営による24時間体制のコールセンターを設けています。
近くの日本ハウスホールディングスの営業店の時間外は、この24時間体制のコールセンターで受付しています。


・ユニバーサルデザイン
高齢の方にも子供にも優しい、バリアフリーと1メーターモジュールの設計です。
日本人の体格は、大きく戦後改善して非常に伸びてきました。
しかし、住宅の基本寸法であるモジュールは、現在でも従来と同じ尺(910mm)モジュールがメインになっています。
日本ハウスホールディングスは、住宅の基本モジュールを時代が要求する家づくりとして910mmから大きく1mにしました。
大きなモジュールにすると、部屋が広くなるだけでなく、スムーズに車椅子でも通れる廊下、広い横幅のトイレなど、快適に全ての年代の人が暮らせる住宅になります。
多くのメリット がある1メーターモジュールの住宅は、建築費がその特殊な寸法のために割高になるときもありました。
そのため、日本ハウスホールディングスでは、設計・施工の合理化を図るために1メーターモジュールに全ての住宅をすることによって、この問題を解消しました。


・冷暖房の標準搭載
快適な住宅は、高断熱・高気密のみでは造れません。
冷房や暖房を設けることによって、夏は涼しく、冬は暖かいスペースを造ることができます。
地域ごとに最適な環境を作る設備を設定して、標準で装備します。
高気密・高断熱を生かして、地域の気候に応じて冷暖房、あるいはセントラルヒーティングを標準で装備し、快適な空気環境を整えます。
全館空調のセントラルヒーティングは、快適な空気環境の維持、間取りやスペースの制限なしで、それぞれの部屋の温度差を無くすことによってヒートショックを抑えます。
セントラルヒーティングは、北海道、東北、北陸の地域におすすめです。
高効率エアコンは、空気中のアレルゲンの抑制、静音設計での自動清掃機能、湿度調整での快適温度で、冷房のときは風が直接当たらないように約5m先まで天井に沿って吹き出し、暖房のときは足元から垂直の暖房気流で暖めます。
高効率エアコンは、東北、関東、甲信、首都圏、北陸、東海、関西、中国、四国、九州の地域におすすめです。
日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■日本ハウスホールディングスの商品ラインアップ


ここでは、日本ハウスホールディングスの商品ラインアップについてご紹介します。


●快適住宅の「館」「華」「彩」


日本ハウスホールディングスの主力の全ての商品は、ZEH標準仕様です。
「館」「華」「彩」のグレードを準備しており、グレードは檜無垢柱の太さによって違います。
高い設計自由度の木造軸組工法を採用しています。


●規格住宅の「J-ステージ」


家づくりを予め準備された選択肢から組み合わせて行う規格住宅の「Jステージ」は、ツーバイフォー工法と木造軸組工法を融合した「モノコック構造」を採用しています。
制限が間取りにありますが、構造は強度が優れているため、自由設計にこだわらなければ規格住宅の「Jステージ」がおすすめです。
日本ハウスホールディングスは、規格住宅の「J-ステージ」と完全自由設計の注文住宅の「快適住宅」シリーズの商品を2本柱にしています。
いずれも質のいい檜材を贅沢に使った家づくりを行っており、ZEHが「快適住宅」シリーズは標準仕様です。


●「快放空間」


「快放空間」は、日本ハウスホールディングスのオリジナルの骨太木材を組みあげる「ストロングテクノロジー」を採用しており、大空間が高い耐震性を維持しながらも実現できます。
大開口ビルトインガレージのあるタイプやガラスウォールを使ったタイプタイプなど、いろいろな提案もあります。


●平屋の家「悠華」


平屋の家「悠華」は、日本ハウスホールディングスの平屋建て住宅です。
デザインは、好きな「切妻」「寄棟」「BOX」の屋根形状から選べます。


●「グランジェス」


「グランジェス」は、セカンドライフのための住宅です。
3つの「かたらい」「ささえあい」「ふれあい」のプランが準備されています。


●「ニューアーバンバリュー」


「ニューアーバンバリュー」は、狭小地向きの都市型の2階・3階建て住宅です。
「アヴァンス」というHEMSを装備した住宅、「ヴェール」という屋上のある住宅、「セキュラ」というセキュリティに特化した住宅などが準備されています。


●「Gレジデンス34/プライムステージ」


「Gレジデンス34/プライムステージ」は、檜にこだわった日本ハウスホールディングスの賃貸併用住宅です。
賃貸併用物件でもともと心配される「遮音性」については、剛床システムのALC遮音床パネル36㎜のものを採用しています。
また、隣家との界壁は、両側面に強化石膏ボードを2重貼りしています。
日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■日本ハウスホールディングスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、日本ハウスホールディングスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


●第1位:東芝のエコキュートのHWH-B376HA


東芝のエコキュートのHWH-B376HAは、フルオートタイプのハイグレードの一般地向けで、タンク容量が370L、家族の人数が2人〜5人用です。


搭載されている機能としては、光タッチ台所リモコン、光タッチ浴室リモコン、銀イオンの湯、節水湯はり、ESTIAi、エコチャレンジ、5年保証、昼の運転予約、早起き設定、新電力メニュー設定、外装コーティング、省エネアシスト保温、自動湯はり、自動保温、自動たし湯、給湯・湯はり温度個別設定などがあります。
なお、機能の詳細については、東芝のエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第2位:日立のエコキュートのBHP-ZA46SU


日立のエコキュートのBHP-ZA46SUは、給湯専用の一般地仕様(-10℃対応)のオートストップ機能付きで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜6人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、2温度設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。
なお、機能の詳細については、日立のエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第3位:パナソニックのエコキュートのHE-NSU37KQS


パナソニックのエコキュートのHE-NSU37KQSは、NSシリーズのパワフル高圧フルオートで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、ソーラーチャージ、エコナビ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。
なお、機能の詳細については、パナソニックのエコキュートのカタログなどを参照してください。
日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、日本ハウスホールディングスの家づくりの3つのこだわり、日本ハウスホールディングスの商品ラインアップ、日本ハウスホールディングスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。


日本ハウスホールディングスの家づくりの3つのこだわりとしては、次のようなものがあります。


・檜・耐震構造


・エネルギーの自給自足


・安全・安心・快適(快適に健康で暮らす)


日本ハウスホールディングスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位は東芝のエコキュートのHWH-B376HA


・第2位は日立のエコキュートのBHP-ZA46SU


・第3位はパナソニックのエコキュートのHE-NSU37KQS


日本ハウスホールディングスのエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP