三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年3月13日

三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
注文住宅を建てるときはきれいなデザイン住宅にしたいと思っている方もいるでしょう。
このような方は、三栄建築設計の注文住宅がおすすめです。
三栄建築設計は、キャッチフレーズが「ちょうどいい家づくり」のデザイン工務店で、ローコストとデザインの自由度で好評を得ています。
ここでは、三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ、三栄建築設計のデザインへのこだわり、三栄建築設計の家づくりへのこだわり、三栄建築設計の注文住宅の商品ラインアップ、三栄建築設計のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■三栄建築設計のデザインへのこだわり


ここでは、三栄建築設計のデザインへのこだわりについてご紹介します。


●同じ住宅は造らない


三栄建築設計の家づくりは、ゼロから一棟ずつ企画して、ゼロから造るため、同じものは一つとしてありません。
住まい手の想いととことん向き合って、そこにしかないものをデザインします。
三栄建築設計の住宅は、一丸になってプロジェクトチームが造り上げ、それぞれの魅力的なコンセプトがその土地ごとに準備されています。
それぞれ住まい手が違っているように、その舞台になる住宅も同じものはありえません。
一般的な規格化された分譲住宅では、間違いなく実現できない、お客様の描く理想的なライフスタイルが実現します。


●プロジェクトチームによる家づくり


三栄建築設計は、世界にたった一つのプロジェクトチームによる家づくりです。
三栄建築設計の家づくりは、現地を営業・設計・施工のそれぞれの担当者がチェックするところからスタートします。
それぞれ担当者が、住まい手のライフスタイルを思い描くために、その土地の眺望や日当たり、街並みの雰囲気、隣地の状態を直接感じます。
それぞれの担当者が住まい手のライフスタイルを思い描いて生まれるコンセプトは、今から具現化する家づくりの骨組みになります。
バランスよく販売戦略、施工性、デザイン性を共存させることができるのは、住まい手の立場に立って一丸になってプロジェクトチームが家づくりを行っているためです。
三栄建築設計は、世界に一つだけの住む人の幸せ、街並みとの調和を考えた住宅を手掛けています。
家族、ライフスタイルがそれぞれ違っているように、住宅のコンセプトは住まい手の数だけあります。
三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■三栄建築設計の家づくりへのこだわり


ここでは、三栄建築設計の家づくりへのこだわりについてご紹介します。


●安心の工法


一般的な建売住宅は、ほとんど工法は1つに決まっています。
しかし、三栄建築設計は、独自のサンファースト工法と環境に優しく高性能の2×4工法を採用しており、建てる住宅に応じて最も適した工法を選びます。


・サンファースト工法
サンファースト工法は、木造在来軸組工法を基本にして、構造板などの使用や接合部の強化などをより進化させたものです。
なお、木造在来軸組工法というのは、日本の風土に古くから育まれてきたものです。
木造在来軸組工法の特徴は、建物を梁や柱などの軸によって支えることです。
木は、日本の住宅に必要な優れた建材ですが、伸縮を湿気や乾燥によって繰り返すことによって、梁同士を接続する金具が年月が経つに連れて緩んできます。


三栄式羽子板ボルトは、この緩みを改善するために開発されたものです。
スプリング力や立ち上がりをボルト固定のために設けた独特な形によって、柔軟に木材の伸縮に対応します。
半永久的に接合部の緩みを防止することによって、建物そのものの歪みを少なくして、強い構造を保ちます。
ホールダウン金物は、強固に建物の基礎と柱、梁と柱を緊結するものです。
直下型地震が発生したときなどに、土台や梁から柱が引き抜かれるのを防止するためにも効果があります。
大事な接合部を1ヵ所ずつ強くすることによって、建物全体の強度をアップします。
9mmの厚さの構造板を、住宅の外周部には施工しています。
面で建物全体を覆った構造は、欧米で普及している2×4工法と日本の古くからの木造軸組工法のハイブリッドともいえるものです。


台風や地震のときなどに発生する力を分散して受け止めて、万一のときにも高い安全性の住宅を実現しました。
集成材は、強度や品質が安定しており、大型建築物の体育館などにも使われることが多くあるものです。
しっかりと乾かして、含水率を少なくした板を重ね合わせて圧着するため、狂いや割れが少なく、長期間に渡って高い強度を維持します。
豊富に種類がある集成材の中から、最も部位ごとに適したものを選りすぐって使っています。
床梁には、24mmもの厚さの構造用合板を敷き込んで、打ち付けて一体化しています。
荷重を面で分散させて、ねじれや歪みの少ない高耐久構造になります。
特に、台風や地震のときに発生する力に対して強い、安心な床構造になります。
ベタ基礎工法は、鉄筋コンクリートで建物の全体の底部を支えるものです。


基礎を壁の下部にだけ巡らせる布基礎工法と違って、ベタ基礎工法は建物の加重を面で分散して受け止めます。
そのため、不同沈下が起きにくく、地面から上がってくる湿気も防止して、暮らしを力強く支えます。
不快な結露は、室内以外に壁の中でも発生して、内部から住宅を腐食させるリスクがあります。
そのため、通気層を壁体内に設け、風通しのいい状態に常にします。
細心の配慮を見えない箇所にも施すことによって、飛躍的に住宅の耐久性をアップしています。
シロアリは、建物を食い荒らすため、住宅にとっては非常に脅威になります。
害虫駆除対策も前もって確実に行うことによって、住宅を守ります。
駆除剤は、非有機リン系の人体に影響がないものを使うため安心です。
保証が施工した日より5年間付いています。


硬質樹脂のパッキンを、土台と基礎の間に設けています。
基礎の全周から新鮮な空気をスムーズに取り込むことによって、床下の換気効率が高くなります。
湿気によって住宅の土台が腐食するのを防止して、住宅を長持ちさせます。
いかに強い住宅でも、地盤が軟弱では安心して暮らせません。
三栄建築設計では、地盤の状態を建てる前に必ずチェックします。
2階建て、3階建ての建物の規模に応じた地耐力があるかをチェックして、補強が必要なときには補強工事を実施します。
補強工事の有無に関係なく、保証が20年間付いています。


・2×4工法
従来の軸組工法は点を梁や柱などで結合しますが、2×4工法は構造用製材で造った枠組みに壁・床・屋根を構造用合板を張り付けたパネルで構成して建物を支えます。
従来の軸組工法のイメージは線や点で住宅を組み立てるものですが、2×4工法のイメージは床・壁・天井の6面で住宅を組み立てていくものです。
2×4工法は、6面体で構成されており、垂直・水平のいずれの方向からの外力でもバランスよく面全体で受け止め、分散して吸収することができます。
木は燃えるため、火に対して木造住宅は弱いと考えられがちですが、実際には違っています。
使っている枠組材は、表面が燃えたときに焦げて炭化層になって、内部まで火が進行しなく、強度が下がりにくい厚さがあります。


そのため、火の通り道を塞いで火が上階に燃え広がるのを防止するとともに、機密性や断熱性に優れており、冷暖房の効率が良く、省エネにも効果があります。
壁の中の結露は、室内と室外の一定以上の温度差によって発生します。
壁表面の結露はダニやカビの要因になり、また、壁内の結露は木材を腐食させるなど、住宅にいろいろな良くない影響を与えます。
2×4工法の住宅は、構造材の木材そのものの断熱性能が優れているため、結露が発生しにくいというメリットがあります。


三栄建築設計では、結露防止対策としてさらに壁内から水蒸気を追い出す通気層を設けています。
床下の湿気を抑えるため、三栄建築設計では防湿フィルムを地面に敷いて、コンクリートをこの上に打設して地面からの水蒸気を防止しています。
また、基礎パッキンを土台と建物の連結部分に使うことによって、空気を基礎の全周から取り込んで、床下の換気効率をアップしています。
さらに、開口部を基礎に設けないことによって、基礎強度の低下も少なくしています。


●地球に優しい住まい


三栄建築設計の住宅は、「住宅トップランナー基準」に対応しており、認定低炭素住宅基準相当の省エネ・快適・経済的な住宅です。
高性能グラスウールの「アクリアネクスト」を、断熱材には使っています。
この断熱材は、ガラスが原材料の細かな繊維が絡み合って作られるスペースによって、熱が伝わりにくいものです。
この繊維をもっと細かく、多くの繊維をさらに絡み合わせることによって、断熱性能をよりアップしています。
アルミ樹脂のハイブリッドサッシ+Low-E複層ガラスを、窓には使っています。
断熱性能が優れており、次世代省エネルギー基準に適合しています。
また、Low-E金属膜でガラスをコーティングすることによって、夏のシーズンは太陽熱の侵入を防止し、冬のシーズンは暖房熱の放出を防止して、快適な環境を保ちます。
共用スペースの廊下、玄関、洗面脱衣所、トイレなどの照明は、標準でLED照明を採用しています。
LED照明は、蛍光灯や白熱灯と比べて省エネで長寿命です。


エコジョーズを給湯器には使っています。
エコジョーズは、キッチンやユニットバス、洗面所などで湯切れしなくて給湯が同時にできる十分な性能があるにも関わらず、熱効率が高くてガス使用量が低減できます。
また、二酸化炭素の排出量を低減し、地球環境にも配慮しています。
冷暖房効率が優れており、年間に冷暖房費が約4割節約できます。
なお、計算条件は、暖房設定温度20℃、24時間全館暖房、COP3.5のヒートポンプエアコン、冷房設定温度27℃、通風なし、COP3.0のヒートポンプエアコン、東京都(準防火地域)、電気代は25円/kwhです。
また、この数値は一定条件下でシミュレーションしたものであるため、保証されるものではありません。
「フラット35S(金利Aプラン)」の長期固定金利ローンの条件に適合しており、条件が最もいい優遇措置を受けることができます。
なお、予算金額が「フラット35S(金利Aプラン)」にはあり、予算金額になる見込みになると受付が終わります。
三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
●自社一貫体制


自社一貫体制で、全ての家づくりを担っています。
分譲住宅販売会社の中には、パートナー企業に設計や施工を外注するところも多くありますが、三栄建築設計は自社で一貫して土地の仕入れ、企画、設計、施工、アフターメンテナンスの全て工程を行なっています。
全ての工程を自社で管理し、情報共有がスムーズにできる環境を作ることによって、心からお客様が満足できる家づくりを行なっています。
ここでは、三栄建築設計の家づくりの流れについてご紹介します。


・企画
営業・設計・工事の担当者によってプロジェクト会議を行なって、現場のコンセプトを決めて、仕様、プランを検討します。


・建築確認申請
指定検査機関が、いろいろな法令に設計図書が適合しているか審査します。


・地盤調査
地盤補強が必要かを地盤調査によって判定して、最も適した基礎仕様を決めます。


・着工
打ち合わせをいろいろ行なった後に、いよいよ工事がスタートします。
三栄建築設計の現場の担当者が、確実な竣工までの現場管理を行います。


・基礎配筋の検査
基礎配筋の検査は、三栄建築設計の現場の担当者が行います。
また、保険法人が住宅瑕疵担保履行法に基づいて基礎配筋の検査も行います。


・上棟
構造体が組み上がって、屋根材を葺くと、内装工事、設備工事がスタートします。


・構造体検査
三栄建設設計の現場の担当者が、図面通りに筋かいや柱などが配置されているかなどについて、社内構造体検査を行います。
3階建てのときは、中間検査も行政(民間)によって行い、ダブルチェックを行います。
また、保険法人が住宅瑕疵担保履行法に基づいて構造体検査を行います。


・外装下地検査
三栄建築設計の現場の担当者が、主に雨水の侵入を防止する部分の検査を外装工事の前に行います。


・木完検査
三栄建築設計の現場の担当者が、内部造作材や建具などの施工精度を内装仕上工事の前に検査し、不具合が完成した後に見えなくなる部分にないかチェックします。


・完成
いろいろな検査、工程を経て完成になります。


・完了検査
行政による完了検査と三栄建築設計の設計担当、設計工事部長、工事担当による社内検査において、仕上がり、設計図書との相違、雨水侵入箇所の検査などを行います。
完了検査証が、行政の完了検査に受かると発行されます。
また、お客様に立ち会ってもらって、内装・外装をチェックして、お互いに不具合をチェックして不具合があれば修正します。


・引き渡し
引渡しが終わると、夢のマイホームの暮らしがスタートします。


●自社検査体制


自主検査として、三栄建築設計では、検査専門部署と施工管理担当者が検査を5回行います。
また、基礎配筋検査、構造躯体検査、完了検査を、指定検査機関・保険法人が行います。
最も大切な工程の基礎配筋、構造躯体はダブル検査になり、トータル8回もの検査が1棟についてあるため安心です。
・基礎配筋検査・ホールダウン検査
鉄筋の間隔や太さ、立ち上がりが図面通りの位置に施工されているかを、基礎配筋検査・ホールダウン検査でチェックします。
また、地震が発生したときに住宅の倒壊を防止するホールダウン金物の位置が正しいかをチェックします。


・構造体検査
強固に部材同士を接続するいろいろな金物の施工が正しいかを、構造体検査ではチェックします。
三栄式羽子板ボルトなど、多くの金物が使われていますが、図面と1つずつ照合します。


・外装下地検査
外壁・屋根・窓など、雨漏りのリスクがある箇所について、施工が正しいかを外装下地検査ではチェックします。


・木完検査
内装仕上工事の前に建具や内部造作材の施工精度を木完検査でチェックし、影響が仕上工事に出るような不具合が発生しないようにします。


・完了検査
図面通りに外部・内部ともに仕上がっているか、不具合が設備の動作にないかを、完了検査ではチェックします。


●アフターメンテナンス


「メルディアグループの10年保証」が、柱や基礎などの主要構造体・雨漏りについてはあります。
「保証金の供託」によって、万一ときでも補修するための資金を確保しているため安心です。
快適で美しい住宅を守るためには、普段のお手入れが大切です。
三栄建設設計のホームページでは、動画で簡単にできる次のような3つのお手入れ方法を紹介しています。


・クロスの隙間補修について


・建具の調整について


・サッシ・網戸の取り扱いについて


これ以外のお手入れ方法については、引き渡しのときに「住まいのお手入れガイド」がプレゼントされます。
住んだ後で生活上の不具合や気がかりなことがあったときは、三栄建築設計のホームページの専用フォームで連絡すると、迅速にアフターメンテナンス担当が対応してくれます。
三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■三栄建築設計の注文住宅の商品ラインアップ


三栄建築設計の注文住宅の「メルディア」では、「Superior」(上質)、「Pride」(誇り)、「Unique」(唯一の)、「Relax」(寛ぎ)の頭文字をとった「SPUR」(シュプール)という商品があります。
完全自由設計で、規格化された外装デザインは全くありません。
インテリアテイストについては、次のような6種類があります。


・モダンテイスト


・ナチュラルテイスト


・和風テイスト


・エレガントフェミニンテイスト


・フレンチシャビーテイスト


・インダストリアルテイスト


また、5デザイン×5カラーの25種類から居室ドアも選ぶことができます。
三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■三栄建築設計のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、三栄建築設計のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


●第1位:ダイキンのエコキュートのEQX46VFTV


ダイキンのエコキュートのEQX46VFTVは、フルオートタイプの一般地仕様の薄型のパワフル高圧で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、パワフル高圧給湯(320kPa)、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第2位:日立のエコキュートのBHP-FS37SH


日立のエコキュートのBHP-FS37SHは、フルオートの一般地仕様(-10℃対応)の薄型タンクで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、追いだき、ダブル湯温設定、ふろ湯量節水、ふろ配管自動洗浄、入浴剤対応、汚れガードパネル、耐震クラスB対応などがあります。
なお、機能の詳細については日立のエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第3位:パナソニックのエコキュートのHE-JPU37KQS


パナソニックのエコキュートのHE-JPU37KQSは、JPシリーズのパワフル高圧フルオートで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、ソーラーチャージ、温浴セレクト、エコナビ、リズムeシャワープラス、ぬくもりチャージ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。
なお、機能の詳細については、パナソニックのエコキュートのカタログなどを参照してください。
三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方へ、三栄建築設計のデザインへのこだわり、三栄建築設計の家づくりへのこだわり、三栄建築設計の注文住宅の商品ラインアップ、三栄建築設計のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。
三栄建築設計のデザインへのこだわりとしては、次のようなものがあります。


・同じ住宅は造らない


・プロジェクトチームによる家づくり


三栄建築設計の家づくりへのこだわりとしては、次のようなものがあります。


・安心の工法


・地球に優しい住まい


・自社一貫体制


・自社検査体制


・アフターメンテナンス


三栄建築設計のお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位はダイキンのエコキュートのEQX46VFTV


・第2位は日立のエコキュートのBHP-FS37SH


・第3位はパナソニックのエコキュートのHE-JPU37KQS


三栄建築設計のエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP