トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年2月15日

トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
マイホームは末永く暮らすために、保証が長期間あるようなハウスメーカーを選ぶのがおすすめでしょう。
トヨタホームであれば、業界トップクラスの60年間の長期保証であるため安心です。
ここでは、トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ、トヨタホームの3つの安心、トヨタホームのシンセシリーズのテクノロジー、トヨタホームの商品ラインアップ、トヨタホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■トヨタホームの3つの安心

トヨタホームは、3つの安心でお客様の幸せに寄り添い続けるという責任に応えます。
ここでは、トヨタホームの3つの安心についてご紹介します。

●建てるときの安心

長くずっと住み続けられる品質が、トヨタホームの住宅にはあります。
安心していつまでも暮らし続ける愛着のある住宅、末永く家族の幸せを育んでいく住宅には、年月に負けない強さが大切です。
そのため、トヨタホームの住宅は、品質を徹底的に追い求めたトヨタ生産方式で造られています。
トヨタホームの工場の中には、「よい品よい考」というトヨタの創業期から引き継がれてきたスローガンが掲げられ、いつまでも家族に心地よい暮らしを届けるために、創意工夫を日々続けています。

●建てた後も安心

長くずっと見守り続ける保証が、トヨタホームの住宅にはあります。
いかに優れた品質の住宅でも、その価値は手をかけないと維持し続けることはできません。
また、長く住んでいると、ライフスタイルや家族構成も変わってきます。
そのため、トヨタホームは、きめ細かなメンテナンスと手厚い保証を準備し、住み替えからリフォームまでサポートしています。
トヨタホームは、人生を通じて、家族の暮らしと住宅を見守り続けます。

●支える安心

家族の幸せな暮らしを支え続ける力が、トヨタホームの住宅にはあります。
トヨタグループは、自動織機からスタートして、自動車、家づくりに、その時代が要求する幸せをいつも作ってきました。
そして、現在、家づくりを通じて豊かな安心に支えられた暮らしを届けしたいと考えています。
トヨタホームは、幸せに家族がなるために、建てるときだけでなく、建ててからも家族と住宅を身近な存在としていつも支え続けます。
トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■トヨタホームのシンセシリーズのテクノロジー

ここでは、トヨタホームのシンセシリーズのテクノロジーについてご紹介します。

●耐震性能

トヨタホームの住宅は、大震災に対しても強い耐震性能があります。
長く住めることを追い求めたトヨタホームの住宅の耐震性能は、「耐震+制震」です。

・確かな耐震性能を大震災にも、繰り返す余震にも発揮
安心して地震大国の日本で暮らすためには、住宅の耐震性能が非常に大切です。
トヨタホームが開発した「パワースケルトン」という強靭な構造体と、「T4システム」というオリジナルの制震装置を組み合わせると、大地震が発生しても長く安心して住み続けることができます。

・公開実験レポート
ここでは、トヨタホームの耐震性能についての公開実験レポートについてご紹介します。
厳しい条件で震度6以上の大地震を、合計で90回も公開実験を行いました。
この公開実験は、「パワースケルトン」というトヨタホームの構造体と「T4システム」という制震装置の性能を実証するために実施したものです。
一部の実験は、マスコミのテレビ・新聞などや有識者の大学教授などに公開されました。
震度7の兵庫県南部地震や、軟弱地盤を考えた震度7の予測東海地震などのデータを忠実に再現し、余震を考えて合計90回の加振を実施しました。

この中の17回は、数百年に1回の震度6以上の大地震の揺れを再現しました。
「T4システム」という制震装置によって、20%~70%住宅の変形を低減しました。
実験した結果、損傷が構造体にありませんでした。
繰り返す大地震にも、この実験でも住宅そのものには歪が残らなく、耐震性能が高いことが実証されました。
そのため、トヨタホームの住宅は、地震から住んでいる家族を守り、地震の後も住み続けられ、住宅の資産価値が損なわれることはありません。

・トヨタホームの「耐震+制震」
トヨタホームの住宅は、大地震に対する強い耐震性能に、安心をさらにプラスします。
耐震の強さと制震は相まって、さらに住宅の変形を抑える働きがあります。
トヨタホームは、「T4システム」という制震装置を「パワースケルトン」という強靭な構造体に組み合わせることによって、地震が発生したときの内外装の軽微な損傷をより少なくすることに成功しました。
トヨタホームの住宅は、耐震等級3が標準仕様です。
トヨタホームの住宅は、「パワースケルトン」という強靭な構造体を採用しており、国が決めた住宅性能表示制度の耐震等級3の最高ランクの基準値を大きく満たしています。
耐震等級3は、災害が発生したときの支援拠点になる消防署などの建物の耐震性能になり、数百年に1回発生する大震災の地震力の1.5倍でも倒れない耐震性能です。
なお、プラン・仕様によって耐震性能は違います。

「T4システム」は、トヨタオリジナルの技術力で生まれたもので、オイルが地震力を吸収します。
「T4システム」は、理想的な制振装置を耐震性能が優れた構造体にプラスできるとさらに強くなるというような思いで開発したものです。
発想の原点は自動車に使われているショックアブソーバーで、回転運動に地震のエネルギーを変えて、オイルがこのエネルギーを吸収して約20%~70%住宅の変形量を少なくします。
なお、「T4システム」は、商品・プランによっては設置できないことがあります。
プランや地震波などによって、被害や変形量の低減幅は違います。

●耐久性能

長く暮らせる家づくりのために、徹底的に耐久性能にこだわっています。
世界で日本は一番の長寿国ですが、日本の住宅は寿命が短くなっていました。
そのため、トヨタホームは、「長寿命の家」という世代を越えて住み継がれるものを目指して、高い耐久性能の家づくりをしています。

・トヨタホームの鉄を知り尽くす防錆技術
きめ細かな錆対策で、鉄骨の構造体を守り抜きます。
鉄の劣化の要因になる錆は、わずかの隙の防錆塗装のムラや柱の傷などを狙って発生します。
トヨタホームは、最大限に鉄のメリットを生かすために錆対策を適切に行なって、長く住める家づくりをしています。
鉄骨加工をした後の電着塗装によって、しっかりと裏側まで錆止めします。
小さい部品や鉄骨の裏側も、しっかりとカチオン電着塗装によって防錆処理を行なっています。
床下や溶接部分など、錆止めを場所に応じて行なっています。

多く湿気がある1階の床下は、カチオン塗装を高耐久メッキ鋼板に行なって、防錆テープで溶接部を保護しています。
徹底して自社工場で管理しているため、傷が付きにくくなっています。
壁などを取り付けたままで鉄骨ユニットは出荷しており、作業を建築現場で行わないため傷が鉄骨に付きにくくなります。
隙のない全体のユニットをカバーした防錆品質は、トヨタホームの鉄を知り尽くしたこだわりがあります。
鉄骨の劣化の要因になる錆は、わずかな隙の柱の傷や防錆塗装のムラなどを狙って発生します。
防錆性能を長い年月に渡って保つためには、わずかな妥協も許されません。
トヨタホームは、理想の防錆品質を自社工場での品質管理によって実現しています。
カチオン電着塗装と高耐久メッキ鋼板で、多く湿気がある床下も耐久性がさらに高くなります。
湿気がこもりやすく錆がよく発生する1階の床下の鉄骨には、性能がより高い防錆処理を行なっています。
溶融亜鉛、マグネシウム、アルミニウムの合金メッキを行なった高耐久メッキ鋼板の上にカチオン電着塗装とリン酸亜鉛皮膜を行うことによって、防錆性能が万全になっています。

60年間を考えた実験でも、サビは発生していません。
錆の発生状況を、塩水墳霧、湿潤、乾燥を繰り返して検証しました。
60年間相当経った試験でも、カチオン電着塗装を行なった高耐久メッキ鋼板は錆が発生しませんでした。
「耐用年数の定量化手法」という品確法の評価方法基準の解説に示されているものによる計算で、100年間相当支えることが認められています。
めっき層による犠牲防食の高耐久メッキ層、錆の進行を食い止めるリン酸亜鉛皮膜、傷に強い強固なカチオン電着塗装の防錆処理を行なっています。

犠牲防食というのは、種類の異なる金属が接触するところで高いイオン化傾向の金属が先に錆びるものです。
傷が鉄骨の表面に生じたときは、犠牲防食によって先にメッキ層が錆びて鉄を保護します。
また、メッキ層が完全に錆びた後でも、錆の進行をリン酸皮膜が食い止めます。
なお、耐久年数は立地条件、住まい方によって違います。
劣化を防止するため、最小限に錆止め後の溶接を抑えています。
溶接箇所の防水方法は、大きな違いが錆止めの仕上がりにあります。
溶接を錆止めした後の鉄骨に行うと、防水性能が熱によって弱くなります。
そのため、トヨタホームは防水塗装前に主な箇所の溶接を行なって、溶接を塗装した後に行うのは、1ユニットについて8箇所だけです。
防錆した後に溶接を行う箇所も、完全に防錆テープで防備します。
溶接を防錆した後に行うときは、接合箇所の防錆処理は一般的に不十分になります。

しかし、トヨタホームは溶接部の処理は防錆テープを使って丁寧に行うため、溶接を錆止め後に行う箇所も防水性能を塗装箇所と同等に保つことができます。
組み立ては自社工場内であるため、サビの要因になる傷が付きにくくなります。
トヨタホームは、工場内で構造体の組み立てを行っているため梁や柱に傷が付きにくく、未然に錆の発生を防止することができます。
また、自社工場で防錆塗装についての工程の全てを行うことによって、徹底して品質管理を行なっています。
トヨタホームのカチオン電着塗装は、トヨタのクルマづくりから生まれたものです。
カチオン電着塗装は、防錆技術としてクルマづくりの技術と一緒に培われてきたものです。

鉄骨を塗料の入った電着槽に丸ごと浸漬し、高い耐久性がある樹脂塗料を電着することによって、強固に鉄骨の表面を保護します。
鉄骨の裏側や、小さい部品のドッキングプレートなどの細かな箇所にも、錆止めをムラなく行なっています。
築20年以上の住宅で、トヨタホームの防錆品質は実証されています。
床下は、特に住宅の中でも湿気が多く、夏場の高温多湿なときには錆びやすくなります。
トヨタホームの築20年以上の住宅の床下をチェックした結果、影響を構造体の耐久性に与えるような錆は発生していなく、塗装表面は建てたときのままでした。

・気候の変化に対して強く、長く美しい高耐久の外壁
外壁材の素材や塗装を厳しく選んで、衝撃や気候の変化から住宅を守ります。
外壁は住宅の周りを守る大切なものです。
衝撃に対する強さだけでなく、温度や気候の変化、風雨の影響など、耐久性が全ての要因に対して要求されます。
トヨタホームは、使う塗料と外壁材の素材を厳しく選んでいます。
実験をいろいろな条件で繰り返し、美しさと強さを追い求めています。

30年後も耐久性のある外壁塗装は美しいものです。
日差しや雨、熱などにさらされても、色褪せや劣化が少ないHDセラコートの高耐久の外壁塗装を採用しています。
30年間相当の色の変化を比べる、短時間で過酷な強い日差しや雨、熱などの自然条件を再現するメタルウェザー試験でも、高い耐久性が実証されています。
メタルウェザー試験(促進耐候性試験)は、30年間相当の色の変化を比べるものです。
トヨタホームのHDセラコートは、色褪せが最も少なく、長く美しさが続くことがわかりました。

・住宅全体の通気性を確保し、湿気を防止する通気性能
湿気による住宅の劣化を防止するため、住宅全体の通気を確保しています。
住宅の中に発生する結露は、カビや内装材の腐食の要因になるだけでなく、影響を住む人の健康にも与えます。
結露を防止するためには、湿気を逃がして、外気を取り入れることが必要です。
トヨタホームは、家族の健康と住宅の耐久性のために、天井、壁、基礎などの住宅全体の通気性を確保しています。
床下は湿気がたまりやすいため、全体の基礎の天端部から換気し、湿気を効率よく逃がします。
天井裏に壁の中の通気が通じているため、住宅の隅々まで空気の流れを行き渡らせて湿気を防止します。

●快適性

トヨタホームの住宅は、快適で健やかな人に優しいものです。

・心地よく、健やかに、何気ない日常をいつまでも
快適に健康に暮らすためには、目に見えないことにも気配りする必要があります。
例えば、冷暖房や空気の質に頼り過ぎないことが必要です。
トヨタホームの住宅は、細やかな対策と工夫によって、心地いい健やかな日常を届けます。
心地よさが、家中どこにいても体感できます。

・年中快適なヒミツ
断熱性能は、等級4の最高ランクで、業界でトップクラスです。
トヨタホームは、天井や壁、床などへ断熱対策を適材適所に行なって、住宅全体で等級4の最高ランクの断熱性能を実現しています。
住宅の断熱性能が高いため、冷暖房費を年間に約7.1万円も低減でき、家計の負担も少なくなります。
なお、断熱性能の等級は、仕様・プラン・地域によって違うことがあります。
冷暖房費は、トヨタホームの2階建てモデルプラン(135㎡)でシミュレーションしたもので、冷暖房費を保証するということではありません。

外気・日射の条件は、東京の平年データです。
電気料金プランは2016年4月時点のもので、オール電化で計算しています。
断熱仕様は、トヨタホームの標準仕様のUA値0.70(6地域)W/㎡K です。
旧省エネルギー基準の住宅で、品確法等級2のUA値1.67(6地域)W/㎡Kの住宅です。
内部発熱は、標準的な4人家族の発熱量を設定しています。
空調方式は、LDK、主寝室、2人の子供室の3室の間欠空調です。
在宅起床時の運転で、冷房26℃、暖房22℃の設定です。
トヨタホームの「断熱性をアップする技術」としては、「充填断熱工法」を採用して、トータルな基礎から天井までの断熱性を追い求めています。

外壁は、外気に触れる面積が最も多い箇所です。
「充填断熱工法」という断熱材で構造体の内側を覆うものを採用した、性能が高く、品質を確保しやすい断熱方法です。
徹底して最も熱が逃げやすい開口部を対策して、温度を快適に保ちます。
高遮熱断熱複層ガラスは、暑さを夏は遮って、熱を冬は逃がさないようにして、年間を通して室内環境を快適に保ちます。
自然の力を活かして、室内に優しい日差しと新鮮な空気を取り入れます。
空調が必要な時期を短くするために、風を捉えて室内に巡らしています。
室内の快適性をアップするためには、通風と換気が大切です。
まず、それぞれの窓から室内に風を取り込み、風が外に抜ける流れを吹抜の上のファンなどで作ります。
このようにして、新鮮な屋外の空気にいつも満たされ、室内にいながら心地いい気候が楽しめます。
通風アイテムを随所に設けて室内に風を取り込み、トップライトやシーリングファンで風の流れを室内から外に作ります。
夏は強い日差しを深い軒で遮って冷房負荷を下げると同時に、暖房負荷を存分に冬の低い日差しを取り込んで抑えます。
また、自然の光を吹抜けなどから取り入れ、照明エネルギーを昼間に低減します。

「スマート・エアーズ」という断熱性能が高い先進のオリジナル空調システムで、住宅は夏涼しく冬温かくなります。
「スマート・エアーズ」のオリジナル空調システムが家中温度環境を快適に保つと同時に、高遮熱断熱ペアガラスなどのアイテムや業界トップクラスの断熱性能が冷暖房のエネルギー効率をアップし、年間の光熱費を低減することができます。
「スマート・エアーズ」が涼しい環境を家中で保つと同時に、深い軒などの日射制御アイテムや業界トップクラスの断熱性能によって、エネルギー効率をアップします。
さらに、緑のカーテンを軒天下フックで作ると、さらに熱を遮る効果がアップします。
すみずみまで「スマート・エアーズ」が暖めるため、ヒートショックのリスクがあるトイレや洗面所も安心です。
「ピュア24セントラル」という冷たい空気が侵入しにくいものや高い断熱性能、光を取り込むことによって、暖かく住宅全体を保ちます。

オリジナル空調システムの「スマート・エアーズ」は、家中どこにいても、夏でも冬でも心地よさが実現できます。
トヨタホームのオリジナル空調システムは、家の中の温度差を少なくして、未然にヒートショックを防止します。
健康に1年を通じて暮らせる、空気環境を快適にします。
また、2in1システムで1階・2階が独立しているため、空調を人のいない階で弱くしたり、温度調節がフロアごとに行えたりするなど、エネルギーの無駄を少なくし、冷暖房費を低減します。
「スマート・エアーズ」は、リーズナブルな価格でより快適な空気環境を届けたいという思いから始まっています。
前もってヒアリングした結果、意見としてオリジナル空調システムでも空調が使わない部屋に効いているのはもったいないということが多くあったそうです。
そのため、1階・2階、単独でそれぞれ運転できるようにしました。
全館空調システム「スマート・エアーズ」は、どこでもいつでも快適で健康な温度環境を実現します。

・シックハウス対策も健康な環境を作るために万全
クリーンで新鮮な空気環境を保つために、仕上げ材や下地材は、最もホルムアルデヒド放散量が少ない建材を使っています。
トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■トヨタホームの商品ラインアップ

ここでは、トヨタホームの商品ラインアップについてご紹介します。

●平屋建

・シンセ・ピアーナ理想の平屋
「毎日を愉しむ。人生を愉しむ。」理想的な本当に必要なものを選び抜いた平屋です。

・シンセ・グレートソーラー平屋
家族の安心が、安定した売電収入でずっと続く住宅です。

●2階建

・シンセ・フィーラス
伸びやかな大屋根が描く水平のラインなど、上質を全てに求めた理想の住宅です。

・シンセ・スマートステージ
居心地のいい家族に合わせた住宅を実現するために、いろいろなデザインやプランのバリエーション、豊富なアイテムから住宅を提案します。

・シンセ・スマイリズム
赤ちゃん医学から誕生した住宅です。

・シンセ・はぐみ
すくすくと、心も体も育つ住宅です。

・シンセ・スマートステージZERO
エネルギー収支ゼロを、全館空調を大空間・大開口で使っても実現します。

・シンセ・カーダ
コンセプトは「快適さも洗練された美しさも。すべてがこの家に。」ということで、女性が憧れる機能とデザインを備え、スマートハウスとしても進化した住宅です。

・シンセ・アスイエ
家族と未来と繋がるスマートハウスです。

・シンセ・フィーラス ニコリズム
「いつもはそれぞれ、ときどきいっしょ。」 という独立タイプの心地いい暮らしを、二つの世帯に提案する二世帯住宅です。

・シンセ・グレートソーラー
確かな資産に太陽の恵みを変えて、ずっと家族の暮らしが応援できる住宅を目指したものです。

・LQ (エルキュー)
自分らしいライフスタイルを、プロのチカラで支えて実現する住宅です。
トヨタホームの技術力と品質で外観などの住宅のベースは造り、自分のアイデアでアレンジは造る、という新しい発想です。
これまでにない、新しい発想の住宅と暮らしが楽しめます。

●3階建

・シンセ・ヴィトロワ
風と光が溢れる、家族の住まい方を変えてくれる住宅です。
トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■トヨタホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3

ここでは、トヨタホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3ついてご紹介します。

●第1位:パナソニックのエコキュートのHE-N46KQS

パナソニックのエコキュートのHE-N46KQSは、パワフル高圧フルオートのNシリーズで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。
搭載されている機能としては、エコキュート専用アプリ、ソーラーチャージ、エコナビ、真空断熱材、4本脚 耐震設計技術、ECHONET Lite AIF認証対応、HOME IoT(AiSEG)対応、充実機能のリモコンなどがあります。
なお、機能の詳細については、パナソニックのエコキュートのカタログなどを参照してください。

●第2位:日立のエコキュートのBHP-FV37SD

日立のエコキュートのBHP-FV37SDは、「水道直圧給湯」フルオートのナイアガラ出湯の一般地仕様(-10℃対応)で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。
搭載されている機能としては、ウレタンク、水道直圧給湯、パワフルシャワー、高速湯はり(約7分30秒)、高速追いだき、ダブル湯温設定、快泡浴、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスS対応、おまかせ小世帯、来客時満タン沸き上げなどがあります。
なお、機能の詳細については、日立のエコキュートのカタログなどを参照してください。

●第3位:コロナのエコキュートのCHP-HXE37AY3

コロナエコキュートのCHP-HXE37AY3は、一般地向けフルオートプレミアムエコキュートの一般地向けで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。
搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、使いきりモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴お知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線LAN対応インターホンリモコン選択時)、無線LAN対応インターホンリモコン、インターホンリモコン、高精細バックライト液晶、浴室優先、休止、呼び出し機能、表示消灯、リチウム電池搭載、タンク湯増し時間選択、施工時診断機能などがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのカタログなどを参照してください。
トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ

ここでは、トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方へ、トヨタホームの3つの安心、トヨタホームのシンセシリーズのテクノロジー、トヨタホームの商品ラインアップ、トヨタホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。
トヨタホームの3つの安心としては、次のようなものがあります。

・建てるときの安心

・建てた後も安心

・支える安心

トヨタホームのシンセシリーズのテクノロジーとしては、次のようなものがあります。

・耐震性能

・耐久性能

・快適性

トヨタホームのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。

・第1位はパナソニックのエコキュートのHE-N46KQS

・第2位は日立のエコキュートのBHP-FV37SD

・第3位はコロナエコキュートのCHP-HXE37AY3

トヨタホームのエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP