スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年2月11日

スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
北欧の家に憧れている方も多くいるのではないでしょうか。
北欧の家を建てるのであれば、スウェーデンハウスがおすすめです。
スウェーデンハウスの北欧の家は多くの魅力があります。


ここでは、スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ、スウェーデンハウスの北欧の家の魅力、スウェーデンハウスの主な商品ラインアップ、スウェーデンハウスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


■スウェーデンハウスの北欧の家の魅力
スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
ここでは、スウェーデンハウスの北欧の家の魅力についてご紹介します。


●スウェーデンハウスのブランドコンセプト


ここでは、スウェーデンハウスのブランドコンセプトについてご紹介します。


・世代を越えて住み継ぐ家づくり
「親の代で家を建て、子の代でサマーハウスを、さらに孫の代ではヨットを」という言葉が、スウェーデンにはあります。
そのため、スウェーデンの住宅は短い期間に消費されなく、質のいい資産になることによってますます家族が豊かになれる、ということです。
これは、スウェーデンにおける住宅の考え方、豊かな暮らしの原点というものを、非常に上手く表しています。
スウェーデンハウスの変わらない創業したときからの理念は、世代を超えて住み継げる住宅を日本にも届けたいということです。


・ワンスペックの性能の高い住宅を作り続ける
創業した当時の業界の常識が住宅の寿命は25年間~30年間であるといわれたことから考えれば、スウェーデンハウスのコンセプトの「100年住み継いでいく住宅、高気密・高断熱、家族を守る強い家づくり」というものは革新的な試みでした。
スウェーデンハウスは北海道のスウェーデンヒルズから始まり、この後は北海道内にとどまらないで日本全国に拡大し、施工実績を3万棟以上も積み重ねるまでになりました。
この間に30年間以上かかりましたが、実際には第1号の住宅も、今日引渡しした住宅も、全くその基本構造は同じです。


そのため、創業当初の1984年に建てた第1号の住宅に、何の支障もなく現在の最新の部材を使用することができ、今日入居された住宅が不具合や傷みが将来的に起きて補修しても、長く住み続けることができます。


・引き渡ししてから始まる長いオーナーとの付き合い
オーナーとスウェーデンハウスの付き合いは、住宅を建ててからの方が住宅を建てる前より遥かに長くなります。
スウェーデンハウスや、この背景にある会社の考え方、スウェーデンの住文化に共感して末永く住む中において、快適さも建物のみでなく長持ちして、オーナーの満足も長く住むほどに積み重なる、ということがスウェーデンハウスの理想です。


スウェーデンハウスは30年間以上も年月をかけて実績を積み重ねてきたため、オーナー同士の連帯感、社員とオーナーの信頼関係をもたらしています。
それぞれの住宅が同じように快適で、スウェーデンハウスのことをお互いに語り合え、同じ価値観を共有し、繋がりを感じることができる、まさにワンスペックの住宅であればなせることです。
スウェーデンハウスにとっては、長いオーナーとの付き合いこそが最大の財産です。
スウェーデンハウスは、これまでも、そして今からも、オーナーの一人ひとりとの繋がりを大事にして、豊かなオーナーの暮らしを社員一丸となってサポートしていきます。


●スウェーデンハウスの高断熱、高気密、計画換気
スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
ここでは、スウェーデンハウスの高断熱、高気密、計画換気についてご紹介します。


・断熱性能を一邸ごとに計算して気密性能を測定
日本のハウスメーカーに先駆けて、スウェーデンハウスは、「全棟高性能保証表示システム CQ+24 」を1999年に始めました。
快適で健康な暮らしのために、断熱性能を表すQ値を一棟ずつ計算し、気密性能を表すC値を測定して、引き渡しのときにこの数値を表示してきました。
断熱性能を表すU値も、改正省エネルギー法(平成28年基準)の施行に先立ち、2013年7月からは新たにプラスして、この性能を表示しています。


・厳重に床・壁の継ぎ目も気密施工
断熱のラインが途絶えないように、継目断熱材(グラスウール)を壁パネル同士の接合部に挟み込んで施工しています。
さらに、防湿気密フィルムで継ぎ目の上から覆うことによって隙間をなくし、気密性能をアップしています。
また、床と壁の間も、防湿・防水にも役に立つガイドレールと気密パッキンを施工しています。
隙間を無くすために、凹凸部をかみ合わせています。


・分厚い断熱材が住宅全体をぐるりと包みこむ、高性能な魔法瓶のような断熱構造
小屋裏には隅々までマット状のグラスウールを敷き詰めるのが難しいため、300㎜の厚さで綿状のグラスウールをブローイング工法によって吹き込んでいます。
外壁パネルには、120㎜厚のグラスウールをスウェーデンの現地工場で隙間やたるみがないように充填しています。
高密度の密度24㎏/㎥のグラスウールは、しっかりしており自立するくらいのものです。
床には、びっしりと二重に密度16㎏/㎥、100㎜厚のグラスウールを敷き詰めています。
スウェーデンでは、厳寒であるため、快適な住宅は断熱なくしてはあり得ません。
優れた快適性を、少ないエネルギーで生み出します。
厳しい自然環境において、自然に磨き上げられた高い断熱性能は、標準仕様にスウェーデンハウスでもなっています。


スウェーデンハウスの住宅全体の断熱性能は、最も新しい省エネルギー基準を十分に満たすものです。
外壁パネルにスウェーデンの厳しい現地工場での品質管理で充填された断熱材は、隙間やたるみもなく、断熱効果を間違いなく発揮します。


・「木の枠」と「3層ガラス」で二重の断熱性能
木製サッシ3層ガラス窓では、アルゴンガスをガラスに挟まれた中空層に注入し、分厚い3枚のガラスと一緒に断熱性能をアップしています。
窓の断熱性能では、ガラスの厚みと枚数、ガラスに挟まれた中空層の厚みと数が大切です。
2層ガラスと比べると、2枚から3枚のガラスになったのではなく、ガラスに挟まれた中空層が2倍になったことがポイントです。
また、アルミサッシに比べて、木枠のサッシは断熱性能が約1700倍になっており、枠・ガラスで二重の高い断熱性能があります。


・24時間熱交換型換気システム(第一種換気システム)
24時間計画換気は、住宅の隅々まで新鮮に空気を保ちます。
スウェーデンハウスの24時間熱交換型換気システムは、2時間に1回、住宅全体の空気が入れ替わるようになっています。
新鮮な空気を住宅のいろいろなところに設けた給気口を通して供給し、汚れた空気を廊下や洗面所に設けた換気システム本体によって回収します。
くまなく住宅中を換気する計画換気は、人にも住宅にも必要です。
窓を開けての換気や普通の換気では、外に冷暖房による部屋の中の熱まで出てしまいます。
しかし、スウェーデンハウスの24時間熱交換型換気システムでは、冷暖房した快適な部屋の中の湿度と温度を熱交換素子によって交換しながら、新鮮な外の空気と70%以上の熱交換率で入れ替えます。
近年、健康意識が高まると同時に、部屋の中の快適環境に対する関心が高くなっています。
さらに、大気汚染物質のPM2.5などによる健康被害も社会的な問題になっています。
住宅の換気では、汚れた外の空気が部屋の中に侵入するのを防止することも大切です。
微小粒子用フィルターを、スウェーデンハウスの24時間熱交換型換気システムにはプラスしています。
そのため、部屋の中のホコリやチリ、花粉だけでなく、PM2.5の侵入も防止します。
なお、PM2.5というのは、2.5μm以下の大気中に浮遊している微小粒子物質の総称です。
PM2.5は、呼吸器の奥深くまで侵入しやすく、健康に対する被害が懸念されています。


・第三種換気システムを寒冷地では採用
一部の寒冷地などの地域では、長年スウェーデンで使われている、「ダクト式セントラル換気システム」というダクト配管で集中排気を行うものを採用しています。
排気によって生じる圧力差によって、自然に窓の給気口から給気するものです。
システムはシンプルであるにも関わらず、効果的に必要な換気量がコントロールできます。


●スウェーデンハウスのバリアフリーとユニバーサルデザイン
スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
ここでは、スウェーデンハウスのバリアフリーとユニバーサルデザインについてご紹介します。


・人に優しい住宅をユニバーサルデザインで提案
スウェーデンは、高齢化社会への対応を世界に先駆けて迫られました。
そのため、法律を整備して、障がい者や高齢者に気配りした住宅機能を普及させました。
バリアフリーは、このような福祉の国から来たスウェーデンハウスにとっては当然のことです。
1000mmモジュールが日本では現在多くなってきましたが、スウェーデンハウスは余裕がさらにある1200mmモジュールを採用しています。


廊下の幅は広く、横に付き添って動くことができ、ゆったりとした920mmの幅の階段(スウェーデン製階段の場合)は、緩やかな段差で足腰に対する負担も軽くなります。
さらに、スウェーデンハウスでは、バリアフリーの他にも福祉の考え方を多く取り入れています。
例えば、「温度のバリアフリー」という居室間の温度差を無くすものなど、部屋の中の有害物質に対する気配り、介護型住宅の提案、24時間換気システムというより健康的に暮らすためにきれいな空気にするものなどがあります。
スウェーデンハウスは、人にやさしい住宅をいろいろな局面で提案し続けています。


・ゆとりは日本の住宅の約1.3倍
一般的な日本の住宅のモジュールは、概ね910mmの尺貰法による3尺です。
しかし、スウェーデンハウスでは、基本的にこの約1.3倍の1,200mmのモジュールにしています。
階段や廊下、一つひとつの部屋の余裕が明確に違っており、ひとまわりもふたまわりも日本の今までの住宅とは違う広さが得られます。
例えば、車椅子を使うときや大きな荷物を階段や廊下などで運ぶときなど、ゆとりの違いが体感できるでしょう。


・事故を防止する窓のロック機構
木製サッシ3層ガラス窓を開閉するときは、外側に回転しながら押し出すトップターン方式です。
そのため、不用意な子供さんの開閉を防止するチャイルドロックを採用しています。
さらに、窓を2cm~3cmくらい開けた状態で止める換気用ストッパーがあるため、未然に子供さんが転落するリスクが防止できます。


・緩やかな勾配の階段、壁付成形手すり
転倒事故が住宅の中で多いといわれている階段も、スウェーデンハウスは安心設計です。
スウェーデンハウスの住宅は、920mmの有効幅、195mm以下の蹴上げ、210mm以上の踏面です。
この基準は、遥かに日本の住宅の基準を上回っています。
さらに、グリップ溝を階段の手すりには付けて握りやすくするなど、安全設計仕様を徹底しています。
なお、ここでご紹介したサイズはプランによって違っています。


・基本発想はユニバーサルデザインのこまやかなバリアフリー仕様
スウェーデンハウスのオリジナルのバリアフリー基準としては、次のようなものがあります。
(プランニング)
動線の短縮化、高齢者などの居室と階段、トイレ、玄関の位置関係、コミュニケーション配慮、スロープ設置等想定の玄関と土間の広さ、100mm以下推奨の上がり框高さ
(段差・勾配)
段差の解消、最小化・勾配1/15以下、幅900mm以上のスロープの設置、段差解消機の取り付け、コミュニケーション配慮、スロープ設置等想定の玄関、土間の広さ、外階段・内階段・アプローチの階段勾配
(手すり)
手すりを階段、浴槽、トイレ、スロープ、玄関などへの設置、手すり下地補強、取り付け高さ、形状、太さのヒアリングによる決定、手すり間距離
(設備)
シングルレバーの水栓、バリアフリーユニットバス、ワイドスイッチ、バスルームのスライド式シャワーフック、和室段差解消の薄畳、取っ手形状
(仕上げ)
バス、玄関、トイレ、アプローチなどの水滑りにくい床材、アプローチ、高齢者などの居室の照明照度、突起部分、鋭角部分の解消
(建具と幅)
1,200mm以上の廊下の壁心、750mm以上の建具有効幅、折り戸、引き戸、脱出口付の浴室ドア形状


・家族の夢を叶える自由設計の家
注文住宅のスウェーデンハウスは、音楽を楽しみたい、開放的な浴室にしたい、料理が好きであるためこだわったキッチンにしたい、和風のスペースを楽しみたい、などというような一人ひとりの家族の夢を叶えます。
スウェーデンハウスは、住宅性能が優れているためできる提案や設計があります。
家中の室温が快適であるため有効にどのようなスペースでも利用でき、プラスアルファのスペースを作ることができます。


・どこでも家中が快適であるため、無駄なくスペースが利用できる
スウェーデンハウスの注文住宅は、家族の夢を叶えるものです。
さらに、基本性能の遮音性能や断熱性能などに優れた構造であるため、どのようなスペースでも快適です。
例えば、部屋が北側でも快適で暖かく、優れた遮音性能であるためピアノを多く窓のある部屋に置いても近所に迷惑がかかることはありません。


家の中の温度差は大きな吹き抜けを設けても抑えられ、快適さと設計の自由度が両立でき、窓辺でも寒くならなく、窓辺でデッドスペースになりがちでも快適であるため、無駄なく部屋を使うことができます。
家族のライフスタイルに応じた住宅を、より健康的で快適に実現できます。
子供部屋は、明るい色合いや立体的なロフトを設けたスペース提案など、毎日が楽しくなるでしょう。
優れた遮音性能であるため、近所に気兼ねしないでグランドピアノも弾くことができます。
天窓を浴室に設けて、明るいスペースを演出します。


ガラスの仕切によって開放感があり、浴室と洗面所が広々と見渡せます。
スウェーデンハウスの木製サッシは、相性が和室と抜群です。
北欧で生まれて、日本で育ったスウェーデンハウスであるため、上質な和室が提案できます。


■スウェーデンハウスの主な商品ラインアップ
スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
ここでは、スウェーデンハウスの主な商品ラインアップについてご紹介します。


●サキタテ


サキタテは、何世代にも受け継ぐことのできる財産というモットーのスウェーデンの住宅を、若い20代の世代から建てて住宅と一緒に成長するライフスタイルを提案する商品です。
高い品質のスウェーデンハウスで若いうちに家づくりをしておくことによって、少しでも快適に暮らせる時間が長くなります。
また、白を基調としてサキタテの内装は作られているため、自分らしく好みのファブリックやインテリアでアレンジすることができます。
基本的に、住宅は一旦建てると同じ設備や同じ間取りで生活する必要があるため、ライフスタイルが変わると新築したときにはなかったような不便さが出てきたり、理想が変わってきたりします。
このようなときに、サキタテであれば、必要な分だけ必要と思ったときにカスタマイズできるため、ライフスタイルが変わっても対応できます。


●悠の住処(平屋)


悠の住処は、平屋の住宅でワンフロアであるためコミュニケーションが家族と取りやすく、家族の存在が常に感じられます。
悠の住処は、平屋であるためバリアフリー設計ができ、スウェーデンから輸入した住宅であるためゆったりとした1200モジュールのスペースで過ごすことができます。
また、平屋のメリットは庭が近いために自然が感じられるということがあるため、肌で日本のシーズンを感じながら暮らせるように木の窓枠を設けて、外の風景をまるで額縁の中を見るように楽しむことができます。
平屋は、さらにスペースを仕切ると家族との繋がりがなくて息苦しくなりますが、仕切りをスウェーデンハウスは少なくして大きなスペースができるため家族と繋がって生活できます。
また、外気の影響を受けやすいという平屋のデメリットも、高断熱・高気密でカバーして、快適にいつでも過ごせます。


●ミューク


ミュークは、コンセプトが「私のまわりから愛そう」ということで、スウェーデンの女性の幸せに毎日溢れているという暮らしを参考にして、家族や自分自身などの全ての人が幸せで快適になれる家づくりを提案します。
そして、家族が集まるスペースや趣味のスペースなどのゆとりのあるスペースが、それぞれのライフスタイルに合わせて実現できます。
快適に誰もが過ごせるミュークは、こだわりが外観デザインにもあり、ダーラナという郊外の生活をイメージさせる住宅とストックホルムという都市の生活を現代的なデザインでイメージさせる住宅から選ぶことができます。


●ヒュースエコゼロ


ヒュースエコゼロは、スウェーデンの考え方である、性能を設備でアップしないで住宅自体を高い性能にすることが必要であるということや、自然環境を守って安心して自然と一緒に暮らせる家づくりということを反映した商品です。
そして、「ZEH」の条件を標準仕様でクリアしています。
「ZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、環境を守るために取り組まれているもので、自分たちの家で自分たちが使うエネルギーは作るものです。
日本では、標準で「ZEH」が備わっている新築住宅を2030年までに作ることが目標になっています。
スウェーデンハウスは、標準仕様でこのような「ZEH」を実現しており、必要なエネルギーを気密性や断熱性の高さによって少なくすることができ、ゼロに太陽光発電のエネルギー収支がなるようにしています。
さらに、普通の住宅では必要なエネルギーが大きいため、普通の太陽光発電パネルは屋根一面に敷き詰める必要がありました。
しかし、必要なエネルギーがスウェーデンハウスは少なく、太陽光発電パネルも少なくなるため、外観を壊すことはありません。


●ヒュースプレミエゴーデン


スウェーデンハウスの商品の中でも、ヒュースプレミエゴーデンは、性能がトップレベルで、豊かで快適な暮らしが実現できます。
静けさと暖かさを兼ね備えており、上質なスペースで心も体も癒されて過ごすことができ、自然素材を使っているため、同じものが一つとして作れないというこだわったスペースを楽しむことができます。
「コンバーチブルガーデン」という屋内に庭を取り込むものが採用されており、暖かいシーズンには自然の風を窓を開けて楽しみ、寒いシーズンには窓を閉めることによって暖かいスペースを楽しむことができ、暮らしの中に常に自然を感じながら過ごせる贅沢なスペースを取り込むことができます。
この住宅で豊かな暮らしにする役目がある癒しや自然のスペースを作り上げるインテリアも、顧客の要望を豊富に経験と知識があるデザイナーが取り込みながらデザインしてくれます。
スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■スウェーデンハウスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、スウェーデンハウスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3ついてご紹介します。


●第1位:日立のエコキュートのBHP-F56SU


日立のエコキュートのBHP-F56SUは、フルオートの標準タンクの一般地仕様(-10℃対応)で、タンク容量が560L、家族の人数が5人〜7人用です。


搭載されている機能としては、ウレタンク、高速湯はり(約11分)、追いだき、ダブル湯温設定、インテリジェント制御、節約サポート機能、大型液晶リモコン、ステンレス・クリーン自動洗浄システム、入浴剤対応、汚れガードパネル、太陽光発電利用沸き上げ、ECHONET Lite AIF認証対応、耐震クラスA対応、来客時満タン沸き上げなどがあります。
なお、機能の詳細については、日立のエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第2位:コロナのエコキュートのCHP-46AY3


コロナのエコキュートのCHP-46AY3は、一般地向けフルオートのハイグレードタイプで、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、使いきりモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力(最高使用圧力190kPa)、入浴お知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線LAN対応インターホンリモコン選択時)、無線LAN対応インターホンリモコン、インターホンリモコン、高精細バックライト液晶、浴室優先、休止、呼び出し機能、表示消灯、リチウム電池搭載、タンク湯増し時間選択、施工時診断機能などがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのカタログなどを参照してください。


●第3位:ダイキンのエコキュートのEQN46VFV


ダイキンのエコキュートのEQN46VFVは、フルオートタイプの一般地仕様の角型で、タンク容量が460L、家族の人数が4人〜7人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、高圧給湯(170kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)(別売のマイクロアダプターが必要)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのカタログなどを参照してください。
スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方へ、スウェーデンハウスの北欧の家の魅力、スウェーデンハウスの主な商品ラインアップ、スウェーデンハウスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。


スウェーデンハウスの北欧の家の魅力としては、次のようなものがあります。


・スウェーデンハウスのブランドコンセプト


・スウェーデンハウスの高断熱、高気密、計画換気


・スウェーデンハウスのバリアフリーとユニバーサルデザイン


スウェーデンハウスのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位は日立のエコキュートのBHP-F56SU


・第2位はコロナのエコキュートのCHP-46AY3


・第3位はダイキンのエコキュートのEQN46VFV


スウェーデンハウスのエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP