エコキュートのリモコンの故障、どうする??

2020年6月22日


エコキュートの故障と聞くとヒートポンプの不具合でお湯が出ないというトラブルからタンクの故障で給湯できない等や配管不具合で水漏れといった事をイメージする方も多いのですが、これら以外にもエコキュート利用者が困ってしまう故障があります。


最近のエコキュートはどんどん高機能化しており、台所リモコンでさまざまな操作や設定を行います。リモコンのボタンを押せば自動でお風呂にお湯をはってくれたり、湯量や適温を保ってくれて給湯器にとってリモコンは非常に重要な存在でございます。


リモコンも経年劣化による不具合が存在しており、心臓部分のリモコンは自分で修理することも難しい部分なのです。


エコキュートにはどのようなリモコントラブルが存在しており、予めトラブル発生時はどのような対応が必要なのかを知っておきましょう。
コキュートのリモコン故障事例やその対処法をご案内させて頂きます。


リモコントラブル


エコキュートのリモコンは各種設定や操作などを担う部分となり、決して欠かすことができない部品です。
このリモコンも徐々に経年劣化していくので、使用中に突然故障してしまい困ってしまうこともあるのです。


何も表示されない


台所リモコンなどを操作しようと思った時にリモコンの液晶に何の表示も出ない、リモコンがつかないというトラブルは存在いたします。
リモコントラブルが生じた場合にはまず対処としてブレーカーの確認を行ってみましょう。


ブレーカーの確認を行って電気がきちんと通電しているはずなのに表示がされている場合は他のリモコンの状況も確認してください。
他の場所に設置されているリモコンも同じくリモコンがつかない、何の表示もされない場合はエコキュート本体側に何らかの問題が発生している場合が考えられます。


リモコンの故障と思うかもしれませんが、稀にエコキュート本体側が原因となっている場合がございます。
どちらか片方のリモコンのみ表示や電源関係の問題が生じている場合はリモコンの故障が考えられますので、メーカーか販売店に連絡し点検が必要となります。


英語と数字の文字列が表示される


表示や電源には問題がなくても通常時には表示されることが無いようなアルファベットや数字が突然表示されるトラブルもあります。
エコキュート本体に何らかの問題が生じて、それを利用者に伝えるためエラーコードを表示していると考えましょう。


ほとんどの場合はリモコン側には問題もありません。
このエラーコードに関してはメーカーごとに表示される文字列が異なります。


メーカーの公式サイトや購入時についてくる取扱説明書にエラーコードが何を意味しているのか記載されておりますので、まずはどのような問題が生じているのかを調べてみましょう。
エラー原因によっては自分で簡単に対処できる場合もありますが、専門業者による修理が必要な場合はメーカーや販売店に連絡しなければなりません。


その際は表示されているエラーコードを伝えればどのような問題が出ているか判断が可能です。


正常な動作をしない


最近の給湯器はかなり高性能化が進んでいて、台所リモコンにあるボタンを一つ押せば自動で設定されている温度・湯量のお湯はりを行ってくれる機能があります。
エコキュートにも当然このような機能がついている機種があり、お湯はりが完了したらメロディーを鳴らして知らせてくれるようになっています。


リモコンが故障してしまった際にお湯はりが終わったメロディがなったのに、お風呂を見てみると設定の湯量が貯まっていないトラブルもございます。
お湯はりが終わっているのに鳴るはずのメロディーがならないトラブルも珍しくありません。


リモコン操作中になるはずの効果音も一切ならなくなってしまったということもございます。このようなトラブルが生じた場合はリモコンの故障が考えられます。


お湯はり関係の問題であれば他のリモコンもチェックしてみて、他のリモコンでも湯量が合わないのであれば本体側の故障の可能性がございます。
どれか1台のリモコンだけ湯量が合わなかったり音が鳴らない場合にはリモコン故障の可能性が高いので、販売店やメーカーに連絡して点検する必要がございます。


動作しない


何らかの操作をしようと、リモコンのボタンを押したのに何の反応も示さないトラブルもございます。この状況はいくつかの原因が考えられますので、一概にリモコンの故障とはいえないでしょう。


上述したようにエコキュート本体に問題が出ている場合はリモコンがつかなくなってしまうこともありますし、ブレーカーが落ちていてリモコンに通電していない事も考えられます。
自分で省エネモードやロック機能を使っていることもありますので、まずはこの辺りを自分で確認してみましょう。


確認して問題は何もないのに操作ができない場合はリモコンの故障が考えられます。このタイプの故障はリモコンごと交換すれば問題解決ができることが多いので、販売店に症状を伝えてみましょう。


本体かリモコンか


エコキュートを利用している場合に突然リモコンの表示がおかしくなったり、リモコンが使用不能に陥った場合にほとんどの方がリモコンの故障と判断してしまうではないでしょうか。
リモコンの故障のように思えるトラブルでも実はエコキュート本体側に何らかの問題が発生している場合もあります。


修理を行う場合は本体側の修理の方が高額になりますし、修理内容や使用年数によっては修理するよりも買い替えの方がお得になることも珍しくありません。
エコキュートが故障した場合はまずはどこが原因なのかを見極めるのが重要です。


リモコンの問題について何が原因なのか見極めるためのポイントをご案内させて頂きます。


エコキュートの電源


エコキュートを操作する際にリモコンの液晶に何も表示されないとなると、リモコンが壊れてしまったと考えるのではないでしょうか。
トラブルはエコキュート本体側の電源が入っていなかったといった事が原因になることがございます。


長期間旅行で家を空けるといった場合はエコキュートの専用ブレーカーを落としておく、タンクの漏電遮断器を切っておくという対応を取る人は多い傾向があります。
帰宅してエコキュートを使う時に壊れてしまったと感じてしまう方が多いのはお分かりでしょうか。


エコキュートリモコンの液晶がつかない問題が生じた場合は専用ブレーカーやタンクユニットの漏電遮断器を確認してみましょう。
この部分を確認して何の問題もないのに本体側の電源がつかない場合はエコキュート本体の故障や配線の断線などが考えられます。


ロック機能


これも意外に多いです。エコキュートを操作しようとリモコンを触っているのに、反応しないと故障と判断するパターンです。


こういった場合でも何の故障も発生していないこともあります。エコキュートには省エネモードや各種制限を行うロック機能が搭載されています。


お子様が勝手にリモコンを触って、設定などを変えてしまわないようチャイルドロックをかけられる機能もございます。
この機能がオンになっている場合は当然リモコンの操作ができなくなりますので、まずはオンになっていないか確認しましょう。


ロック機能がオンになっている場合は液晶画面に鍵マークなどが表示されますので、鍵マークがあった場合はロックを解除しましょう。
家を長期間開ける場合に数日間沸き上げを休止する設定を行い、それを忘れていることもあります。


こういった設定はリモコンに停止日数が表示されていますので、沸き上げ停止設定を元に戻せば制限されていた機能が使えるようになります。
上記のような確認を行っても何の制限もロックもしていない場合にはリモコンの故障が考えられます。


時計設定


エコキュートは設定されている時計設定に問題が生じた場合に時計設定を完了するまで操作が制限される機種がございます。
この時計設定に関しては地震や落雷によって設定した時計がリセットされてしまうことがあります。


それを気付かずに操作しようと思っても操作できないので故障を疑ってしまいます。
時計設定に問題が出ている場合には液晶に表示される時間部分が点滅して時計を合わせてくださいと知らせてきます。


そのような表示がなされている場合にはまず時計設定を完了しましょう。
理由もなく操作できない場合にはリモコンの故障が考えられますので専門業者にお問い合わせしましょう。


エコキュートの操作を担うリモコンは屋内に設置されるので、設置環境の良さから故障などはしないと考えている方もいらっしゃいます。
エコキュートのリモコンに関してもさまざまな故障が発生する可能性があると考えなければいけません。


リモコンはエコキュートの設定や操作を行う非常に重要な部分となりますので、小さな故障が発生しただけでもとても困ってしまうことになります。
リモコンも定期的にメンテナンスを入れるのを忘れないように心がけましょう。


PAGE
-TOP