ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ

2021年4月6日

ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ
マイホームを建てるときは、真冬でも家の中で素足や半袖で暮らしたいと思うのではないでしょうか。
ヴェルダンは、キャッチコピーとして「真冬に素足半袖で暮らせる家」というものを掲げています。
北米や北欧の輸入住宅から学んだ優れた断熱性能の住宅を提供しています。
ここでは、ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ、ウェルダンの家づくりの特徴、ウェルダンの商品ラインナップ、ウェルダンのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。
ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■ウェルダンの家づくりの特徴


ここでは、ウェルダンの家づくりの特徴についてご紹介します。


●コンセプト


・真冬に素足半袖で暮らせる家
ウェルダンの住宅は、床暖房と超・高気密・高断熱です。
足元から暖かい蓄熱式床暖房によって、いかに寒い冬のシーズンでも、自然な暖かさに家に帰ると包まれます。
床暖房を1日にわずか4時間運転するのみで、1階から2階までの全ての部屋で快適に24時間過ごせます。
ウェルダンの住宅は、素足で真冬でも過ごせる豊かな暮らしが実現できます。


・わずかな冷房で真夏でも家中快適
真夏でもウェルダンの住宅は快適です。
日本の蒸し暑い夏でも、小さいエアコンの運転で、トイレも、廊下も、屋根裏も、涼しくクーラーボックスのように維持することができます。
断熱性能にプラスして遮熱性能にも気配りしているため、屋外からの日射熱を防止し、居室だけでなく小屋裏や納戸など、普通は熱がこもるスペースまで快適な温度に維持します。


・ウェルダンが考える豊かな暮らし
ウェルダンは、年間を通じて全室快適な住宅は「豊かな暮らしの器」であると考えています。
真夏のできるだけ暑い日や真冬のできるだけ寒い日に、ウェルダンのモデルハウスを訪問してください。
ウェルダンの住宅の快適さが体験できます。
お客様の豊かな暮らしを、快適なモデルハウスでイメージしてみてください。


●仕様・プラン


ウェルダンの住宅は、完全自由設計、標準の仕様もプランもありません。
お客様の要望を一軒ずつ聞きながら家づくりを行っています。


・建て主参加型の完全自由設計
ウェルダンの住宅は、規格住宅のように仕様や間取りを画一化したものとは全く違っています。
ウェルダンのコンセプトは、年間に受注する棟数が限定されており、じっくりと少数の住宅を建てていくことです。
ウェルダンは、工務店でもあり、かつ一級建築士事務所でもあります。
そのため、設計、監理、建設、施工管理まで、自社で家づくりが一貫してできます。
建て主とウェルダンの間に別の工務店や設計事務所が入らないため、建て主の要望を設計に直接反映できます。
ウェルダンは創業したときから「建て主参加の家づくり」を提案しており、建て主が家づくりのメインであり、家づくりを実現するためにウェルダンがサポートして、協働することをモットーにしています。


・フレキシブルに構造・工法を提案
ウェルダンでは、木造枠組壁工法のツーバイフォー工法(2×4工法)、ツーバイシックス工法(2×6工法)をメインにしながら、在来工法の木造軸組工法、RC造(鉄筋コンクリート造)・重量鉄骨造など、敷地の状態や要望のデザイン・間取り・住宅性能などを考えたうえで、最も適した構造を提案しています。
特に極端な大スパンが3階建てまでの住宅で無ければ、優れた断熱性能の木造とし、耐火性能や耐震性能が優れているツーバイシックス工法(2×6工法)をすすめて、狭小地で厚い壁で狭い室内になるときは、ツーバイフォー工法(2×4工法)をすすめています。
間取りや構造によっては、ツーバイフォー工法(2×4工法)、ツーバイシックス工法(2×6工法)のいずれも採用できないときもありますが、木造軸組工法をこのときはすすめています。
また、建て主自身の要望で木造軸組工法にすることがあります。
地下室は鉄筋コンクリート造を採用し、防火地域で100㎡をオーバーする住宅、4階建て以上の住宅、スパンが極端に大きな間取りの住宅などのときは、重量鉄骨造を採用します。


・2世帯住宅、アパートなどいろいろな用途に対応
ウェルダンでは、2世帯住宅、3世帯住宅、ペット共生住宅、店舗併用住宅など、建て主の価値観やライフスタイルに応じて、いろいろな用途の住宅に対応できます。
また、共同住宅のアパートなどの建築もできます。
ウェルダンの性能の高い住宅は、省エネで、付加価値が高く、長期的なスタンスで住むことができます。
専用のアパート形式とアパートと建て主の自宅の併用形式のいずれでも、ウェルダンは建築することができます。


・居住スペースの有効利用
首都圏は土地の価格が高いため、限定された土地で、最大限に居住スペースを利用することが要求されます。
一般的に、地下室は湿度が高いために快適な居住スペースにはなりにくいところですが、ウェルダンでは快適な湿気が無い地下室が造れます。
これまでに建築したケースでも、普通地下室には困難であるといわれているカーペット敷きにしたことも多くあります。
当然ですが、蓄熱式床暖房の「ウェルダン」が地下室でも装備されているため冬のシーズンでも快適であり、夏のシーズンにはひんやりと地熱だてでなるため冷房設備が必要ないこともあります。
夏のシーズンには温度が非常に高くなるため大事なものが収納できない普通の屋根裏とは違って、小屋裏スペースを快適なスペースにすることができます。
固定階段をつけると、荷物が楽に搬出入することができます。
直下階の1/2の床面積、140cmまでの最高天井高さであれば、床面積に算入されなく、また階数にも含まれないため、大いに収納などに利用することができます。
ウェルダンの住宅は全体の温熱環境が同じになるため、細く部屋を仕切る必要がなく、広々としたスペースを実現することができます。
居室とホールや廊下を繋げたスペースにすることによって、非常に開放感があります。


・標準仕様がウェルダンにはない
ハウスメーカーでは、営業マンが多く在籍しているため、世の中の全ての構造材、外装、断熱材、屋根、ガラスの構成、サッシ、ドア、キッチン、床材、衛生設備、壁クロス、アクセサリーなどの建築材料を全ての営業マンが熟知して提案することはできません。
そのため、主として仕様やデザイン、価格によってシリーズをいくつかわけて、標準仕様をいろいろな商品の選択肢を少なくするために決めて専用のカタログにまとめる方法を採用しています。


また、建て主としてもわかりやすいということで、違和感も特になく、請負契約をとりあえず結ぶようになります。
建て主の商品知識も多いということでは決してないため、別の選択肢があることさえもわかないためです。
そして、請負契約を結んだ後に詳しい打ち合わせを行って、必要ないと考えられるものを削除してもほとんど安くならなく、また無理して標準ではない商品に変えると価格が非常に高くなって、諦めるときもあります。
基本的に、住宅はその建て主のみのオリジナルのものであるべきで、標準仕様を決める必要はありません。
建て主の希望と豊富なウェルダンの建築士の商品知識を組み合わせて、特別な標準仕様ではない家づくりをしましょう。
ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ
●デザイン


ウェルダンの住宅は、いろいろなデザインに対応しています。
自由に北米、北欧、和風、シンプルモダンなどのスタイルも選べます。
ウェルダンでは、シンプルモダンスタイルから北米、北欧スタイルまで、お客様の希望によっていろいろなデザインに対応しています。
当然ですが、外観以外に、インテリアや内部の造作も含めて提案しています。
また、逆に、デザインに特にこだわりがなく、好みが無いお客様からは、「インテリアやデザインにこだわらなくて、普通でいいが、このようなときでも設計できますか?」というように心配されるお客様もいるそうです。
当然ですが、住宅性能や快適さがまず大切であり、この他の意匠性のデザインなどは、何かこだわったものに無理にする必要は全くありません。
ウェルダンでは、基本的にお客様のライフスタイルや要望に合わせて提案するため安心して相談してください。


・スカンジナビアンスタイル(北欧スタイル)
北欧のスカンジナビア諸国のデンマーク、スウェーデン、ノルウェーは、非常に気象条件が厳しくなっています。
「Functionalism」(機能主義)が、北欧の国の人に共通する考え方として挙げられます。
日本でも、最近、雑貨やインテリアなどスカンジナビアンスタイルの人気が高くなって着目されています。


・アメリカンスタイル(北米スタイル)
北米をメインに18世紀に広まったアメリカンスタイルは、シンプルでシンメトリックな飽きないデザインで、ウェルダンの住宅でも人気があります。
これ以外に、ルネッサンススタイルやコロニアルスタイルなどいろいろなスタイルがあり、素朴なカントリーテイストから重厚なクラッシクテイストまで好きなインテリアと組み合わせられます。


・ヨーロピアンスタイル
輸入住宅においては、伝統的なイギリスのチューダースタイルや、コッツウォルズ・ストーンやイギリスレンガを外装に使った重厚なアメリカンスタイルなどが非常に人気があります。
また、スペインのスパニッシュスタイルやフランスのプロヴァンススタイルは、瓦と塗り壁、アイアンの装飾など風合いの素朴なものが魅力です。


・シンプルモダンスタイル
住宅の中でも、シンプルモダンスタイルは最近人気のあるスタイルです。
特徴はシャープで無機質、シンプルなデザインで、飽きないスタイルです。
和風テイストを盛り込んだ和モダンスタイルからホテルのようなスペースデザインまで、好みによっていろいろなスタイルが実現できます。


・カントリースタイル
カントリースタイルは、素朴で自然に溶け込むようなたっぷり木の温もりがあり、雰囲気が暖かであるため、暖かなウェルダンの住宅に非常にマッチします。
このスタイルの人気の秘密は、気張らない雰囲気の中、小物やファブリックなどでアレンジして、無限に個性が引き出せることです。
アメリカン・カントリーやフレンチ・カントリーのスタイルが人気です。


・和風スタイル
和風スタイルは、洋風の住宅は嫌いで、日本人であるため和風の住宅に住みたいという方の定番のものです。
ウェルダンは、洋風の強いイメージがありますが、基本的に日本のハウスメーカーで、和風の多くの住宅も設計しています。


●保証制度


ウェルダンでは、お客様が安心していつまでも暮らせるように、万全の保証制度を整備しています。


・住宅の保証制度
ウェルダンでは、住宅瑕疵担保履行法に基づいて、住宅瑕疵担保責任保険に全ての住宅で入って、保証書を住宅の引き渡し時に発行しています。
具体的には、国が指定している(株)日本住宅保証検査機構(JIO)の「JIOわが家の保険」によって、雨水の浸入を防止する部分および構造耐力上主な部分の瑕疵担保責任が10年間保証されます。
また、行政庁が行う完了検査(あるいは中間検査)の他に、この保証を受けるための躯体検査と基礎配筋検査の通常検査が実施され、さらに全棟標準で追加外装下地検査(普通は任意の防水部分についての検査)を追加で実施し、トータルで検査を3回行っているため安心です。
なお、詳細については(株)日本住宅保証検査機構のホームページを参照してください。


・地盤調査、地盤保証制度
地盤調査は、スウェーデン式サウンディング(SWS)試験にプラスして、スクリュードライバーサウンディング(SDS)試験を、ジャパンホームシールド社によって実施しています。
最も地盤調査で使われているスウェーデン式サウンディング(SWS)試験だけでは、地耐力を求めるために大切な土質がわからないというデメリットがありましたが、スクリュードライバーサウンディング(SDS)試験をプラスすることによって、土質を推定することができるため、精度の高い地盤解析ができます。
この高い精度の解析のために、ウェルダンの「新 地盤サポートシステム」によって、引き渡しした後に長期間の20年間に渡って地盤沈下事故に対して最大5000万円もの補償が受けられます。
なお、この補償は地盤調査をウェルダンが実施したときに限定されます。
ウェルダン以外で実施した地盤調査報告書によって解析するときは、引き渡し後10年間が保証期間になります。
なお、詳細についてはジャパンホームシールド(株)のホームページを参照してください。


・定期点検制度
住宅を引き渡しした後、定期点検を6ヶ月目、1年目、5年目、10年目に行います。
この後も、5年経つごとにシロアリ防除工事、床暖房の不凍液の交換などのメンテナンスを案内しています。
また、住宅の譲渡などが発生したときなどに、随時有償で点検を頼むこともできます。


・きめ細かなリフォーム工事やアフターサービス対応
建てた後から、住宅は長い付き合いになります。
この長い付き合いの中で、住宅についてのいろいろな相談、いろいろな補修、修理などのリフォーム工事、アフターサービスなど、きめ細かく随時対応しています。
また、(株)東京海上日動火災保険の損害保険代理店にウェルダンはなっています。
地震保険や火災保険に入るお客様は、火災、雪害、水害、落雷、盗難などの保険事故が万一発生したときに、ウェルダンが窓口になって、一貫して見積もり、修理対応、保険金の支払いまでを行うことできるため安心です。
なお、損害保険の詳細については、(株)東京海上日動火災保険のホームページを参照してください。


・住宅完成サポート
住宅を建てている途中でハウスメーカーが倒産するなどで万一工事が中断したときに、住宅完成のサポートが保証される、日本住宅保証検査機構「JIO完成サポート」を、任意で付けることができます。
なお、「JIO完成サポート」の詳細については、(株)日本住宅保証検査機構のホームページを参照してください。


●家づくりの流れ


ウェルダンの家づくりのポリシーは、お客様が全て納得できるまで打ち合わせを何回も重ねていくことです。
家づくりに誠実に取り組むため、詳しい見積書を提出します。
普通のハウスメーカーでは、概算見積書を本契約の前に提出して仮契約を結びます。
しかし、打ち合わせによって本契約までにオプションがいろいろ付いて、初めの概算見積もり以上の価格になるときが実際には多くあります。
ウェルダンは、概算見積りや仮契約をしないで、間取りだけでなく、バスルームやキッチンの設備などまで、請負契約は全てが決まるまで結べません。
家づくりにより誠実に取り組むため、概算見積もりでなく、詳しい見積書を提示します。
住宅を建てるのはお客様です。
ウェルダンの家作りのポリシーは、「知らなかった」「聞いていなかった」というようなことが後からないように、お客様が全て納得できるまで打ち合わせを何回も重ねていくことです。
ここでは、ウェルダンの家づくりの流れについてご紹介します。


・ヒアリングと敷地調査
設備や間取りの要望をヒアリングして、敷地の状態や法規関係を調べます。
ウェルダンの輸入住宅は、注文住宅で完全自由設計です。
自分で考えた要望や間取りなどがあるときは、ぜひ持参してください。
また、土地を買うときは、その土地に希望の間取りが可能か、法規上や敷地の条件に問題がないかをチェックしてアドバイスします。


・プラン打ち合わせ
プランを提案して、打ち合わせによって修正していきます。
住宅全体のデザインを考えて、一つずつの要望をプランに反映していきます。
ウェルダンは、ハウスメーカーと建築士事務所とのメリットを兼ね備えています。
ウェルダンの建築士が担当者であるため、迅速に要望に対しても回答することができます。


・要望と予算のすり合わせ
積算しながら屋根材や外装材、衛生設備やキッチンというようないろいろな仕様を打ち合わせしながら、要望とプランをすり合わせしていきます。
最終的に、棚やパイプなどの収納の内部などの詳細な全ての仕様までを決めていきます。
いい住宅を建てるために、建築のプロとしてじっくりとお客様と打ち合わせしながらよりプランを精緻化していきます。


・請負契約
ウェルダンのデザイン、住宅性能、仕様や設備の全てにお客様が納得した上で、請負契約を結びます。
なお、費用がここまでは全くかかりません。
しかし、先行して地盤調査を行うときだけは、調査費の実費がかかります。


・インテリアコーディネート
請負契約を結んだ後、ウェルダンのインテリアコーディネーターが、タイル・クロスなどのカラー、設備のカラー、照明器具の選定、電気配線の計画を担当します。
また、建築確認申請などのいろいろな手続きを、インテリアコーディネーターとの打ち合わせのときに行います。


・現場の監督との顔合わせ
高い施工技術が、ウェルダンの高気密、高断熱の住宅を建てるためには必要です。
そのため、ウェルダンの住宅を建てることができるのは、豊富に経験がある熟練の職人と現場の監督だけになっています。
建てる前には、お客様、設計者、現場の監督が顔合わせをして、引き継ぎを設計から施工に行います。


・現場検査の実施
着工した後、お客様が立ち会って、現場検査を行います。
現場検査としては、 地縄、配棟のチェック、電気配線の検査、木工事完了の検査、竣工検査、自主検査があります。


・竣工・引き渡し
竣工した後、引き渡しになります。


・アフターメンテナンス・定期検査
住宅を引き渡しした後も、ハウスメーカーとして付き合うようになります。
住宅のアフターメンテナンス、定期検査、リフォームなど、ウェルダンに全て任せることができます。
ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■ウェルダンの商品ラインナップ


ウェルダンは、標準仕様がなく、企画住宅のようなものはありません。
建て主が参加型の完全な自由設計です。
営業マンが多くいるハウスメーカーでは、全員が世の中の全ての建築材料を熟知してから提案することはできません。
そのため、主な仕様やデザイン、価格によってシリーズをいくつかにわけて、いろいろな商品の選択肢を少なくするために仕様を事前に決めて、専用のパンフレットにまとめる方法が採用されているようです。
そのため、お客様も選択肢が少なくてわかりやすいため、時間が短くできるかもしれません。
しかし、ウェルダンは、家づくりは標準仕様を設ける必要がなく、お客様のみのオリジナルであるべきであると考えています。
お客様の特別の家づくりを行うことができるため、受注する棟数は年間に限定されており、じっくりと少数の住宅を建てることをコンセプトにしています。
ウェルダンのホームページでは、サッシや玄関ドア、ホームシアター、屋根材などの多くのマテリアル、リビングやエントランス、吹き抜けや和室などのインテリア・エクステリアなどを建築アイテム集として多く紹介しています。
ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■ウェルダンのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3


ここでは、ウェルダンのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介します。


●第1位:三菱のエコキュートのSRT-S435UZ


三菱のエコキュートのSRT-S435UZは、一般地向け(高機能)のSシリーズのフルオートW追いだきで、タンク容量が430L、家族の人数が主に4人〜5人用です。


搭載されている機能としては、ハイパワー給湯、キラリユキープ、バブルおそうじ、あったかリンク、お天気リンクEZ/お天気リンクAI、お急ぎ湯はり、サーモジャケットタンク(貯湯ユニット)、スマホ連携/三菱HEMSなどがあります。
なお、機能の詳細については、三菱のエコキュートのホームページ(https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ecocute/)などを参照してください。


●第2位:ダイキンのエコキュートのEQN37VFV


ダイキンのエコキュートのEQN37VFVは、フルオートタイプの一般地仕様の角型のパワフル高圧で、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、昼間シフト機能、昼間休止、沸き上げ休止設定、沸き増し、おまかせ/たっぷり/少なめ、じゃ口閉め忘れお知らせ、給湯量お知らせ、スマート貯湯、ターボ沸き上げ、沸き増し能力アップ、あらかじめ霜取り、ツイン給湯、パワフル高圧給湯(320kPa)、温浴タイム、マイクロバブル入浴(オプション機能)、チャイルドロック、非常用水取出し、降雪対応ファン機能、ふろ自動、自動保温、自動たし湯、自動たし湯入切設定、追いだき、たし湯、高温たし湯、たし水、エコふろ保温、自動ふろ配管洗浄、ふろ配管洗浄、エコ確認、コミュニケーション(通話)、設定ナビ表示、サービスTEL表示、サブリモコン対応(別売)、試運転ナビ、電力契約設定(電力プラン設定)、電力契約設定(マニュアル設定)、電力抑制設定、ピークカット設定、ECHONET Lite Release.I 規格準拠などがあります。
なお、機能の詳細については、ダイキンのエコキュートのホームページ(https://www.daikinaircon.com/sumai/alldenka/ecocute/)などを参照してください。


●第3位:コロナのエコキュートのCHP-E37AY3


コロナのエコキュートのCHP-E37AY3は、一般地向けフルオートの高圧力パワフル給湯ハイグレードタイプで、タンク容量が370L、家族の人数が3人〜5人用です。


搭載されている機能としては、自動お湯はり、追いだき、省エネ保温・自動保温、ふろ自動一時停止、自動たし湯(有/無)、今日の湯増し休止、 使い切りモード、ダブル温調、ふろ湯量節水、貯湯ユニット内ステンレス配管、ふろ配管洗浄、汚れんコート、高圧力パワフル給湯(最高使用圧力290kPa)、入浴をお知らせ(音声モニター付)、ecoガイド、コロナアプリ(無線 LAN 対応インターホンリモコン選択時)、無線 LAN 対応インターホンリモコン、インターホンリモコン、高精細バックライト液晶、浴室優先、休止、呼び出し機能、表示消灯、リチウム電池搭載、タンク湯増し時間選択、施工時診断機能などがあります。
なお、機能の詳細については、コロナのエコキュートのホームページ(https://www.corona.co.jp/eco/)などを参照してください。
ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ
■まとめ


ここでは、ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方へ、ウェルダンの家づくりの特徴、ウェルダンの商品ラインナップ、ウェルダンのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3についてご紹介しました。


ウェルダンの家づくりの特徴としては、次のようなものがあります。


・コンセプト


・仕様・プラン


・デザイン


・保証制度


・家づくりの流れ


ウェルダンのお客様が選ぶエコキュートランキングトップ3は、次のようになります。


・第1位は三菱のエコキュートのSRT-S435UZ


・第2位はダイキンのエコキュートのEQN37VFV


・第3位はコロナのエコキュートのCHP-E37AY3


ウェルダンのエコキュート交換工事をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。


エコキュート、修理、交換設置について
わからないことがあったら
みずほ住設のフリーダイヤルまで
お気軽にご連絡ください!
☎️0120-944-356
info@mizuho-jyusetu.com
http://mizuho-jyusetu.com


PAGE
-TOP